2012年05月18日

スポニチ 記事は でたらめ 記者は無免許で人身事故







弛みきった社風なんだろう
毎日新聞系列の、スポーツ・ニッポン(以下 スポニチ)

38歳の女性記者が2012年4月に現行犯逮捕されていた

これまでもスポニチは 数々の裏をとらない、見込み記事で読者を故意に誘導

スポニチ 赤っ恥!本田『ラツィオ移籍』のデマ流す

しかも誤報の訂正記事も掲載しない、読者無視のスポニチ


市川海老蔵 叩きのひどさ

強大なジャニーズのSMAPや嵐 AKB48の数々の不祥事にはほおかむり

海老蔵の『引責での歌舞伎界からの引退』やら

小林麻央との離婚危機をさんざん煽ったり

 それはかれらの第一子出産まで延々続いた

強きを援け、弱きを挫く、日本のマスコミの典型のスポニチ
アンチ巨人だけが 唯一の取り柄だったが 巨人なんてもう過去の遺物だし


スポニチの『無責任で個人的恨みと憶測』で記事を書いてきたこの女性記者には 無免許運転なんて 無責任人生の延長でしかなかっただろう

スポニチと毎日新聞が この事件を報道したら 誉めてやる 



(以下引用)



スポーツニッポン新聞社(東京都江東区)の女性記者(38)が無免許運転で人身事故を起こし、自動車運転過失傷害と道交法違反(無免許運転)の疑いで現行犯逮捕されていた


18日、警視庁東京湾岸署への取材で分かった。記者は罰金の略式命令を受け、すでに釈放されたという。
 

逮捕容疑は先月14日午後7時45分ごろ、無免許で車を運転し、江東区東雲の交差点を右折する際、横断歩道を歩いてた無職女性(73)をはねた疑い

http://news.livedoor.com/article/detail/6571393/








posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 12:41| 東京 🌁| Comment(0) | マスコミ・報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月17日

(文春)高橋みなみ AKB 母の「少年を淫行」逮捕 朝日、読売、スポーツ紙「沈黙の理由」








フジテレビ系列の産経が報道したのは評価されてよい

三島由紀夫の防衛庁での自決の際、彼の生首画像を決して週刊新潮や写真誌FOCUSに掲載しなかった、新潮社の対応が思い出される

三島由紀夫全集が新潮社から出版されており、三島のイメージ・ダウンを嫌ったためだ

そんなもんだ 報道の自由と基本的人権を守る なんてマスコミが唱えていたって・・


今回の高橋みなみ母の少年レイプ事件

朝日新聞で一切触れていないのは系列の日刊スポーツが「月刊AKB48グループ新聞」を発行しているため

押し紙の読売新聞が報道していないのは AKBを創立百三十五周年のイメージキャラクターに起用し、ウェブで「AKB特報部」を扱っているため



(以下引用)


小誌先週号で報じた高橋みなみの母(44)の逮捕。長男の友人だった十五歳少年と複数回のわいせつ行為に及び、淫行容疑で逮捕されていたのだが、ほとんどの新聞で報じられることはなかった。

(中略)

一般紙も東京版で報じたのは、日経と産経、東京のみ。AKBを創立百三十五周年のイメージキャラクターに起用し、ウェブで「AKB特報部」を展開する読売新聞や、系列の日刊スポーツが「月刊AKB48グループ新聞」を発行する朝日新聞では一切触れていない。テレビは言うに及ばず。

 民放幹部が語る。
「今回は、母親は略式起訴されたことまで確認できているので、通常なら報道するケースですが、ウチの場合は編成サイドから『待った』がかかりました」

 また、自粛ムードだけではなく、所属事務所サイドからの”ご説明”もあった。

広告出稿と引き換え

 芸能記者が明かす。

「高橋の所属事務所から、『法律上は母親が悪いことになってしまったが、少年がしつこく性的関係を求めており、彼女は被害者だ。文春の報道に乗ると危ないぞ』という主旨の説明がありました。

司法の場で罰せられているのにあきれた話ですが、多くの新聞がこれを口実に報じなかった」

事務所側の主張を鵜呑みにして、取材で確かめようとすらしていないのだ。

 スポーツ紙のベテラン記者が語る。

「今回はAKBや所属事務所の機嫌を損ねないよう自粛した新聞がほとんどでしたが、百万円単位の広告出稿と引き換えに掲載を取りやめた新聞も複数あると聞きます」

スポーツ紙を代表して、報知に問い合わせたところ、「記事の取り扱いは編集局の総合的判断によるもの」と回答。

朝日は「記事掲載の判断理由は答えない」、読売は「掲載の必要がないと判断」とし、両者とも事業面とは関係ないと答えた。







posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 01:50| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | マスコミ・報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月01日

「スポニチが悪いのか、信じたユーザーが悪いのか」本田移籍の誤報にファン激怒








誤報にネット掲示板では、「これはひどすぎる」「もうスポニチは買わない」「販売部数を伸ばしたくて飛ばし記事を書いたのか?」など、怒りの声があがっているが

「スポーツ新聞の記事は話半分で読むべき。真に受ける方が悪い」

「この程度の飛ばし記事に踊らされた自分の愚かさを恥じろ」

「スポニチはガセ専用新聞なんだから信じた奴が馬鹿」

など醒めた意見もみられる

「スポニチが悪いのか、信じたユーザーが悪いのか」を巡ってユーザーの間で白熱した議論が繰り広げられている


(以下引用)


31日、欧州リーグの移籍期限日を迎え、CSKAモスクワに所属する日本代表MF・本田圭佑のラツィオ移籍交渉は破談となった。

この結果を受け、本田移籍問題に関するスポーツニッポン(以下スポニチ)の報道は、完全な誤報となり、多くのユーザから「酷すぎる」と怒りをかっている。

発端は1月29日付けの同紙面で、「本田選手、ラツィオに決定」と一面で大きな見出しを打ち、移籍金1400万ユーロ(約14億円)、背番号は本田選手本人が希望した「10」と具体的な条件まで報じたことに始まる。

この嬉しい知らせに、サッカーファンは「ついに来たか!?」などと狂喜していた。

しかし、同日夜中にnikkansports.comが配信した記事では、ラツィオのターレ技術部長が 「CSKAとラツィオが合意したという情報も流れているようだが、私自身、そのニュースに驚いている。どこからそんなニュースが出たのか。交渉は続いているが、合意はしていない」と語り、スポニチの報道を全否定した格好に。

そして2月1日、「ラツィオへの移籍交渉はまとまらなかった」と正式な破談発表に至った。

http://news.livedoor.com/lite/article_detail/6240691/








posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 21:52| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | マスコミ・報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする