2021年11月12日

島倉千代子から16億円搾り取った細木数子が死んだ



細木数子.png
週刊新潮 2013年11月21日号


「細木に馬車馬のように働かされたからこそ、鬱やノイローゼになる暇もなかった 千代子の寿命は10年延びたと思いますよ」と話す関係者も


島倉千代子が借金問題に悩まされている時に、これを救ったのが細木数子

4億近くの借金があった島倉の後見人になったのが、細木数子の内縁の夫

借金の取り立てに来る輩の一味が、細木数子さの内縁の夫

細木が債権者を一喝! 借金の金額も1/3 近くに棒引きさせた

それで収まれば美談だったろう

現実には その減額やもろもろの口利き料の見返りに島倉の興行権を手に入れ、芸能プロダクション「ミュージック・オフィス」を設立。

そのプロダクションで島倉さんを管理して、強制労働

 細木数子による島倉千代子の監禁 と表現する関係者も


ケガで休業中に モンゴルでサッカーに興じて引責で引退させられた、朝青龍に似た風貌

晩年 タッキーと翼 の滝沢にベタベタすり寄っていたのを思い出した

どのツラ下げて 大衆の面前でイケメンにすり寄れたのか


島倉千代子「細木数子に搾取された“16億円返済”の地獄半生」https://www.asagei.com/excerpt/17889









posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 14:57| フランクフルト 🌁| Comment(0) | アイドル・芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月09日

today’s lunch NOV9 2021

IMG_3651.jpg
posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 13:44| フランクフルト ☁| Comment(0) | 海外出張・ステイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月06日

FAZIOLI ついにショパンコンクールを制す




FAZIOLI と言っても ピアノ奏者ではない  

今大会 第18回ショパン国際コンクールの優勝者Bruce Louブルース・リウ CANADA出身 が選んだピアノがこのメーカーだった ということ

今回の快挙 FAZIONI


イタリア人男性 しかも1944年生まれの工学部出身者の作るピアノが今回コンクールで 演奏者を優勝に導いた



今回のコンクールでは主催者が用意した5台のピアノのうちから コンテスタントが選択

1次 2次 3次 ファイナル 毎回の予選で 違うピアノを選択できる

スタインウェイ479 (Steinway &Sons)  ワルシャワ・フィルハーモニーホールが所有

スタインウェイ300 (Steinway & Sons)  ショパン協会所有

ファツィオリ (FAZIOLI)F278

カワイ (KAWAI)
弾きやすいが Etude などでミスタッチしやすく コンテスタントの好き嫌いが激しい Nocturn scherzonでは このピアノを選んだ者も

ヤマハ (YAMAHA)CFX チューニングの違和感あり 響板との相性が不調で音が響きすぎて 審査員の不興を買った といわれる

11年前 2010年 第16回のショパン国際ピアノコンクールでは、ユリアンナ・アヴデーエワがヤマハで優勝し、前回(第17回)もヤマハを使ったシャルル・リシャール=アムラン(カナダ)が第二位だったが 今回は 本選進出者では ヤマハ使用者はいなかった


いままで歴代の優勝者のほとんどが STEINWAY & SONS を選択

ひさびさの日本人入賞者の反田氏も STEINWAYを弾いていた

明るい抜けのよい高音  ジョニが初めてこのピアノを弾いたのは 駿河台下 旧 錦華小学校(千代田区立お茶の水小学校)に置いてあったグランドピアノ


ジョニが乗ったバスがドイツ ミュンヘン近郊で接触事故を起こした相手が この会社のトラックだった

じっくり 今回の優勝者 Bruce Louブルース・リウ ファイナルの演奏を聴いてみて






posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 11:45| フランクフルト ☀| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月03日

ダークライ 色違い

IMG_3623.PNGIMG_3624.PNGIMG_3625.PNG
posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 19:10| フランクフルト ☁| Comment(0) | 海外出張・ステイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

文化の日に思うこと



文化の日に思うこと 


2021年10月31日に行われた直近の衆院選、日本国憲法の改憲に党是として賛成の国会議員の数が 改憲のが発議に必要な2/3を超えたことは記憶に留めていい

とりあえず彼らは
自衛隊の扱いを自衛組織ではなく軍隊と憲法に明記することを目指す

改憲に反対する人々の1番の懸念は 

ひとたび改憲に手をつけると 歯止めを失い 国の交戦権を認め 国家の非常事態の時に国民の基本的人権に制限を加えることを憲法に追加でつけ加えることだ

これは杞憂ではない

他人の自由を本気で制限したがる輩のなんとまあ多いことか

もともと この国の世論の考え方には ジョニは気に食わない

社会党を潰し 今回は共産党と政策協定を結んだ立憲民主党を酷い目に合わせた

このまま行くと

経済格差のさらなる拡大

少子高齢化が止まらず
限界集落の激増

日本への移民に反対してると経済成長が止まり
所得のゆるやかな減少と年金制度の破綻

自民党へ投票していると自らの首を絞めていることにそのうち気づくだろう


iPhoneから送信
posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 11:08| フランクフルト ☁| Comment(0) | 海外出張・ステイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする