2012年03月15日

押し紙の読売、また不祥事 協定破り 破格の入団契約金









「巨人が1997〜2004年に入団した阿部慎之助捕手ら6選手に対し、球界の申し合わせを超える計36億円の契約金を支払う契約を結んでいた」と朝日新聞が1面トップで報じた


巨人は同紙が宅配される前に反論文書を発表するなど徹底抗戦の構え

堕ちた巨人ブランドではお金を積まないと選手が入団しなかったのだろう


これで読売新聞の読者700万人 は

系列会社のプロデューサーの大麻所持事件も

日テレ系大物プロデューサー原経厳(はら・けいげん)、大麻所持で逮捕


日テレの数々の不正も

日本テレビがまたまたやってくれました!!『ZIP!』看板犬の声帯が切り取られていた

またまた日テレ「だます気なかった」、録画を生中継のように演出

身障者を晒し者にした日テレ24時間、毎年やってて懲りないね

日テレは放送免許を返上しろ 懲りないヤラセ行為「ペットサロンの客、実は社員」

今回の協定破りの 巨人の入団契約金のことを知らされていない

「押し紙」とは
 


新聞社が販売店に一方的に送り付け(押し付け)、しかも卸代金を徴収する、だれも読まない無駄に刷られた新聞のこと

たとえば1,000部しか配達していないのに、1,500部を送り付け、残りの500部は業者に回収される

この500部が「押し紙」だ

公正取引委員会は「新聞業における特定の不公正な取引方法」のなかで、明確に禁じている



読売新聞http://www.mynewsjapan.com/reports/718

「押し紙撲滅」を掲げる弁護団(江上武幸弁護士ら7名)は2007年11月1日、読売新聞本社に対して「他の販売店の残紙についても、減紙の処理をして」などと記した内容証明文書を送付した。

「押し紙」を販売店に搬入しないよう迫ったのだ。それに連動してYC大牟田などは、先月まで仕入れ部数全体の約4割にもなっていた読売新聞の押し紙を排除した業務報告書を本社に提出、読売も飲まざるを得なかった。


水増しした購読部数で国や自治体に不当な政治的圧力をかけ、あるいは 不当に高い広告掲載の代金をスポンサーに要求 など まさに暴力団顔負け の仕業を読売はやっていたのだ















posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 17:41| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ねつ造の日テレ・押し紙の読売 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月17日

〈押尾学の収監〉どこまでデマを拡げるつもりか、法治国家日本を侮辱のスポニチ








みなさ〜ん、またまた、毎日新聞系列のスポニチが素敵なデマをかっ飛ばしてますよー

今回のお題は 押尾学被告の収監についての、取材ソースも怪しいまっ赤なウソ

さすらい人幻想曲注目の控訴審、押尾学がNanami と獄中結婚!?もたくさんの人が見ています

これでもかっ てくらい臆面もなく押尾の刑務所生活について デマ、誹謗、でっちあげ 3点セットのオンパレード


本当に弱き を挫き、強き にへつらう、スポニチ

どっかの県の役人がtwitterで 産経新聞の不買運動を提唱して衆目を集めたが
本当に購読をボイコットすべきは アホのスポニチだ

こんな掃き溜め瓦版がくっついているから 2回も毎日新聞が倒産したわけだ


「日本の刑務所で性犯罪が横行」らしいが、その取材ソースを明らかにしてみよ

さらに、押尾学が独房に入れられるのは明白なのに、どうやって看守の監督下でレイプされなければならないのか

こんな記事ばかり垂れ流していると、スポニチの読者は小学生しかいなくなるのではないか


(以下引用)


法曹関係者によると、刑務所内では受刑者同士の性的暴行も頻発しており、 押尾被告は保釈後に会った知人に「絶対(刑務所に)入りたくない」とおびえていたという。
http://mainichi.jp/enta/geinou/archive/news/2012/02/16/20120216spn00m200009000c.html








posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 01:21| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ねつ造の日テレ・押し紙の読売 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月11日

規制される「押し買い」、「押し紙」はなぜ放置されている?








自宅に押しかけた業者に貴金属などを強引に買い取られる「押し買い」は押しかけ強盗みたいなもの

田中貴金属で売却すれば5万円以上になるのに、脅されて1700円で金製品を業者に買い取られているようなのだ



だが 民主主義の熟成に悪影響を及ぼし、はるかに悪質な手口の「押し紙」という、日本の政治の裏街道に巣食う悪弊が存在しているのをご存じだろうか

公称1000万部の読売、実売は714万部 と 同 800万部の朝日の後塵を拝していたのだ



読売新聞の新聞販売の部数、なんと4割も水増ししていた

「押し紙撲滅」を掲げる弁護団(江上武幸弁護士ら7名)は2007年11月1日、仕入れ部数全体の約4割にもなっていた読売新聞の押し紙を排除した業務報告書を本社に提出、読売も飲まざるを得なかった


「押し紙」とは
 

新聞社が販売店に一方的に送り付け(押し付け)、しかも卸代金を徴収する、だれも読まない無駄に刷られた新聞のこと

たとえば1,000部しか配達していないのに、1,500部を送り付け、残りの500部は業者に回収される

この500部が「押し紙」だ

公正取引委員会は「新聞業における特定の不公正な取引方法」のなかで、明確に禁じている


水増しした購読部数で国や自治体に不当な政治的圧力をかけ、あるいは 不当に高い広告掲載の代金をスポンサーに要求 など まさに暴力団顔負け の仕業を読売はやっていたのだ

やること、なすこと ほんと読売は品がなくてエゲツないね




実例

読売新聞http://www.mynewsjapan.com/reports/718

「押し紙撲滅」を掲げる弁護団(江上武幸弁護士ら7名)は2007年11月1日、読売新聞本社に対して「他の販売店の残紙についても、減紙の処理をして」などと記した内容証明文書を送付した。

「押し紙」を販売店に搬入しないよう迫ったのだ。それに連動してYC大牟田などは、先月まで仕入れ部数全体の約4割にもなっていた読売新聞の押し紙を排除した業務報告書を本社に提出、読売も飲まざるを得なかった。



毎日新聞http://www.mynewsjapan.com/reports/436

部数を偽造することで、実態より高い広告収入を得ようと企む詐欺も働いている。被害者の1人、毎日新聞販売店主は今年6月、大阪簡易裁判所に調停を申し立て、内部告発に踏み切った




(以下引用)


自宅に押しかけた業者に貴金属などを強引に買い取られる被害が増えるなか、 消費者庁は特定商取引法を改正し、「訪問購入(押し買い)」を幅広く規制する方針を固めた。

改正法案を今国会に提出する。貴金属のほかにも被害が目立つ商品を指定し、 規制対象にする。

http://www.asahi.com/national/update/0211/TKY201202100750.html







posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 17:52| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ねつ造の日テレ・押し紙の読売 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする