2019年01月25日

あおぞらクリニックの宮地医師は横恋慕でコンサータ大増量




横浜は西口に開業の精神科医 宮地友哉

浜松医大を2001年卒の秀才らしい


いつも待合室は患者でぎゅうぎゅう 予約もなかなか入らない

が 患者を呼ぶ、番号が ろれつが回らず小脳失調を伺わせる

医師自身が薬物中毒ではないか との疑いを患者たちがうわさしている

とくに 休暇明けの2019年の1月8日 9日 10日は 何をムンテラされたのか 患者には理解できず 
お付きの臨床心理士でさえ なにを言っているのか不明瞭だったらしい


新患の付き添いの家族に 『こんな酷い精神科医 初めて見た』と怒鳴られているのを目の前でみることも


ときどき 宮地医師自身が浜松医大の精神科を訪れている


統合失調症の医師が 大学病院の医局に所属し
症状が軽い時には 患者を診察し 症状が重くなると 自身が医局でケアされているのは

医師ならだれでも知っていること

この病気と診断されたら 医師免許を失うから



ジョニのクリニックに肌荒れで通院の少女
痩せ 色白 身長165 いつも眠そうで ゆっくり話す


この女性患者、うつ ADHD で 横浜駅前 あおぞらクリニックの宮地医師の治療と投薬を1年以上うけているが
陽性転移で 彼のことが大好き


この少女には 30分以上の丁寧な診察 40分かけて彼女と診察室で話し込み


『 寂しかったらわたしがいます あなたの交際相手は既婚者なので騙されています 』


など 精神科医としては 患者の陽性反応を逆手にとったアドバイス

『 現在の彼氏とうまく付き合っている 』 と彼女が話すと お仕置きで コンサータ 1日 74mg と途方もない量を出しておきながら、さらに増量したがる


いまのオトコと別れられないのは コンサータの処方量が少ないから という理由だ

おかげでジョニの外来に受診する この女性は肝障害を起こし 顔面はベジータより青白い
あきらかに 宮地医師と同じ小脳失調まで起こしている


宮地医師が いまのオトコと別れなさい と 彼女に逆陽性転移の命令をだしたため

彼女は 横浜VIVRE の前にわざと立ち オトコからのナンパを待ち受けているそう

そのうちの一人のクルマに乗せられ あぶなくレイプされそうだった と彼女自身から ジョニは聞いた



精神依存性が非常に高いクスリ との説明をしないで 覚せい剤類似の薬物を増量 さらに ほかのオトコを作れ と 躍起になる宮地友哉医師の姿はどうも 精神科医として 間違っているような気がする



コンサータは 覚せい剤類似で世間を騒がせた、リタリンを徐放剤に改良したものだが


この少女には 依存性リスクについてひとことも触れず 『いいお薬ですよ いくらでもコンサータは出せます いい薬です 』
としか 説明していない


いつも コンサータの覚せい剤類似の強い依存性について 警告してくれるのは 調剤の薬剤師だけ
『 こんなに大量にコンサータを処方されたの 見たことない 先生に言って減らしてもらいなさい 』と首を傾げていた



明らかに 宮地医師も この女性患者に 陽性転移している



宮地医師の ネット上の評判はすこぶる良いので ジョニが 一石を投じる


この女性患者が 診ていてあまりにも 宮地医師のいいなり で 身の危険すらあるので

  

posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 11:34| フランクフルト ☁| Comment(0) | 医学・生理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月05日

2018年11月に経験した2例の裂孔原性網膜剥離





月に数えるほどしか ヒマつぶしと気分転換で 眼科診療に従事しないジョニが 2件の網膜剥離を経験するのは 稀有の経験


1例目は 20代後半の男性 無職 主訴 前日から突然 右眼が見えない 

既往歴 右心房形成不全 酸素飽和度(SpO2)88%< 正常値 97〜100%
脳梗塞既往あり ワーファリン(血液凝固阻害剤)処方されていたこともある

右眼の視力 指数弁 不可(眼前で 手の指の本数がわからない)
      手動弁 耳側で認める

 診察したところ 縮瞳の状態で 硝子体出血で 眼底 透見不可

右心房形成不全による心不全では心臓のポンプ機能が弱いために血液の流れが悪くなっており、血の固まり(血栓)ができやすい状態が推測されるため

ジョニ 血栓による中心静脈閉塞からの硝子体出血を強く疑い、患者の居住地域の大学病院の眼科あて紹介状を作成


IMG_1291.jpg

大学病院からの紹介令状 報告書 では

右)裂孔原性網膜剥離 にて硝子体手術の施行 となっている



透見不可の状態でエコー OCT でdetachment を見つけたのか 




2例目は 30代後半男性 事務職 主訴 左眼の正面に昨日から 茶色の円盤状の物体が見える

この患者は 散瞳下で 耳側網膜に6乳頭径の tear 断裂 を認めた


1例目の患者と同様 大学病院眼科あて 紹介状を作成した

大学病院からの紹介令状と 報告書はまだ返ってこない



大学病院で 網膜剥離の患者は 剥離が剥離を呼ぶ とひそかに言われる


ジョニの研修先の大学病院でも 1年間に扱う剥離患者のうち 過半数が 2-3か月間に集中して来院する



そんなことを思い出す 2018年11月だった









posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 11:48| フランクフルト ☀| Comment(0) | 医学・生理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月06日

東京医大 臼井正彦理事長とジョニー 立ち話をしたことがあった





今から10年以上前 参天製薬の後援の会合が都内であった


その休憩時間中に当時の東京医大 眼科教授だった 臼井正彦医師と

2人きりで立ち話をしたことを思い出した


目がギョロッとした方で気さくな人だった


その時の話題は はやり目 いわゆる 流行性角結膜炎 のことで


眼科医が はやり目 になった時には 2週間 業務停止になるわけだが

どんな手段を使えば 早くウイルスがなくなるか について わたしが質問したのだ



臼井センセイはなんと

「イソジンR️の原液で目を洗うといいよ」と話されてジョニーはびっくり


「 角膜にはキツいけど 洗った直後は ウイルスは居なくなるんだ 」

普通は 刺激が強すぎるので イソジンR️は数倍から10倍以上に薄めて患部を消毒するのだが



そんな豪快な彼の性格が 今回の 文科省局長への 贈賄につながったのかも知れない

毒くらわば皿まで で とうとう 彼は 文科省局長を道連れに 地獄まで堕ちてしまった









posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 21:39| フランクフルト ☀| Comment(2) | 医学・生理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする