2019年09月14日

大腿三角


たてつづけに手術のあと 腹痛あってトイレに直行

なにやら 左の大腿部の付け根が ひくひく拍動しているのに気づく


あっ これって大腿動脈だ

大腿三角.png

大学生2年のマクロ解剖学の試験の過去問にたびたび出てきたので いまでも 覚えている 大腿三角

いわゆる、鼠径部で 鼠経靭帯 縫工筋 長内転筋に囲まれた三角形の内部に大腿動静脈と神経が通る




形成外科の研修医のとき 入院患者 20歳女性の動脈血採血をしなければならないときに

中指と人差し指で 患者の大腿動脈の拍動を確認してから その中間に シリンジの針を垂直に刺入する


すると 彼女の動脈圧で 勝手にシリンジのなかに血液が充満してゆくはず なのだが


なかなか針が動脈を貫通しない



身長157くらい 地黒だが可愛い女性患者と 採血の介助の看護師 

当然 患者は下半身 下着だけで 看護師に下半身を軽く触れられている

患者の下着 ピンクのパンツにリボンがついていて

ふたりの目線がジョニの手元に集中しているのを感じると


なにやらヘンに緊張して普段どおりの手技にならない




最後は病棟婦長まで出てきて アドバイスされたが 不発

なんか 自分のプライドが傷ついた、動脈血採血の失敗



最後は 麻酔科の当直医をポケベルで呼んで 採血してもらう

ものの5分で あっさり終了


餅は餅屋だ としみじみ悟った瞬間だ



posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 18:54| フランクフルト | Comment(1) | 医学・生理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月06日

眼科医へ 中央コンタクトとかかわるのは やめとけ




藤本亮吉がひとりで大きくしたコンタクトレンズの販売会社、中央コンタクトレンズ(中コン)

このチラシにある、プラスメディック は中コンが 眼科で診療する医師を手配するための子会社

医師の、この中コン への悪評は数知れず


わたしの知人ものべ3人泣かされた

中央コンタクトレンズの隣接の眼科にアルバイトに行く前日に 「院長が出ることになりました」と平然とドタキャン


眼科都合のドタキャンなのに 医師への日当の支払いはなし

通常、エースコンタクトやアイシティーなどの系列コンタクト店の眼科なら 当然 同様のケースで 日当の保証は最低5万円渡されている

アルバイトのために ほかの仕事をいれずに予定を空けていた医師への 所得補償だ


中コンのキャンセル被害に遭った友人から 画像が届いた


コンタクト診療の眼科の開設管理医師を募集するダイレクトメールだ

IMG_20190706_120837.jpg

なんとまあ 時代錯誤も甚だしい 怪しさテンコモリ

このような、目先の利益、最優先の中央コンタクトレンズが 実質の開設者となる眼科の院長を募集しているが

IMG_20190706_120804.jpg

まず この年収が怪しい 年収3600万円 まるで 美容外科の分院長クラス

ま、うちらは 年収4000−5000万円もザラだけどね


そこらへんの眼科医がそんなに貰えるわけがない せいぜい2000万円がいいところ


さらに


中コンでは 新しい眼科開設で 問題が出て 眼科を出さずに撤退を決めた場合

前職を退職、あるいは 院長に就任するにあたっての引っ越しの旅費 など 院長内定者の骨折りに対して

中コンではいっさい金品での補償はされず 踏み倒し

再就職の紹介もなし されたくもないだろうけど


中央コンタクトでの就職をちょっとでも考えている医師は 関わり合いはやめたほうがいい




posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 12:05| フランクフルト | Comment(0) | 医学・生理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月25日

あおぞらクリニックの宮地医師は横恋慕でコンサータ大増量




横浜は西口に開業の精神科医 宮地友哉

浜松医大を2001年卒の秀才らしい


いつも待合室は患者でぎゅうぎゅう 予約もなかなか入らない

が 患者を呼ぶ、番号が ろれつが回らず小脳失調を伺わせる

医師自身が薬物中毒ではないか との疑いを患者たちがうわさしている

とくに 休暇明けの2019年の1月8日 9日 10日は 何をムンテラされたのか 患者には理解できず 
お付きの臨床心理士でさえ なにを言っているのか不明瞭だったらしい


新患の付き添いの家族に 『こんな酷い精神科医 初めて見た』と怒鳴られているのを目の前でみることも


ときどき 宮地医師自身が浜松医大の精神科を訪れている


統合失調症の医師が 大学病院の医局に所属し
症状が軽い時には 患者を診察し 症状が重くなると 自身が医局でケアされているのは

医師ならだれでも知っていること

この病気と診断されたら 医師免許を失うから



ジョニのクリニックに肌荒れで通院の少女
痩せ 色白 身長165 いつも眠そうで ゆっくり話す


この女性患者、うつ ADHD で 横浜駅前 あおぞらクリニックの宮地医師の治療と投薬を1年以上うけているが
陽性転移で 彼のことが大好き


この少女には 30分以上の丁寧な診察 40分かけて彼女と診察室で話し込み


『 寂しかったらわたしがいます あなたの交際相手は既婚者なので騙されています 』


など 精神科医としては 患者の陽性反応を逆手にとったアドバイス

『 現在の彼氏とうまく付き合っている 』 と彼女が話すと お仕置きで コンサータ 1日 74mg と途方もない量を出しておきながら、さらに増量したがる


いまのオトコと別れられないのは コンサータの処方量が少ないから という理由だ

おかげでジョニの外来に受診する この女性は肝障害を起こし 顔面はベジータより青白い
あきらかに 宮地医師と同じ小脳失調まで起こしている


宮地医師が いまのオトコと別れなさい と 彼女に逆陽性転移の命令をだしたため

彼女は 横浜VIVRE の前にわざと立ち オトコからのナンパを待ち受けているそう

そのうちの一人のクルマに乗せられ あぶなくレイプされそうだった と彼女自身から ジョニは聞いた



精神依存性が非常に高いクスリ との説明をしないで 覚せい剤類似の薬物を増量 さらに ほかのオトコを作れ と 躍起になる宮地友哉医師の姿はどうも 精神科医として 間違っているような気がする



コンサータは 覚せい剤類似で世間を騒がせた、リタリンを徐放剤に改良したものだが


この少女には 依存性リスクについてひとことも触れず 『いいお薬ですよ いくらでもコンサータは出せます いい薬です 』
としか 説明していない


いつも コンサータの覚せい剤類似の強い依存性について 警告してくれるのは 調剤の薬剤師だけ
『 こんなに大量にコンサータを処方されたの 見たことない 先生に言って減らしてもらいなさい 』と首を傾げていた



明らかに 宮地医師も この女性患者に 陽性転移している



宮地医師の ネット上の評判はすこぶる良いので ジョニが 一石を投じる


この女性患者が 診ていてあまりにも 宮地医師のいいなり で 身の危険すらあるので

  

posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 11:34| フランクフルト ☁| Comment(0) | 医学・生理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする