2018年02月09日

Uffizi Gallery collections 2




image1.jpegimage2.jpeg

Ritratto di Barbara Pallavicino
バーバラ・パラビチーノの肖像
アレキサンダー・アラルディは、1460年パルマ生まれの画家で、パルマの大聖堂にフレスコ画を描いている
代表作に、このバーバラ・パラビチーノの肖像とサンティ・セバスティアーノと笏杖など


image3.jpegimage4.jpegimage5.jpeg

ウフィツィ美術館から見たヴェッキオ宮殿

image6.jpeg

ウフィッツイ美術館の回廊を上がると 突如広がる、広いテラス 喫茶室も設けられている


image7.jpegimage8.jpeg

Raffaello Sanzio: Madonna del cardellino
ひわの聖母 ラファエロ サンチオ

ダビデは、イエスに、ひわを渡す
ひわはキリストの受難の象徴とされる
ナザレ人イエスが十字架を背負ってゴルゴタの丘へと行く途中「ひわ」が救世主の頭上に舞い降り、額からイバラのトゲを抜こうとした
その時イエスの血を一滴浴び、その時から赤い斑点を身にまとうようになった と伝える

幼い予言者ダビデは小鳥の ひわを幼いイエスに手渡す
無心にぷにぷにした手を延ばすイエス 右手に祈祷書を持ち、マリアは二人の子の母のように、おだやかな慈愛に満ちたまなざしで見ている
イエスの小さな左足は、母マリアの足先の上にあり彼が霊的に聖母マリアの上に位置することを示す
未来を知らない3人の平和な時 ひわ だけが救世主の将来を暗示する



image9.jpegimage10.jpeg

Flora by Titian

Flora は花と豊穣の女神
ティツィアーノが描く女性は、生き生きとしてやわらかく官能的でとっても魅力的
高級娼婦を描いたようだ

image11.jpegimage12.jpeg

ティツィアーノ・ヴェチェッリオ作 Venere di Urbino「ウルビーノのヴィーナス」1538


1534年ウルビーノ公のグイドバルド・デラ・ロヴェーレの結婚記念として制作を依頼され
絵の寓意としては夫婦愛ですが、ルネサンスのこの時代に王侯・貴族が求める主題は、やはり人間の肉体美、それも女性の肉体美
ティツィアーノは、なんとも魅力あふれるヴィーナスに仕上げた

image13.jpegimage14.jpeg

Bacchus by Caravaggioバッカス  カラヴァッジョ

光と影の魔術師とうたわれたカラヴァッジョの美しい作品。酒の神であるバッカスは成人した男性で描かれるケースが多いのですが、この作品では「若き少年の頃」とされている

image15.jpegimage16.jpegimage17.jpegimage18.jpeg


image19.jpegimage20.jpeg


Tondo Doni聖家族Michelangelo Buonarotti ミケランジェロ

ミケランジェロのパネル画(板絵)の中では、唯一完成された貴重な作品

フィレンツェではお祝い事、結婚や赤ちゃんが生まれた時に絵を描いたお盆を贈る風習があり1504年はドーニ家の夫妻が結婚した年、1507年は彼らの長女が生まれて洗礼を受けた年で この作品の作成された都市はそのどちらか ということになる

この絵の中央にグレーのラインがあって、これで世界が二つに分けられている
画面の手前側にいるのが聖家族 聖母マリアと幼子イエスとお父さんのヨセフ

グレーのラインの向こう側には裸の人たち、異教徒、つまり洗礼を受けてないキリスト教徒ではない人達。
がずらっと並んでいる

彼らと聖家族の間、真ん中の右手のあたりに小さな男の子が洗礼者ヨハネ(バプテスマのヨハネ)彼は後にイエス に洗礼を施すという大事な役割を持つ そのあたりの事情は聖書に詳しい

異教徒は、これから洗礼を受けてこちら側の聖家族のキリスト教の世界にくることを意味している


余談だが このヨハネ ヘロデ王の結婚に反対したために のちに 妻のリクエストで首を撥ねられる
「あなたが兄弟の妻を自分のものとしていることは不法です」と言い張ったことで
ヘロデヤはヨハネを恨み
酒宴で ヘロデ王が 妻になんでも欲しいものを褒美にとらせよう といったところ このヘロデヤ(サロメ)が ヨハネの首が欲しい と抜かした

image17.jpeg

Herodiasnreceiving the head of John the BAPTIST by BERNADINO LUINI


腰を抜かした王だが 言ったことをいまさらひっこめるわけにはいかず とうとうヨハネを斬首するはめになった

これは画家にとって格好のテーマで 事件にちなんだ たくさんの作品が残されている









posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 17:52| 東京 ☀| Comment(0) | 美術・絵画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Uffizi Gallery collections 1


ウフィッツイ美術館 2017年12月3日


image1.jpegimage2.jpeg
image3.jpeg

6千年前 アダムとエヴァが知恵の実を食べたことから エデンの園を神によって追放された 
リンゴの実を食べるようそそのかしたヘビは 天罰で足を奪われた という


image4.jpeg
ドイツの宗教改革者 Martin Luther  初めパウロの「神の義」の解釈をめぐって内面的葛藤に陥ったが,突然啓示を受け,これを神の贈り物としての「信仰による義」であると確信した
ローマ教会の贖宥状 (→免罪符 ) 発行を攻撃し,1517年 10月 31日九十五ヵ条の提題を発表,キリスト教の内面性を強調し,これがプロテスタント宗教改革のさきがけとなった。ウォルムス国会により放逐されたがワルトブルク城に潜伏 (1521〜22) ,その間ギリシア語新約聖書をドイツ語に訳した

ウィッテンベルク騒動 (1521〜22) ,ドイツ農民戦争 (1524) ではしだいに急進派から離れ,またエラスムスとも論争した (1525)
以後没年まで教会の組織化に努力した。彼は聖書を神学の基礎におき,万人祭司主義,「信仰のみ」の立場に立った ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説
ルター
Luther, Martin
ルター夫妻:クラナッハの肖像画 

image5.jpegimage6.jpegimage7.jpeg


フィリッポ・リッピ Fra Filippo Lippi

Madonna col Bambino e angeli 1465年頃 95×62cm | テンペラ・板 | ウフィツィ美術館(フィレンツェ). 初期ルネサンスを代表するフィレンツェ派の巨匠フィリッポ・リッピが晩年に手がけた聖母子像の最高傑作であり、最も良く知られる作品のひとつ『聖母子と天使』。本作は、伝統的な構図に配された聖母マリアと幼子イエスの姿≪聖母子≫に2人の天使を配し描かれた作品で、立体を感じる情緒豊かな背景描写やトロンプ=ルイユ(だまし絵)的にも捉えることのできる枠を用いるなど、各部にわたり繊細

数々のスキャンダルを起こしたLIPPI

その中で最も有名なものは1452年から長期滞在したプラートで50歳の頃に起こした修道女ルクレツィア・ブーティとの駆け落ち(自宅に連れ帰ったとされる)で、一大スキャンダルへと発展し修道院へ出入り禁止になる

コジモ・デ・メディチの計らいによって法王より還俗と結婚が許され、同じくフィレンツェ派を代表する画家で類稀な画才を持ったフィリッピーノ・リッピなど、2人の息子を授かった

image8.jpegimage9.jpegimage10.jpegimage11.jpeg

海から生まれたヴィーナスが貝の上に乗り、風に運ばれてギリシャの理想郷ヘスペリデスの果樹園に辿り着く場面が描かれている

向かって左側で抱き合っている二人の人物は、西風の神ゼフュロスとその妻である花の神フローラ

ゼフュロスは強い風を、フローラは温かい溜息を吹きかけてヴィーナスを岸辺へと運んでいる。向かって右側の岸辺でヴィーナスを迎えるのは季節の神ホーラー。ホーラーが身に纏っている服にはヤグルマギクの、ヴィーナスに差し出しているマントにはヒナギクの刺繍が施されている


ボッティチェリの描くヴィーナスは、ロレンツォの弟ジュリアーノ・デ・メディチが夢中になっていた愛人シモネッタ・カッタネオ・ヴェスプッチを描いたといわれている


image12.jpegimage13.jpegimage14.jpegimage15.jpeg
image16.jpeg

ボッティチェリ 「春 (プリマベーラ) La Primavera. 1477-78 , 315 x 205 cm

天使の弓矢は、この三人の女性を狙っているかのように描かれている
その左には、剣と兜を身に着けて真紅の布を身体に巻きつけた青年が、霞のような灰色の雲に向かって木の枝を突き出している

画面中央には、ほかの人物たちから孤立しているような印象を与える女性
赤色のガウンと青色のドレスを身にまとったこの女性は、鑑賞者の視線をまっすぐに見つめ返している
女性の背後の木々はアーチ状に表現され、鑑賞者の視線を中央に集める役割を果たしている
周囲の風景は極めて精緻に表現されており、500種類以上の植物と190種類ほどの様々な花が描かれている

image17.jpegimage18.jpeg
image19.jpegimage20.jpegimage21.jpeg
posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 17:03| 東京 ☀| Comment(0) | 美術・絵画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017.12月3日は ウフィッツイ美術館 無料






image1.jpegimage2.jpegimage3.jpegimage4.jpeg

HOTEL NAZZIONIでの朝食


image5.jpegimage6.jpeg

16世紀のバッソ要塞を外から観光
フィレンツェSMN駅から北にむかって徒歩7分ほどの場所にあるバッソ要塞
「サン・ジョヴァンニ・バッティスタ要塞」五角形の大建造物は、フィレンツェ公アレッサンドロ・デ・メディチの要請を受けた建築家アントーニオ・ディ・サンガッロ・イル・ジョヴァネが1534年、中世のファエンツァの門の周りに建てられたのが始まり

今は各種イベントの開催会場として使用される 当日は閉まっていて中に入れず


image7.jpeg

フィレンツェ大聖堂への道中 
フィレンツェを支配したメディチ家のお墓があるこの礼拝堂

メヂチ家 お墓.jpg
YAHOO検索から引用

礼拝堂の2階の新聖具室はミケランジェロが、1520年から14年間かけて建築と彫刻装飾も手がけた傑作が見学
できるようだ ジョニはパス笑


image8.jpegimage9.jpegimage10.jpeg

SMN駅から大聖堂へのメインストリートを10分歩けばクーポラが見えだす

image11.jpeg

メルカート・ヌオーヴォ(新市場)のロッジャ(開廊)のフィレンツェのシンボルともいわれる「イノシシの像」
賑やかな市場にあるこの像は、1640年頃に彫刻家ピエトロ・タッカによって造られた
写実的でとてもリアルなイノシシ像だが「子豚(ポルチェッリーノ)」の名前で現在も人々から親しまれる

「鼻を撫でると幸運がもたらされる」という言い伝えを信じフィレンツェを訪れる多くの人が、幸運の子豚のご利益を得ようと鼻を撫でていくため、イノシシの像の鼻は金色に光り輝く笑

ピエトロ・タッカ作の本物は2004年にバルディーニ美術館に移されていて、現在市場にある像はレプリカらしい


image12.jpeg

美術館への道すがら ほとんど毎年来ているので見慣れた景色だ 大聖堂のクーポラが見えだすと ベッキオ橋までもう少し


image13.jpegimage14.jpegimage15.jpegimage16.jpegimage17.jpegimage18.jpegimage19.jpeg

世界中の俗物 老いも若きもベッキオを目指す笑 冬の 天をも貫きとおす青空が爽やかだ
 
image20.jpegimage21.jpeg

回廊は 工事中で入場ツアーは開催されず 来年ジョニは挑戦する

前々から 本日が無料入館日と判っていたので うんと並ぶのでは・・・と心配だったが たらたら不ぞろいの行列だが・・・
10分もたたないうちに 入館

image22.jpeg

入館料 Price EURO 0.00 とプリントされた入場券
この日ばかりは ネットで入り乱れるダフ屋も 商売あがったり だ

2017.12.3 FLRA寒い
1234 335室を出る
1258 12/3 ホウオウ 赤レイドバトル参加者ゼロでFort Bassoを離れる
1317 12/3 サンロレンツォ聖堂
1321 12/3 Capello Medicee
1336 12/3 republica piazza でメリーゴーランドを観る
1349 12/3 Santo Stefano al Ponte モネの展覧会
1402 12/3 Ufizzi 無料入館 並び始め
1415 12/3 無料チケを渡され館内へ
1823 12/3 Ufizzi の展示棟を出る 4時間至福の時
1908 12/3 FLR s.m.n 駅前
1921 12/3 Dells Nationi 335室に戻る WiFi1日で2G使ってた
2430 12/3 就寝
posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 16:36| 東京 ☀| Comment(0) | 美術・絵画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする