2020年04月13日

ジョニー、特製の消毒用エタノール作成



近所のドンキで4月12日に ウオッカSPIRYTUS の販売を見つけた

迷わず 8本購入


IMG_20200412_131621.jpg



このSPIRYTUS 96度 

消毒用には 75〜80 まで下げなければならない


水道水でもいいんだが 念のため精製水 と イソジン消毒液を用意 てか 前からこれらは充分なストックあるし

ウオッカ500ml に 精製水 100ml  イソジン40ml を混ぜて アルコールの空容器に充てん



これで しばらくは 消毒用のアルコールの心配はなくなった

院長もホッとした様子


posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 15:44| フランクフルト | Comment(0) | 美容外科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月10日

美容外科も医療機関だった(笑)




政府や東京都の「緑のタヌキ婆」の自粛要請で 当然 ジョニの勤務先も閉鎖? 時短?と予想していたが

テナントの管理担当からは 『センセイのとこは病院なので 閉鎖の要請には及びません お好きなように営業してください』

とうちの理事長は言われたらしい


てことで 2020.4.11現在 いままでとまったく変わらない生活 すくなくとも 今後2週間は働けることに

新宿駅 渋谷駅もガラガラ  いきつけのカフェもみな閉まっている


ペスト禍の中世ヨーロッパの様子は ヘルマン=ヘッセの『ナルチスとゴルトムント』などに祥述されているが ヨーロッパでは、1348年から1420年にかけて断続的に流行
イングランドやイタリアでは人口の8割が死亡

あのころのパン屋などでの 店主の、客へのパンの渡し方は いまのuber eats も参考になるだろう


患者さんも新規は多くはない 包交(包帯の交換)や抜糸 豊胸手術後のドレーンケアなどで需要があるので開けておかなければならない

時短や閉院してしまった、よそのクリニックから来院の患者さんもいる


飛び込みの 目頭切開 埋没法二重 予約で定期的に来院の医療脱毛はそれなりにある


困ったことに 昼食で利用しているいきつけのレストランが軒並み休業に

当然 飲食のスタッフたちもみな休職に追い込まれちゃった

どこのお店もジョニと長い付き合いだったから なんか 戦友を喪った気分だ


ジョニも失業を予想して 文庫本を購入していたが どうやらそこそこ多忙で 読書は当分諦めた


3月中旬に クアラルンプールを往復していた というのも 今は夢のような出来事だ


さて 来週のお休みは どこに行こうか 












posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 12:30| フランクフルト | Comment(0) | 美容外科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月07日

豊胸えなこが晒すジョニのXライン

画像をclick すると 解像度が飛躍的に上がり鮮明になります


IMG_20200407_171223.jpg
posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 17:16| フランクフルト | Comment(3) | 美容外科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする