2021年11月06日

FAZIOLI ついにショパンコンクールを制す




FAZIOLI と言っても ピアノ奏者ではない  

今大会 第18回ショパン国際コンクールの優勝者Bruce Louブルース・リウ CANADA出身 が選んだピアノがこのメーカーだった ということ

今回の快挙 FAZIONI


イタリア人男性 しかも1944年生まれの工学部出身者の作るピアノが今回コンクールで 演奏者を優勝に導いた



今回のコンクールでは主催者が用意した5台のピアノのうちから コンテスタントが選択

1次 2次 3次 ファイナル 毎回の予選で 違うピアノを選択できる

スタインウェイ479 (Steinway &Sons)  ワルシャワ・フィルハーモニーホールが所有

スタインウェイ300 (Steinway & Sons)  ショパン協会所有

ファツィオリ (FAZIOLI)F278

カワイ (KAWAI)
弾きやすいが Etude などでミスタッチしやすく コンテスタントの好き嫌いが激しい Nocturn scherzonでは このピアノを選んだ者も

ヤマハ (YAMAHA)CFX チューニングの違和感あり 響板との相性が不調で音が響きすぎて 審査員の不興を買った といわれる

11年前 2010年 第16回のショパン国際ピアノコンクールでは、ユリアンナ・アヴデーエワがヤマハで優勝し、前回(第17回)もヤマハを使ったシャルル・リシャール=アムラン(カナダ)が第二位だったが 今回は 本選進出者では ヤマハ使用者はいなかった


いままで歴代の優勝者のほとんどが STEINWAY & SONS を選択

ひさびさの日本人入賞者の反田氏も STEINWAYを弾いていた

明るい抜けのよい高音  ジョニが初めてこのピアノを弾いたのは 駿河台下 旧 錦華小学校(千代田区立お茶の水小学校)に置いてあったグランドピアノ


ジョニが乗ったバスがドイツ ミュンヘン近郊で接触事故を起こした相手が この会社のトラックだった

じっくり 今回の優勝者 Bruce Louブルース・リウ ファイナルの演奏を聴いてみて






posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 11:45| フランクフルト ☀| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月31日

ユンディ・リー 買春容疑で身柄拘束

ユンディ・リー 買春容疑で身柄拘束




 

 北京の公安当局は2021年10月21日、李雲迪(ユンディ・リ)容疑者(39)を買春の疑いで拘束したと発表

李氏は2000年、ショパン国際ピアノコンクールで中国人として初優勝

18歳での優勝は、史上最年少
 
中国版の紅白歌合戦である「春節聯歓晩会(春晩)」に5回出演したほか、日本でも公演するなど世界で活躍していた

調べに対し、容疑を認めているという

ショパンはバイだったようだが ユンディ・リーのお相手は女性だろうか

もうすぐショパン国際ピアノコンクール優勝から20年 

ろくにピアノにさわらずに雑な演奏に終始
など

ピアニストというよりは タレント活動に力を入れていたことへの批判は以前からあった

日本で例えると トークバラエティの常連となったバイオリニストの高嶋ちさ子みたいなもんか
 
 
 シーチーピン習近平指導部は脱税など特権階級の腐敗した芸能界への引き締めを強めており、

中国メディアは李氏の拘束を速報。中国紙・法制日報はSNSで「芸能界は法外の地ではない。誰であろうと違法行為は処罰される」と強調した。


iPhoneから送信
posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 01:49| フランクフルト ☀| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月21日

クリスマスは くるみ割り人形




患者の来ない 束の間の休息

診察室の机上のパソコンに JBL のスピーカーをつないで 小さなボリュームでこの曲を流す



チャイコフスキー作曲のくるみ割り人形 

この時期 ジョニはベートーベンの第九 合唱つき よりも 思い出が多い

第13曲 花のワルツ (Valse des fleurs)


を聴くと 中学の時代に一足飛びで戻る


だれもいなくなった放課後の中学の校庭 下校の合図に流れてくるのが この曲だった

淡いオレンジ色に満ちた 夕焼けの中の夢の世界

寂寞とした孤独感をかみしめながら花のワルツを耳にしていた



いまの荒んでしまった心に響くのは あのころの 将来への漠然とした不安、劣等感 甘さ 少しほろ苦かった思い


それらが この曲にふれると一気にあふれてくる


少年の日の夢は違った方向からある程度 達成されたかな とも思う

あのころは税務署もセックスもなかった笑

まだピュアで 世の中にある価値観の多様性など気づく由(よし) もなかった


年末を迎えて 大きい手術を希望する患者が来院 いそいで現実の世界にもどらなくちゃ








posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 12:05| フランクフルト 🌁| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする