2020年05月01日

患者増えてる 美容外科


内科の友人がボヤくこと


院内感染を恐れて 患者の来院数が激減 とくに 病院の待合いを社交場のように振舞っていた高齢者が 家族の反対に合い、通院を控えているという


整形外科も嘆くこと

ホットパックやけん引など 毎日通院のドル箱高齢者が ぷっつり姿を消してしまった

お前んとこは どーよ?と 内科 と整形


あくまでも 他科から見れば ジョニの業界は伏魔殿 良くて摩訶不思議な領域のようだ



実はいま 美容外科の門を叩く患者は増加している 4月中旬からは2割から3割増し ほとんどが若い女性だ



その理由は



三密を避ける という為政者、マスコミの大号令のもと テレワークが奨励されていること

つまり 出社せずに家で過ごす社会人が激増


学生は 大学 高校はもとより 小学生まで 家でのパソコン授業に、課題まで出される状況に

ヘタしたら 今年2020年の9月まで登校 登園がなくなりそうだ


ってことは

術後のダウンタイムを気にしないでよいこと

整容後の顔貌を他人に見られる機会がまったくないこと

にみんな 気づいてしまった


生活資金が枯渇する前にやっちゃお 

ひとり10万円の支給が話題になった4月の上旬からは 10万円をあてにしての前倒しの美容手術希望が急増


他科の医療従事者の 


美容に関わる医療施設に対する休業要請を発出願います。医療崩壊が叫ばれる今、美容外科を営業する事が同じ医療従事者として憤りすら感じます。三密は勿論、術衣、マスク、ゴーグル、ガーゼ、消毒液の消費、医療の面でも、感染拡大の面でもマイナスにしかなりません。


も判らないことではない


美容外科の経営者は とにかく コロナのクラスターとの保健所の指摘と閉鎖の行政の要請があるまでは 診療行為をやめない というのは容易に想像できる


 大学病院 東京医科歯科大でさえ 美容外科 が診療科として確立され 他科と差別されにくいこと

内科に 閉鎖の行政指導があるまでは 美容外科も堂々と営業するだろう


実際に 同じビルの他業種は自粛閉鎖しているが わがクリニックはずっと定時営業

それで どこからも クレームはきていない


ジョニ的には 2か月に一度の 2週間ずつのドイツ出張がなくなり その分 うっかり22日分 働いてしまっている

すでに 2月と4月の出張 取りやめの22日分の日給分だけ 収入が増加 非常に困惑している

収入の増加分に累進課税で55%の所得税などがかかってくるからだ



コロナ感染対策としては

ジョニのクリニックでは マスクをしていない患者 および


体温測定して37.5℃超えの患者の受診は拒否


待合室は飲食以上に 風通しに留意し 患者同士の着席位置を2メートル空けさせている



施術は 埋没二重は できるだけ 患者との物理的距離をとる

患者はマスク 術者は顔面シールド着用

デザイン 消毒 局麻 のあとは 両眼で5分 を目安にさっさと終わらす

E 入りキシロカインを刺入 組織内に浸潤、血管収縮するまでの時間がいちばん長く感じる


顔面のヒアルロン注射も迅速に 笑

柏木由紀 1st.jpg

逆に リポサクション脱脂 豊胸 は患者の顔面をシールドで完全に覆うので安全に施術できる

豊胸は呼吸を管理しているしね

術中の密集での、術者と介助のパラメディカルの間の感染がいちばん怖い


航空機並みのオペ室の強制換気で いままで無事故のままだけど


ジョニの個人的なネットワークでは 美容外科がコロナのクラスターになった という事例はまだない

そうなるまえに 稼ぐだけ稼ぐ という思想で どの美容外科もやっていく


医師の時給 年収は 他科と同じレベルだけど 美容外科の看護師や受付 カウンセラーの年棒が高いことは 想像に難くない


ギネコ 女性化乳房の手術や FACE LIFT フェースリフト などは 特別な技量で定評あるゲストを高額マネーで外部から招聘しているため

どこの診療科よりも 現金収入は多いに越したことはないから













posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 00:13| フランクフルト ☀| Comment(4) | 美容外科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月13日

ジョニー、特製の消毒用エタノール作成



近所のドンキで4月12日に ウオッカSPIRYTUS の販売を見つけた

迷わず 8本購入


IMG_20200412_131621.jpg



このSPIRYTUS 96度 

消毒用には 75〜80 まで下げなければならない


水道水でもいいんだが 念のため精製水 と イソジン消毒液を用意 てか 前からこれらは充分なストックあるし

ウオッカ500ml に 精製水 100ml  イソジン40ml を混ぜて アルコールの空容器に充てん



これで しばらくは 消毒用のアルコールの心配はなくなった

院長もホッとした様子


posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 15:44| フランクフルト | Comment(0) | 美容外科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月10日

美容外科も医療機関だった(笑)




政府や東京都の「緑のタヌキ婆」の自粛要請で 当然 ジョニの勤務先も閉鎖? 時短?と予想していたが

テナントの管理担当からは 『センセイのとこは病院なので 閉鎖の要請には及びません お好きなように営業してください』

とうちの理事長は言われたらしい


てことで 2020.4.11現在 いままでとまったく変わらない生活 すくなくとも 今後2週間は働けることに

新宿駅 渋谷駅もガラガラ  いきつけのカフェもみな閉まっている


ペスト禍の中世ヨーロッパの様子は ヘルマン=ヘッセの『ナルチスとゴルトムント』などに祥述されているが ヨーロッパでは、1348年から1420年にかけて断続的に流行
イングランドやイタリアでは人口の8割が死亡

あのころのパン屋などでの 店主の、客へのパンの渡し方は いまのuber eats も参考になるだろう


患者さんも新規は多くはない 包交(包帯の交換)や抜糸 豊胸手術後のドレーンケアなどで需要があるので開けておかなければならない

時短や閉院してしまった、よそのクリニックから来院の患者さんもいる


飛び込みの 目頭切開 埋没法二重 予約で定期的に来院の医療脱毛はそれなりにある


困ったことに 昼食で利用しているいきつけのレストランが軒並み休業に

当然 飲食のスタッフたちもみな休職に追い込まれちゃった

どこのお店もジョニと長い付き合いだったから なんか 戦友を喪った気分だ


ジョニも失業を予想して 文庫本を購入していたが どうやらそこそこ多忙で 読書は当分諦めた


3月中旬に クアラルンプールを往復していた というのも 今は夢のような出来事だ


さて 来週のお休みは どこに行こうか 












posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 12:30| フランクフルト | Comment(0) | 美容外科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする