2019年02月01日

Tポイントカードは破棄した 警察へ個人情報ダダ漏れ




ポイントカード最大手のひとつ「Tカード」を展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブが、裁判所の令状なしに会員の氏名や住所、年齢、電話番号といった個人情報のほか、商品購入履歴やレンタルビデオのタイトルなどを警察に提供していることが明らかになった。


ジョニが 毎日どこで どんな買い物をしているのか

駐車場の利用まで Tポイントが付与されているから 警察としては こんなにラクなアリバイの確認方法はないだろう



「T会員規約」には警察への情報提供は明記されておらず、プライバシー保護の観点から大問題だったが 次回の規約では 堂々の 警察への情報提供を行なう との”改悪”も行なうと表明している


よっぽど 「Tカード」を展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブは警察に弱みを握られているのか


気持ち悪いから ジョニ 手持ちのTカードはハサミで裁断した

100円で 1円の付与で個人情報を国家に渡していたら たまったものではない


個人情報を安易に扱うような企業など 見捨てられて当然だ




(以下引用)





 Tカードの会員数は約6700万人。提携先はコンビニ、レンタル店、飲食店など多業種に広がる。警察は内部手続きの「捜査関係事項照会」を使い、私生活に関する膨大な情報を裁判所など外部のチェックを経ずに入手していた。

Tカード情報から捜査対象者がほぼ毎日、同じ時間帯に特定のコンビニに来店していると判明し、捜査員が待ち伏せして身柄を拘束した事例もあったという。

 警察は「Tカードから得た情報を本人に告げてはならず、察知されるような言動も慎む」といった内部通達を出し、ひた隠しにしていた。

「T会員規約」には警察への情報提供は明記されておらず、プライバシー保護の観点から大問題だ。

2019年1月21日 15時0分 日刊ゲンダイDIGITAL








posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 11:36| フランクフルト | Comment(0) | 憲法 人権 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月21日

町田総合高校の暴行教師は 懲戒免職で




いかなる状況や事情でも 暴力は最低の行為

ジョニも小学3年生のときに 毎週 高知出身の男性教諭 仙頭澄夫に小突かれ 顔を殴打された

気が弱かったら自殺していただろう


研修医のときに 金子敏雄 という麻酔科あがりの眼科医に 首を絞められる暴行を受けた




高校1年生 池くんへの 担任教師1年1組の隅先生の暴行傷害事件

被害者が警察に被害届を出せば 間違いなく 司法当局により立件されてしまう

高校生がピアスして なにがいけないか
ハゲを隠すカツラはOKで 染めはNGなのか

いちばん校則で禁止してほしいのは 16歳未満の豊胸手術
発育途上の乳腺を著しく傷つけ 乳がん検診の妨げにもなる

生徒の承認を得ずに校則を決めておいて いきなり生徒に『ハイ 校則違反ですよ』と言われても 人権侵害でしょ?


報道では 被害者の日ごろの言動が問題視され 暴行現場の動画を撮影するまえに

「ツイッターで炎上させようぜ」との声が入っていた


教師を『挑発した』生徒が悪いのなら 

アメリカの挑発に乗って ハワイの奇襲攻撃を行った 旧日本海軍は 世界で許されたのか
しかも宣戦布告の通知がアメリカ政府に届く前のアタックで 国際法の違反まで犯した


千島列島 北方領土 上下朝鮮 台湾まで失ない 広島 長崎に原子爆弾まで投下されてしまった

挑発した⒗歳が悪くて 挑発に乗った50歳 が同情されるのも おかしな話だ



似たような学園での暴行事件は全国で いくらでもありそうだ

今回の事件で 暴行教師が起訴されることが 今後の暴行事件の抑止力になる



今回 ジョニが気になるのは まるで 教師には 良い暴力と悪い暴力の2通りがあって

生徒の指導には暴力は許されることもある という意見が散見されること

日本体操女子の宮川紗江(19)が速見佑斗コーチに暴力をふるわれていた事件では 当事者の宮川選手が コーチの暴力をうけいれていたことで 物議をかもした


暴力を肯定する土壌には ヘイトスピーチを容認したり 戦前の教育勅語を復活させることを狙う勢力を勢いづかせかねない




それにしても 16歳の挑発に易々と引っかかり 自身の子供より年少の生徒を暴行した50代の教師が 世論で同情を受ける なんておかしな話だ








 

posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 15:43| フランクフルト | Comment(0) | 憲法 人権 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月09日

百田尚樹講演中止は言論弾圧 百田と同レベルに成り下がる

2017年の一橋祭の講演に招かれる予定だった、百田尚樹

彼の、日頃の人種差別や「沖縄の二つの新聞社は絶対つぶさなあかん」など マスコミへの過激発言には 眉をしかめる有識者も多かったのだが

百田氏に学祭で自由に発言させ 人種差別や民主主義への見解を問う というのが正当だろう

彼の口を署名運動やSNSで封じ込める などは呆れるほかはない
これで百田氏と同レベルになってしまったことに猛省を促したい


(以下引用)

人種差別根絶をめざす一橋大生らでつくる「反レイシズム情報センター」(ARIC)が今年4月、抗議を表明。大学祭での差別を禁止するガイドラインづくりや講演の中止を実行委に求めた。

ARICが問題視するのは、百田氏のこれまでの言動だ。2014年2月にあった東京都知事選の応援演説では、他の候補を「人間のくず」と中傷。15年6月には自民党議員らの勉強会で、基地問題で政権に批判的な地元紙について、「沖縄の二つの新聞社は絶対つぶさなあかん」と発言した。昨年11月には、千葉大生の集団強姦(ごうかん)事件の犯人像をめぐって「在日外国人たちではないかという気がする」とツイートし、「人種差別」と批判を浴びた。
http://www.asahi.com/articles/ASK665HSCK66ULZU00F.html




一橋大の新入生歓迎会KODAIRA祭の実行委員会は3日までに10日に開催予定だった作家の百田尚樹さん(61)の講演会を中止すると発表した・・・百田さんは3日、自身のツイッターで「聞くところによると、講演を企画した学生たちは、サヨクの連中から凄まじい脅迫と圧力受け続けていたらしい。
ノイローゼになった学生や、泣き出す女子学生までいたらしい」として、左派系団体から嫌がらせがあったと主張。「おぞましさに吐き気がする」と非難した。
http://www.sankei.com/affairs/news/170604/afr1706040002-n1.html







posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 11:51| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 憲法 人権 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする