2017年10月24日

Suu Kyi must be deprived of Nobel Peace Prize



Dictator Aung San Suu Kyi, who announced to "take a position above Myanmar president " and has won the country's highest authority.

dictator SUU KI.jpg

Ms.BANANA the Dictator


Aung San Suu Kyi she is a banana ( appearance is Asian but inside is Caucasian )
It is well known fact that she hates every Japanese thing.

Supreme leader always needs support from Buddhists who are majority race of the country, That's why she makes nothing of invasion of human rights of Muslim Rohingya living in Myanmar.

Malara Yusufuzai (20), a Pakistani Nobel Peace Prize winner recently accused Aung San Suu Kyi that she has turned a blind eye to Holocaust of minority Muslim Rohingya.

ロヒンギャ子供惨殺.jpg-small

Myammer troop hanged small children of Muslim Rohingya


The voice of deprivation of the Nobel prize to this old woman who countenances murder and rape is increasing day after day.

ロヒンギャ惨殺.jpg

Corpse of Muslim Rohingya killed systemically by Myanmer army



(cited below)



Aung San Suu Kyi: "All people living in the Rakhine State have access to education and health care services without discrimination."
This is patently untrue. Rohingyas have been subjected to discriminatory restrictions for many years barring them from moving, even getting married, without official permission, which often involves paying bribes.

Since the 2012 communal violence, Rohingyas have had even tighter restrictions imposed on them.
Many in the displacement camps within Myanmar are confined to those areas unless they have special permission to leave, which is hard to get.

I know students inside the camps whose education has been halted for the past five years.
Four years ago, I visited the Rohingya village of Ah Nauk Pyin, south of Rathedaung, where the inhabitants were unable to leave even for medical treatment because of the hostility of the surrounding Rakhine Buddhist communities.
On Monday, in Bangladesh, I met Abdulmajid, from Gaw Du Thar Ya - the village I saw being burnt.
He told me for "the last five years, we couldn't go outside our village for work".

http://www.bbc.com/news/world-asia-41312931
posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 16:05| 東京 ☁| Comment(3) | 国際政治/世界経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月18日

スー・チーからノーベル平和賞を剥奪しろ




『ミャンマーの大統領より上の地位に就く』 と公言、同国の最高権力者の地位にまで上り詰めた、嫌日、バナナ(外見はアジア人だが中身は白人のつもり)のdictator アウン・サン・スーチー အောင်ဆန်းစုကြည် : Aung San Suu Kyi

同国の最高指導者のスー・チーは 同国の大多数を占める仏教徒の反発を恐れてミャンマーの少数民族 イスラム教徒のロヒンギャ族の民族浄化とホロコーストには 見て見ぬふり

ノーベル平和賞を受賞したパキスタン出身のマララ・ユスフザイ(20)はこのほど、ミャンマーで報告されている少数派イスラム教徒ロヒンギャの人権侵害をめぐり、同国のアウンサンスーチー国家顧問が沈黙を続けていると非難する声明を出している

世界中で 『ミャンマー国軍と警察の民族浄化』について強く否定しながら、殺人とレイプを黙認しているこの婆への ノーベル賞剥奪の声が日増しに多くなっている



(以下引用)

2017年9月20日
[国際事務局発表ニュース]
国・地域:ミャンマー(ビルマ)トピック:先住民族/少数民族
8月25日にロヒンギャの武装集団が警察施設などを襲撃して以来、治安部隊による報復で、37万以上のロヒンギャの人たちが、自宅を追われ、隣国のバングラデシュに逃れた。

アムネスティが入手した証言や情報などから、ラカイン州での治安部隊の作戦は、周到に準備されたロヒンギャの民族浄化作戦であることが明らかになってきた。

アムネスティは、衛星画像、現場の写真と映像、火災探知データなどを入手し、またビルマとバングラデシュの国境付近で目撃者数10人に聞き取りをした。

それらの情報を分析した結果、治安部隊がほぼ3週間にわたり、ラカイン州北部一帯のロヒンギャの村々を狙った大規模な焦土作戦を展開していたことがわかった。治安部隊と自警団のような集団がロヒンギャの村々に火を放ち、逃げまどう人びとを手当たりしだいに撃ち殺していった。間違いなく民族浄化である。

http://www.amnesty.or.jp/news/2017/0920_7064.html



Aung San Suu Kyi: "All people living in the Rakhine State have access to education and health care services without discrimination."
This is patently untrue. Rohingyas have been subjected to discriminatory restrictions for many years barring them from moving, even getting married, without official permission, which often involves paying bribes.

Since the 2012 communal violence, Rohingyas have had even tighter restrictions imposed on them.
Many in the displacement camps within Myanmar are confined to those areas unless they have special permission to leave, which is hard to get.

I know students inside the camps whose education has been halted for the past five years.
Four years ago, I visited the Rohingya village of Ah Nauk Pyin, south of Rathedaung, where the inhabitants were unable to leave even for medical treatment because of the hostility of the surrounding Rakhine Buddhist communities.
On Monday, in Bangladesh, I met Abdulmajid, from Gaw Du Thar Ya - the village I saw being burnt.
He told me for "the last five years, we couldn't go outside our village for work".

http://www.bbc.com/news/world-asia-41312931



posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 14:33| 東京 ☀| Comment(0) | 国際政治/世界経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月08日

シリア政府軍のサリン使用で Uボートのルシタニア号撃沈を思い出した

【閲覧注意:Warning】シリア政府軍がサリン使用か 米トランプ政権はシリア非難「独裁者が罪の無い国民に化学攻撃」(2017.4.4)

シリア政府は否定しているが サリン(セリンと発音されている)や塩素系の化学兵器の使用は間違いない模様
シリア国内で医療機関を支援しているNGOによると、これまでに子どもを含む67人が死亡し、およそ200人が病院で手当てを受けているようだ

このNGOはNHKの取材に対し、被害を受けた人々は瞳孔が収縮するなどの症状を見せており、猛毒のサリンなどの神経ガスが使われた可能性が高いと伝える

これに怒ったのが hot tempered のトランプ大統領

トランプは6日、シリアに対し、米軍に攻撃を命じたと発表
米軍によると米東部時間6日午後8時40分(現地時間7日午前4時40分)、地中海の米海軍艦船からシリアの空軍基地に59発の巡航ミサイル「トマホーク」を発射
アサド政権に対し米が実施した初の攻撃となりアサド政権を支援するロシアとの対立は必至

ということで
今回のシリア政府軍の化学兵器使用が アメリカのシリア ロシアとの全面戦争に突入する直接のきっかけとなっりそうだ

これは まさしくアメリカの第一次世界大戦への参戦の動機の一つとなった、ドイツのUボートの客船LUSITANIAルシタニア号撃沈と同じこと
IMG_7267.PNG
ドイツのUボート(ドイツでは ウーボートと発音)が1906年6月7日に客船LUSITANIAルシタニア号をアイルランド沖で雷撃 犠牲者1198名中 128名のアメリカ人乗客が含まれていた

歴史は繰り返す というが まさに今回のシリア政府軍の化学兵器使用が とんだヤブヘビになりそうだ

posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 13:01| 東京 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 国際政治/世界経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする