2013年12月04日

だれか身を挺して『特別秘密保護法案』採決を阻止してくれないかなぁ





だれか身を挺して特別秘密保護法案採決を阻止してくれないかなぁ

2013年12月6日までの参議院本会議で、『参議院自身の自殺行為』が目撃できそうだ

立法府である参議院 自らの権限の縮小と知る権利の制限 につながる
特別秘密法案を可決
するつもりらしいから

安倍は これが成立すれば政権が崩落しても本望なんだろう

事実、安倍政権の支持率は49%と過半数を割っている

まるで洗脳された右翼ロボット化した自民党、公明党の参議院議員はこのままでは あっさり賛成票を投じそうだ

あの創価学会婦人部はなぜ沈黙を守っているのか

あとは実力行使で議決そのものを延期させるしかないだろう

中核と革マル派の抗争の40年前の勢いをそのまま復活させて利用できないだろうか


たとえば・・



議場の電源遮断、音源のマイクも使えなくする

水着のおネーサンで議場を溢れさせ、議場の占拠をする

H7N9 型鳥インフルエンザの患者を議場に入れ、消毒させる


とか  



バキュームカーが繁華街に汚物を撒き散らして、暴力団のみかじめ料支払いを拒否した商店を狙い撃ちした事件を思い出す

誰か 献身的犠牲を払って、法案を葬り去ってくれないだろうか

確かに実力行使による、審議の妨害は民主主義とは相反する

しかし その行為によって救われる『表現の自由、報道の自由、国民の知る権利』のメリットは計り知れないほど 大きいのだ


なんとか法案の阻止ができないものか









posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 16:29| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 憲法 人権 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月02日

「デモはテロ」特定秘密保護法案への強行採決こそテロそのもの





三井住友銀行と東電の男妾・石破茂自民党幹事長が2013年11月29日付の自身のブログで特定秘密保護法案への反対デモを以下のように批判した

>今も議員会館の外では「特定機密保護法絶対阻止!」を叫ぶ大音量が鳴り響いています。いかなる勢力なのか知る由もありませんが、左右どのような主張であっても、ただひたすら己の主張を絶叫し、多くの人々の静穏を妨げるような行為は決して世論の共感を呼ぶことはないでしょう。

主義主張を実現したければ、民主主義に従って理解者を一人でも増やし、支持の輪を広げるべきなのであって、単なる絶叫戦術はテロ行為とその本質においてあまり変わらないように思われます



政府や与党に耳触りな国会周辺のデモも『特定秘密の対象に含まれる』との意思表示

政府に都合悪い言論や行動 すべて「テロ行為」でひとくくり にして表現の自由、知る権利を一網打尽にする魂胆みえみえ

国民にしてみれば 安部自民党政権の強引な採決こそ テロの本質をみごとに体現している と言わざるを得ない

ここは あの 天皇への手紙 で名を馳せた、山本太郎参院議員の身体を張った実力での採決阻止を期待したい


自分の端株の値上がり だけ期待して自民党へ投票した、お馬鹿さんへ

あんたらの行為は福島の原発事故以上に 100年以上 国民の心身、基本的人権 を蝕んで破壊するんですよ!


わかってるんですか??


あなたや あなたの子供が 突然 日中戦争に駆り出され戦死してからでは遅いんですよ!






(以下引用)




石破茂・自民党幹事長が特定秘密保護法案に反対する市民の街頭デモをテロに例えてブログで批判したことが波紋を広げた。

石破氏は1日、発言を謝罪し一部を撤回したが、秘密の定義が拡大解釈できるとの法案の問題点に直結しそうな発言だけに、与党内でも困惑の声が上がる。野党は追及を強める構えで、会期内成立をめざす与党の戦略にも影響を与えかねない。

 ■石破氏、一部撤回

 「表現に足らざるところがあることはおわびしなければならない」。石破氏は1日の富山県南砺市での講演で、自らのブログでの発言を謝罪した。

 その後、石破氏は記者団に「いつどこで、誰が誰から、なぜどのようにして攻撃を受けるかわからないのがテロだ」と指摘。

「それ(街頭デモ)をテロと同じとみた、と受け取られる部分があれば、そこは撤回させていただく」と、デモとテロを同一視した部分を撤回した。それでも、「一般の方に大音量という有形の圧力を加えるという点で、(街頭デモは)民主主義と相いれない部分があり、(テロと)相通ずるものがある」と強弁した。

 
特定秘密保護法案の参院審議が大詰めを迎える時期だけに与党幹部は「発言には出来る限り慎重になってもらわないと困る」(公明幹部)と苦々しい反応だ。

 特に与党が懸念するのは、同法案では、秘密の指定範囲があいまいで拡大解釈の余地を残している点が強く批判され、それが石破氏の発言と結びつけられかねないことだ。

 首相官邸と与党は会期内に参院採決を強行する構え。

http://digital.asahi.com/articles/TKY201312010365.html?_requesturl=articles/TKY201312010365.html&ref=comkiji_txt_end_s_kjid_TKY201312010365





















posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 12:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 憲法 人権 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月08日

元特捜部長が上告断念 証拠改ざん、有罪確定





あの前田恒彦の馬鹿がフロッピーの改ざんをオレに告白なんかしなけりゃ いまごろ クビにならず、もっと多くの人間の人生を台無しにできたのに・・


当時の特捜部長、大坪弘道被告(60)はホンネではそう思っているのではないか


刑期満了から刑事罰を受けずに10年経過すれば法曹資格を回復するが、法曹界に戻る意思は否定しており、出所後は「何らかの仕事を見つける必要がある

彼らには 改ざん不可能な新しい記憶媒体の開発や販売の会社の従業員になってもらいたい

もっとも 彼らを雇用する企業があれば・・ の話だが



(以下引用)



大阪地検特捜部の主任検事による証拠品の改ざんを隠したとして犯人隠避罪に問われ、一、二審で有罪判決を受けた当時の特捜部長、大坪弘道被告(60)が、最高裁に上告しない方針を固めた。

近く会見で明らかにする。ともに有罪判決を受けた当時の特捜副部長、佐賀元明被告(52)も上告しなければ、現職検事が計3人逮捕された一連の事件が発覚から3年余りで終結することになる。上告期限は9日。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131007-00000032-asahi-soci








posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 17:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 憲法 人権 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする