2021年05月31日

国家によるハイジャック

国家によるハイジャック



25年以上にもわたって東ヨーロッパの内陸国 ベラルーシを専制支配し 昨年の大統領選の不正が強く疑われる、ルカシェンコ

彼にとって もっとも目障りな反体制派で政治運動家のロマン・プロタセビッチ氏がベラルーシ当局によって拘束、逮捕された

そのやり方にアメリカやヨーロッパ各国の非難が集まっている

2021年5月23日、ギリシアからリトアニア行きの旅客機を ベラルーシ治安当局が 機内に爆弾を搭載している疑いあり、の名目でベラルーシ国内の空港に緊急着陸を要請

機内にいたベラルーシの反体制派の記者を着陸した空港で拘束


あの格安航空会社RYANAIRライアンエアがトバッチリ

携行手荷物が1g でも重量オーバーなら厳しく、利用客に追加の支払いおよそ2000円をを求める

あの、セコくてやかましいRYANAIRも スクランブル発進した戦闘機には なすすべてなし だった

これは政治犯の移動や 人々の自由な移動を保障した、普遍的な基本的人権を侵す深刻な問題

国連事務総長は深い懸念を表明し、独立した調査を呼びかけたのは当然のこと

アメリカはベラルーシ治安当局のメンバーなどのアメリカ国内の資産凍結などを始めた

EU は加盟国上空のベラルーシの航空機の通過の拒否を発表

自国の反体制派叩きに躍起になるロシアはベラルーシを擁護しているが

ミサイルでマレーシア航空機を撃墜したのもロシアが強く疑われている

今回の事件の正当化は、ロシア自身が国際社会の基本的なルールを相変わらず無視していることを意味する

これでロシア上空を外国旅客機が安心して飛べるのか

大昔の北米のアンカレッジ経由でないと日本からヨーロッパに行けない時代が来るとは思えないが

ベラルーシ政府はじめロシアなど後ろ盾の関係国は、事実関係の究明に全面的に協力しなければならない



 
 

posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 20:05| フランクフルト | Comment(0) | 国際政治/世界経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月03日

ざまあ 三菱UFJ証券




いつも証券会社が客に対してハイリスク商品を売りつけて損失を出させているのと同じこと、 自分たちが普段やっているのと同じ手口に引っかかっただけ

国際証券 改め 三菱UFJ証券には ジョニー周辺の投資家が なんども煮え湯を飲まされた

知人の一人は 2000万円以上の負債を背負った


ザマアミロ


2021年04月02日の時事通信によると

野村ホールディングスが、子会社が取引した「アメリカの顧客」への請求額がおよそ2,200億円にのぼっていると発表

三菱UFJ証券ホールディングスは、「アメリカの顧客」との取引による損害額はおよそ300億円と発表


報道によれば GS ゴールドマン サックスは 迅速な対応で手持ちの証券を市場で売り抜けたために 軽度の損失で済んだようだ

地獄絵図が展開しつつあるときに のほほんと惰眠をむさぼっていた日本の証券、銀行はこれからどんどん傷口が広がってゆく


世界の証券・銀行が販売する投資商品にはハイリスク ハイリターンの複合商品の販売がほとんどで 

そのなかに 今回のアルケゴス・キャピタル・マネジメントの証券も含まれるものがあるので 今後 思わぬ展開から リーマン・サックス級の大恐慌につながってゆく可能性もあるようだ



以下引用https://www.jiji.com/jc/article?k=2021040200948&g=eco



 野村ホールディングス(HD)が米顧客との金融取引で2200億円にも上る巨額損失を抱えた可能性が発覚し、波紋を広げている

米投資会社アルケゴス・キャピタル・マネジメントとの取引が要因で、野村以外にも日米欧の複数の大手金融機関が巻き込まれたとされる。一体何が起きたのか。

 ―アルケゴスとは。

 米ニューヨークに拠点を置く著名投資家ビル・フアン氏の個人資産管理会社だ。資産は100億ドル(約1兆1000億円)程度だが、複数の金融機関からの借り入れで、500億ドル程度を運用していたとみられる。

 ―どんな運用方法か。

 金融機関に担保を預け入れ、高い手数料を払えば自己資金の何倍もの売買ができる「レバレッジ取引」の一種だ。相場が読み通りに動けば大きな利益が得られる半面、外れた場合の損失も大きい。野村のほか、三菱UFJ証券HDやスイスのクレディ・スイス(CS)、米国のゴールドマン・サックス(GS)やモルガン・スタンレーなどとも取引し、高リスクの運用をしていたようだ。

 ―発覚のきっかけは。

 アルケゴスが投資していた米メディア大手バイアコムCBSなどの株価が3月下旬に急落し、運用成績が悪化。GSなどはアルケゴスに担保の積み増しを求めたが、その能力がないことが判明したため、アルケゴスの保有株を差し押さえ、市場外で売却した。これが一段の株価下落につながり、売り遅れた野村などの損失が拡大したとされる。
posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 12:18| フランクフルト | Comment(0) | 国際政治/世界経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月30日

トランプ再選へ




トランプ バイデン.jpg

4日後 11月3日に迫ったアメリカ大統領選挙

各種の世論調査では 民主党のバイデンが僅差で支持を伸ばしているようだ

共和党の牙城といわれる、テキサス アリゾナ、ミシガンなどの州でも僅差でバイデン候補がリードしている との報道も


だがこの種の世論調査があてにならないのは前回の大統領選挙でも経験した

4年前 民主党のクリントン候補がトランプをリード と言われながらトランプが勝利した

今回の選挙でも アメリカ全土での総投票数では バイデン候補がトランプを上回るものの 各州の 州別集計で 過半数の得票を得た候補が
選挙人を総取りする というアメリカ独特の制度により 

勝敗の行く末は 予断を許さないが 僅差でトランプが勝利する
 と予想する世論調査の専門家もいる

ジョニもそう予想している


前回 トランプ勝利を予想した、世論調査会社「トラファルガー・グループ」のロバート・ケイヒリー主任調査員ら

分析専門家によると

隠れトランプ というのが厄介らしい

Hidden Trump voters」(隠れトランプ投票者)や「Shy voter」(シャイであまり表に出てこない投票者)、「Silent Majority」(声なき大衆)などとも

彼らは他人に訊かれても決してトランプ支持を明かさない、トランプの固定票だ


今アメリカで わたしはトランプ支持だ と明言することは 自分は人種差別主義者でパラノイアだと宣言するようなもの


NYなどではトランプ支持を明言すると職を失ったり友人との深刻なトラブルに見舞われる 過激派の襲撃を招く とする訴えも多い

お悩み相談コラムhttps://www.uexpress.com/dearabbyAbbyおばさん教えてディア・アビー」を見てもそれはわかる

保護者から『自分の子をトランプ派の親戚から離すべきか』という質問や

「息子が最近トランプ派を表明するTシャツを着て学校に行ったら、学校側から『何かあっても学校は対処しきれないと連絡があった』」という話はザラにある



ジョニのアメリカの友人や 最近までアメリカ勤務だった、一時帰国の日本人によると 実はトランプは一般大衆には人気があるようだ

政敵を叩きのめす彼のパフォーマンスはわかりやすい



ジョニもトランプ支持だ


今の中国をここまで露骨に叩ける大統領はトランプしかいないから



ブッシュとオバマがイラクのフセインや イランの核疑惑など中東情勢にアメリカが かかりっきりになっているスキに


アフリカや太平洋、インド洋に橋頭堡を着実に築きあげたシーチーピン、習近平



特に 中国の ガン細胞のような、無秩序な増殖と浸潤 に世界の政治情勢は混乱と混迷を強める

既製の抗がん剤が 周囲の健康な組織までダメージを与えるように トランプの毒は NATOの結束を弱め 核拡散を煽り

セクショナリズムを世界中に播種する 地球温暖化の憎悪 中東情勢 アラブとイスラエルの均衡の偏移化など


だが 中国の侵略を本気で止められるのはトランプしかいない

あと4年間だけ アメリカ国民や世界中の自由主義者は我慢してもよいのではないか





posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 12:44| フランクフルト ☔| Comment(1) | 国際政治/世界経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする