2020年01月29日

アシュケナージが引退




はじめてジョニがアシュケナージの音を聴いたのは 大学1年のとき


アシュケナージ.jpg

 アンドレ・プレビン指揮 ロンドン交響楽団との ラフマニノフ ピアノ協奏曲2番


なんか きらきらしてるのに、 聴きやすいピアノだな と感じた

奥さんのほうが身長があって なんか微笑ましい


1955年の第5回ショパン国際ピアノコンクール第2位


このときの優勝はポーランドの新星アダム・ハラシェヴィチ

アシュケナージが優勝できなかったことに腹を立てた審査員のミケランジェリが退場したことは あまりにも有名

天才ミケランジェリの偏屈さとともに ミケランジェリ自身のもっとも有名なエピソードにもなってしまった


ジョニ自身の好みで言えば M.ポリーニとアシュケナージは 双璧をなすピアニスト


テンポや演奏法はそれぞれ対極を成し、興味深い

ショパンのピアノ練習曲全集では ポリーニのピアノは ッシュケナージよりも 全曲 半音 高い調律になっている


どーでもいいことだが ジョニ ポリーニの公演は東京で聴いた


アンコールで弾いた 黒鍵のエチュードのあまりの速さに度肝を抜かれた




あれから アシュケナージはしだいに ピアノを離れ オーケストラの指揮に向かってゆく






アシュケナージも82歳     年老いたなぁ


でも ホロビッツの 生涯2回目の来日公演は まさに82歳のときだったことを考えれば


アシュケナージの少し早い引退が惜しまれる






posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 12:36| フランクフルト ☀| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月17日

半年ぶりにピアノを弾いてみた




高校生のころは 国立大学医学部医学科か 東京芸大ピアノ科か 進学先に悩んだ時もあった
だが 

半分 自慢気に 高校の音楽教師のエロじいに相談したら 一喝された

「音楽で身を立てていくなんて 至難の業
医師になって 趣味でピアノを弾いているのが おまえらしいさ」

まぁ そんなとおりの人生を歩んでしまったジョニ

確かに ピアノ科に進学した友人は 全員 生活にあえいでいる

自宅にポツンとおかれた ヤマハC−3 グランドピアノのなかでは 小型だが 音の出はよいとされている
20年以上前に 母が買ってくれた

ヤマハ本社の倉庫に3台並べてもらい ジョニが弾いてそのうちの1台を選んだ
なんか 底抜けに明るい、澄みきった高音を奏でたから

今でもそんなに音が崩れていないのは気のせいか

梶さんに電話して4年ぶりの調律しなくちゃ
ピアノが泣いてる



寒いリビングに明かりをつけて・・・

まずパッヘルベルのカノン ジョージウィンストンの採譜で
https://youtu.be/Sm9pn39ikMY
この楽譜はかなり出回っていて ジョニも この通りに弾いてる

後半のどーでもいいところで 指がもつれる


すこし指がほぐれたので

クレメンティのソナチネOp.36 No.6
https://youtu.be/SrcFwrw3co4
母が大好きな曲


ご近所受けに
乙女の祈り エリーゼのために

とチャラチャラ 弾いて


ベートーベン 熱情ソナタ 第三楽章
https://youtu.be/1yCiFZvjfuU
ずいぶん若いころのマウリツィオ・ポリーニの演奏で

ショパンの Op.64 幻想即興曲
https://youtu.be/jD4gCH9Azms




シメは 
ショパン エチュード Op.25の12 大海

https://youtu.be/5M2PO4f5Y7k 同じくポリーニの演奏で
最初 これを聴いたときは度肝を抜かれた

ポリーニ 速すぎる・・・

でも 学生のころ なんとか 大海のエチュードを発表会で披露できるほど上達できた
いま 弾いてみると 指が回りきらずに 辛い

でもなんかスッキリした
毎週1回は弾いてみるかな っと

posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 17:32| 東京 ☔| Comment(1) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月17日

遠山一行さん死去



ショパンの研究など日本の音楽評論の第一人者で文化功労者の遠山一行さんが、今月 10日、脳梗塞のため東京都内の自宅で亡くなった
92歳だった

ジョニーは渋谷駅前からタクシーで遠山氏のご自宅に伺ったことがある

年の瀬の渋滞を縫うようにノロノロ走る都バスに揺られること20分余り

奥様の慶子さんが自宅でミニコンサートを開く とのことで 招かれたのは三歳児を含む、総勢10人ほどの親しい客のみのファミリーパーティー

彼女の出迎えと、柔らかいピアノ演奏を覚えている

さほど広くない20平米ほどの洋間
まんなかに 30cm ほど窪んだ、低いステージ

ここにスタンウェイのグランドピアノ

蓋はすでに最大に開けられていた

曲目は忘れた

というか ショパンやベートーベンやらのポピュラーなものはなかった

慶子さんの自由闊達なおしゃべりが曲目の合間に

よせばいいのに 彼女の「あなたも弾いてごらんなさいな 」に調子づいて
ジョニー、ポップスを1曲、ショパンの幻想即興曲を披露 したのを覚えている

慶子さん 目をパッチリ開いてにこやかに
「タッチはいいわね」

とわたしのピアノへひとこと

指の鍛錬のために 鍵盤の重さを通常の倍にしてあったので とても弾き辛かったのを覚えている

彼女の夫とは ついぞお目にかかることはなかった

いまはもう 彼の冥福を祈るばかりだ









posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 21:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする