2021年08月06日

76年まえのきょう、アメリカが原爆を投下した






2011年8月6日 ジョニブログから再掲載


人道犯罪crime against humanityを許すな  この旗印のもと、世界の警察官アメリカがアフガンやイラクに進駐、リビアにまで関心を示している

だが 広島、長崎へのアメリカの原爆投下こそ 史上もっとも悪質な人道犯罪なのは明白
$美容外科医ジョニー のブログ
八月六日 絵で見る広島原爆 あなたは何を感じます?
$美容外科医ジョニー のブログ
広島原爆 河の中に浮かぶ死体を見ながら鉄橋をわたる作者ら3人兄弟http://blogs.yahoo.co.jp/urajin_m/40027629.html


(以下ジョニーブログ2010年8月7日 引用)
今年もまた原爆投下の日 広島平和記念式がめぐってきた

史上初めて原爆投下国のアメリカが参列した

これをめぐってアメリカ国内では反発の声もあるという

原爆投下により大戦の早期終結が可能となり 結果として“数十万規模での将兵の命を救った”から謝罪などとんでもない というものだ

だけど それはとんでもないアメリカ国民の思い上がりだ


どう考えても 原爆投下は歴史に残る、稀に見る“人類への犯罪”だ

広島の小学生一万七千人あまりの命を一瞬で消滅させる権利がどこにあるのか

しかもこれらの呪われた悪意はDNAレベルで刻まれ未来永劫、広島、長崎市民を苦しませるだろう


「あやまちは二度とくりかえしませんから・・・。」広島の原爆慰霊碑の碑文にはそう刻まれている

この碑文はあきらかに間違っている

「あやまち」ではなく 原爆の投下は、アメリカのソ連(ロシア)への示威 と人種差別、そして真珠湾攻撃への復讐 から「故意」におこなわれたのは自明の理だ

9.11のテロへの過剰報復で「イスラム原理主義過激派の指導者」ウサマ・ビン=ラーデン Usama bin Laden と軍事組織「アル・カイーダ」およびアフガニスタンのタリバーン政権をアメリカが攻撃したのも記憶に新しい

イラクでは丸腰の民間人も多数殺害している

ヒロシマのときとまったく同じ状況だ



“狂気の国”アメリカの行為は常に正当で、アメリカに刃向かう勢力、国は全力でせん滅させるのが国是だ


この自信過剰で学習能力をもたぬ壮大な魯鈍国家に反省を促すのは至難の業だろう


だが 報いはかならずやってくるのではないか

アメリカに恨みを持つ世界中の国家、民族のなかから そのうちニューヨークに中性子爆弾や水爆を投下するものが現れるのも夢物語ではない気がする

アメリカ本土の原子力発電所への攻撃が行われる可能性も否定できない

そうなってからでは遅いのだ

アメリカは無差別殺戮を繰り返したすべての国家、民族に謝罪し、二度と同じことを繰り返さないことを約束すべきだ


アメリカが生き延びる道はそれしかないだろう
http://ameblo.jp/johnnydep/article/263684587.html

posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 18:44| フランクフルト ☀| Comment(0) | 国際政治/世界経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月31日

国家によるハイジャック

国家によるハイジャック



25年以上にもわたって東ヨーロッパの内陸国 ベラルーシを専制支配し 昨年の大統領選の不正が強く疑われる、ルカシェンコ

彼にとって もっとも目障りな反体制派で政治運動家のロマン・プロタセビッチ氏がベラルーシ当局によって拘束、逮捕された

そのやり方にアメリカやヨーロッパ各国の非難が集まっている

2021年5月23日、ギリシアからリトアニア行きの旅客機を ベラルーシ治安当局が 機内に爆弾を搭載している疑いあり、の名目でベラルーシ国内の空港に緊急着陸を要請

機内にいたベラルーシの反体制派の記者を着陸した空港で拘束


あの格安航空会社RYANAIRライアンエアがトバッチリ

携行手荷物が1g でも重量オーバーなら厳しく、利用客に追加の支払いおよそ2000円をを求める

あの、セコくてやかましいRYANAIRも スクランブル発進した戦闘機には なすすべてなし だった

これは政治犯の移動や 人々の自由な移動を保障した、普遍的な基本的人権を侵す深刻な問題

国連事務総長は深い懸念を表明し、独立した調査を呼びかけたのは当然のこと

アメリカはベラルーシ治安当局のメンバーなどのアメリカ国内の資産凍結などを始めた

EU は加盟国上空のベラルーシの航空機の通過の拒否を発表

自国の反体制派叩きに躍起になるロシアはベラルーシを擁護しているが

ミサイルでマレーシア航空機を撃墜したのもロシアが強く疑われている

今回の事件の正当化は、ロシア自身が国際社会の基本的なルールを相変わらず無視していることを意味する

これでロシア上空を外国旅客機が安心して飛べるのか

大昔の北米のアンカレッジ経由でないと日本からヨーロッパに行けない時代が来るとは思えないが

ベラルーシ政府はじめロシアなど後ろ盾の関係国は、事実関係の究明に全面的に協力しなければならない



 
 

posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 20:05| フランクフルト | Comment(0) | 国際政治/世界経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月03日

ざまあ 三菱UFJ証券




いつも証券会社が客に対してハイリスク商品を売りつけて損失を出させているのと同じこと、 自分たちが普段やっているのと同じ手口に引っかかっただけ

国際証券 改め 三菱UFJ証券には ジョニー周辺の投資家が なんども煮え湯を飲まされた

知人の一人は 2000万円以上の負債を背負った


ザマアミロ


2021年04月02日の時事通信によると

野村ホールディングスが、子会社が取引した「アメリカの顧客」への請求額がおよそ2,200億円にのぼっていると発表

三菱UFJ証券ホールディングスは、「アメリカの顧客」との取引による損害額はおよそ300億円と発表


報道によれば GS ゴールドマン サックスは 迅速な対応で手持ちの証券を市場で売り抜けたために 軽度の損失で済んだようだ

地獄絵図が展開しつつあるときに のほほんと惰眠をむさぼっていた日本の証券、銀行はこれからどんどん傷口が広がってゆく


世界の証券・銀行が販売する投資商品にはハイリスク ハイリターンの複合商品の販売がほとんどで 

そのなかに 今回のアルケゴス・キャピタル・マネジメントの証券も含まれるものがあるので 今後 思わぬ展開から リーマン・サックス級の大恐慌につながってゆく可能性もあるようだ



以下引用https://www.jiji.com/jc/article?k=2021040200948&g=eco



 野村ホールディングス(HD)が米顧客との金融取引で2200億円にも上る巨額損失を抱えた可能性が発覚し、波紋を広げている

米投資会社アルケゴス・キャピタル・マネジメントとの取引が要因で、野村以外にも日米欧の複数の大手金融機関が巻き込まれたとされる。一体何が起きたのか。

 ―アルケゴスとは。

 米ニューヨークに拠点を置く著名投資家ビル・フアン氏の個人資産管理会社だ。資産は100億ドル(約1兆1000億円)程度だが、複数の金融機関からの借り入れで、500億ドル程度を運用していたとみられる。

 ―どんな運用方法か。

 金融機関に担保を預け入れ、高い手数料を払えば自己資金の何倍もの売買ができる「レバレッジ取引」の一種だ。相場が読み通りに動けば大きな利益が得られる半面、外れた場合の損失も大きい。野村のほか、三菱UFJ証券HDやスイスのクレディ・スイス(CS)、米国のゴールドマン・サックス(GS)やモルガン・スタンレーなどとも取引し、高リスクの運用をしていたようだ。

 ―発覚のきっかけは。

 アルケゴスが投資していた米メディア大手バイアコムCBSなどの株価が3月下旬に急落し、運用成績が悪化。GSなどはアルケゴスに担保の積み増しを求めたが、その能力がないことが判明したため、アルケゴスの保有株を差し押さえ、市場外で売却した。これが一段の株価下落につながり、売り遅れた野村などの損失が拡大したとされる。
posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 12:18| フランクフルト | Comment(0) | 国際政治/世界経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする