2014年07月19日

〈ピアノの森〉ショパン・コンクール 一ノ瀬海は優勝者ナシの二位入賞ではないか




一之瀬海.jpg



ショパン・コンクールの第一次予選から本選まで 2年以上を要している、ピアノの森

筆者は 一色まこと という女性のようだ


主人公は 一ノ瀬海 男性

美形にしてピアノの天才


って あらすじはほかのサイトで確認してもらうことにして


海が弾いた という前提で以前に ピアノの森 の単行本におまけのCDが付いていたことがあった

このうちの ショパン エチュード 作品10の1 などほとんどが アシュケナージの演奏を納めたもので それはそれで 作者の意図するところが判って興味深かった

ナイーブできらびやか ときにテンポルバートなど採り入れ ウツのときのショパンなら さぞや と想わせる演奏を繰り広げるアシュケナージ

まぁ彼の演奏はスタンウェイだからこそ の音色なんだけど

ベーゼンドルファーで弾かれたらショパンも憤激、曲想もひとたまりもないだろう

これがイタリアの赤い星 マウリツィオ ポリーニ の演奏だと ちょっと「ピアノの森」の海クンの設定にはそぐわないものを感じるので



で 本題にもどって・・・


審査委員長が 各審査委員に

これからは 審査結果の際に 審査結果の公表をする と告げる


というのは

ショパン・コンクールでは ポーランド出身や ロシア人に高得点を配分する審査員もいることが以前より 音楽マスコミにより指摘されているため


で 作中の 地元ポーランド出身の青年アダムスキーを なにがなんでも優勝させたい メガネのオッサン は思わず痛いところを突かれて ギク っとするのだが・・


このストーリー展開をみていると

筆者は 一ノ瀬海をショパン・コンクールでかなり上位にもっていきたい設定をこれでつくったと考えられる


でも ストーリー展開としては ここで 海クンの優勝 というのもやや無理があるので


ここは 実際の音楽コンクールでもよくある手法の・・・


優勝者ナシ

で 第二位に一之瀬 という結末かな〜

とジョニは予想している



ピアノの森 の愛読者の予想はどんなんだろうか










posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 17:16| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌・書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月26日

ジョジョの『限定豪華本』(受注生産・2万円)がAmazonで半額以下で 定価で購入者大激怒



8d292f29-s.jpg

ネット通販大手 Amazon で『ジョジョの奇妙な冒険』関連の限定豪華本の購入者が激怒し、炎上状態になっているようだ

その怒り、ハンパない


2013年9月13日に発売された『ジョジョベラー』(JOJOVELLER)は完全受注生産で販売された豪華本で、価格は税込2万円

予約した人しか購入することができず、それがウリだったのだが・・


2013年12月現在、完全受注生産のはずの『ジョジョベラー』が Amazon で 50〜60%オフ
で販売されており、定価で購入したジョジョファンが激怒している


でも 値下げまで3ヶ月間 他人より先行して楽しめた費用と考えればいいんぢゃね

定価販売していて予想に反して売れ行きが鈍ければ 販売価格を下げるのは商売として当然のこと


まさか 中国人みたいに買占めしてヤフオクで一儲けしようとしてた?




(以下引用)



「完全受注生産という言葉を餌にして客を釣り上げようという悪意が透けて見えるようですね」
「再販なのか高すぎて余ったからなのかはわかりませんがこんなにいつでも買えるなら
「限定」の看板には偽りあり」
「予約されて2万を詐欺られた方にはご冥福をお祈りいたします。私も含め」
「完全受注生産で売り出したはずなのに未だに在庫を半値以下で売り続けるというのは
いかがな物でしょうか?」
http://rocketnews24.com/2013/12/25/399424/

「美術品としての価値を求めるのなら販売者も完全受注という嘘はつかずにロットナンバーをふって
少数販売するべき」
「 正規の値段で買った人は悔しい思いをしていると思います 言葉が思い付きません 」
「お金に余裕があるわけではなく予約終了間際に滑り込み数か月コツコツお金を貯めて購入したのに」
「たくさん刷りすぎて余っているんだね。あまりにもぼりすぎる価格で売っていたことがばれてるね」
「今後更に値下げされると思うので欲しい人はもう少し待った方がいいと思います」
「ふざけるな! 金返せ!」(引用ここまで)
http://rocketnews24.com/2013/12/25/399424/











posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 00:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌・書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月16日

日本初ぽっちゃりファッション誌『la farfa』創刊


ある程度のバストの大きさを維持するには ポッチャリ は必須だろう


それがイヤなら あまたの女性タレントみたいに美容外科の門をくぐらなければならない

お笑い芸人の渡辺直美が16日、 ファッション誌「la farfa(ラ・ファーファ)」(ぶんか社)発刊記念イベントに出席した。

同誌イメージモデルで発刊号のカバーガールとしての 登場だったが渡辺直美 は ポッチャリではなくobesity 激太りだろう


(以下引用)

ぽっちゃり体型の女性に向けたファッション誌「la farfa(ラ・ファーファ)」が3月21日にぶんか社から発刊される。大きめサイズの女性をメーンターゲットにしたファッション誌は日本では初めて。

 プロのスタイリストなどの視点から、体型を考慮した着こなしテクニックや活用しやすいコーディネートを多数掲載。たてラインの作り方や、視覚効果を考えたカラー使いなどを、アクセサリーやヘアメイクを加えトータルで提案する。通常の女性ファッション雑誌と同様のデザインや仕様を用い、コピーやキャッチの表現方法についても体型に関する直接的表現は控えるという。

 雑誌名「la farfa(ラ・ファーファ)」の由来は、イタリア語で蝶を意味する「farfalla(ファルファッラ)<意味:蝶>」の一部を抜粋したもの。蛹(さなぎ)が華やかに蝶になって羽ばたくように、読者にも綺麗に変身してほしいという願いが込めた。

 春夏と秋冬の年2回発行するムック本。3月21日に発売する創刊号は全80ページ編成。初版部数は5万部となる予定。
http://www.apalog.com/report/archive/1325









posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 18:15| 東京 ☀| Comment(0) | 雑誌・書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする