2017年01月03日

幸せってなんだろ


昼食どきの和食店


となりのテーブルに 8ヶ月過ぎの男児がカートに乗せられてやってきた
正月なのに母親と思しき女性と二人きり

あれっ パパはどーしたん?

アンパンマンの前掛け 白地に青の半袖ボーダーTシャツ



まんまる顔 血色良好でご機嫌

あたりをキョロキョロ



すかさず 舌をぺろぺろ出して 彼の反応をうかがうジョニ


ありゃ
スルーされちまった

あたまの上でぷークマさんの小さなぬいぐるみがぷらぷら揺れる

母親と思しき女性30代後半 ややふっくら はジョニと同じ、刺し身と鶏唐揚げ定食をオーダー

髪の毛をつかまれ 引きずられるように ジョニの想いは どうしても入院中の老母へと飛んでゆく


こうやって母も わたしを慈しんでたんだろうなぁ

母はわたしを産んだころ、明日 食べる米にも事欠く有様だった と聞く

赤ん坊の父親は東大法学部卒で無職

いつも その時のジョニより半年 1年 年長の子供を見つめていた母

もう少しで うちの子はあのくらいになる

あと1年で あの子みたいに小学生だわ

彼女の唯一の生きがいが わ た し だった

本妻を見返してやる とばかりに 孟母となって
幼稚園の頃から毎日 ジョニは漢字のドリル 算数や頭脳パズルをやらされた

本妻の子より学校の成績がよいことが なぜ仇討ちになるのか いまだによくわからないが


おかげで 進学校の高校でも、ずっと成績は良かった

たぶん 幼少時の母の教育なしでは 国立大医学部に入学できなかったろう

でも モトがさほど聡明でない ジョニ

両親揃った、ふつうの家庭に生を受けていたら ふつうの大学を卒業して
ごく平凡なサラリーマンになっていただろう

学童から中学生まで のびのび遊んで会社員になるのと
元旦以外には遊べなかった辛い少年時代を少しだけ恨めしく思いながら医師になるのと

どっちがジョニにとって幸せだったんだろ

しかも

人格の形成や躾 世間の常識を彼女から教えられなかったから それらはいまでも心もとない


それでもジョニ、高校生のときは 古文が好きで息抜きだった

漢文を白文にして 返り点(レ点、一二三点、上中下点) を書き込むのが日課だった

楊貴妃と玄宗皇帝の長恨歌は今でもそらんじている

いまだに連理の枝、比翼の鳥となるべき相手は見つからないけど
年齢相応にヤレた中年カップルを見ると 羨ましい

自分は間違っても こんな伴侶は選べないから


何かを得ると 何かを失う
自由と引き換えに ジョニは結婚はあきらめた

輝くような若さ みんながチラ見するいい女は連れ回すけどなんか虚しい


「人生で判定なんかどうでもいいことだよ」

『ビストロスマップ』の2016年12月最終回でゲストのタモリ(71才)は、冗談めかしてそんな独り言を言った


わたしもそう思ってしまう

人生が充実して後悔していないなら 判定はどーでもいい
他人が決めることではないから

タモリはそう言いたいのだろう


ジョニの どーでもいい はさらに こうつけ加えたい

人の目なぞ意識しないで やりたいことだけ やる

それが社会道徳に反しようと そうでなかろうとも

すべてのことに投げやりな姿勢で

だから判定などできるはずもないのだ


それは 婚姻関係にとらわれない生き方を選んだ母から影響を受けているのかも知れない



きれいなおねーさんといっしょにいても

ファーストクラスに年6回搭乗しても

和洋の美味しいモノを味わっていても

心は虚しい



チャラい業界 ジョニもチャラい

でも となりの母子を眺めていると 涙が止まらない

悲しいでもない 苦しくもないのに

なんだろうね

まわりが正月で緩んでいると 自分も緊張感が途切れているのか


わたしを医師にして あちこちでそれを自慢していた母

美容外科医になったことも少しは母への恩返しになっているのだろうか


ジョニと離れて入院の母の人生は それで幸せだったのだろうか

たぶん 彼女と会ってこの質問をぶつけても にっこり「あなたのおかげで楽しかったわ」と笑うだろうけど





posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 16:41| 東京 ☀| Comment(11) | TrackBack(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月11日

オーベンの訃報



今年もあと3週間を切って ジョニのところにも 灰色に縁取られた喪中はがきが ちらほら舞い込むようになった

そのなかで わたしをおどろかせたのが 眼科研修のときの指導医 H先生の家族からのもの

彼には3カ月世話になった

68歳での永眠 とある
最近では ずいぶん若年での逝去だ
悪性腫瘍か 脳血管障害なのか 血圧がずいぶん高そうな印象があった

差出人には 奥さまと娘さんの連名

彼女の姓は 母親と同じ ってことは娘は30すぎても独身かよ
生意気な子だったから 婿とりしたのかな

それにしては ダンナの名前は書いてないし・・・

とか 余計な詮索は置いといて・・・


このセンセイ 医局では名物の色モノのドクターで


毎週2回は キャバ通い 自分の配下の研修医も必ず連れて行く

稀代の食道楽


横浜周辺の美味しいモノは 知り尽くしていた

鎌倉の フカヒレの名店 K この店ではじめて ジョニ フカヒレだけでお腹を満たした

ウナギの老舗 国産鰻の白焼きの ほくほくした美味さを毎月 堪能できた

『きょうは白焼き 焼きすぎて 1つ余ったから どうぞ食べてください お代はけっこうです』

と店主 自ら白焼きをお座敷まで持参してきたことも


いきつけの寿司屋で 活車海老の握りを摘まむ楽しさ
剥き身を噛みしめると硬いのだがほのかに甘い

生きているときの車海老の尻尾は虹色に光り美しかった

一度だけ 『お代を多く頂きすぎました』
と 店の小僧さんが 病院まで返金に訪れたことがあった 




ただ一つだけ 彼の伴をしていて 苦手なことが・・・


彼はキャバクラ王子だったのだ

週2回 かならず お気に入りのキャバへ
帰宅は深夜2時を回ることも

ぜんぶ 薬屋のカネ


ジョニはキャバが苦手なので閉口した
タバコの煙 おとこを値踏みする、ホステスの冷徹な目線 口説くことしか眼中にない、血走った目のレベルの低い男たち

こいつら みーんな嫌い

乃木坂のまいりんを崩した顔のホステス千春が
指名もしていないのに ジョニたちの側に我が物顔で常に着席

となりに座るなり

『なにか面白い話をして』

ジョニ『バカヤロウ 客がカネ払うんだから おまえが 面白い話をしろよ』
というと

むっ として 千春は顔を横に背けたまま


あまりの彼女のワガママぶりに 次の訪問から 店のマネージャーにはなしをつけて

毎回 ジョニたちの席には そのときに いちばん新しい女の子をつけさせることにした


H先生はなにも言わなかったが

遊びなれた新宿・四谷の不動産屋の息子の ハゲ医者Yが

『おい ジョニ 毎回 指名を変えるのはキャバ遊びのルール違反だぞっ』

と うめいていたが 金庫番はジョニ
とうとう ジョニのほかの病院への移動まで この方式を貫いた

べつにジョニ キャバに来たくてきたんぢゃないし

いまだにキャバには一度も行かず 接待でのご招待もお断りしている


H先生は ホステスの手の指の化膿創の切開を眼科外来で行い 女性スタッフの総スカンを喰らっていた

あと 不思議だったのはいつも 医師たちに
『だれか うちの奥さん 殺してくれませんか?』と真顔で発言していたこと

肥満体で醜顔のH には勿体ないくらいの美人妻だったのに

とうとう 願望叶わず 彼のほうが 奥方より先に黄泉の世界に旅立ってしまった



たぶん H先生は 自由奔放で制御不能なジョニのことは 嫌いだったと思うが・・・

賀状だけはきちんと毎年ジョニのもとへ届いた


たぶん 強烈な印象を彼の脳裏に刻んでいたのかも・・・


ホステスたちが ジョニのせいで キリキリ舞いさせられるのを眺め 楽しそうに肩を揺すって笑ってたから

わたしの、美味しい食べ物を求める執念こそは 彼からの指導の最大の賜物かもしれない



posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 15:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月04日

三輪車を見かけた




きょう 通勤途上 珍しいモノをみかけた
新品の赤い三輪車

金属製のフレームが赤 車輪のスポークとハンドルは無塗装

30代前半と思しき女性がハンドルの取手の白いプラスティックの部位を片手で掴み ぶら下げるようにして駅構内の階段の踊り場を小股でそろそろ かがんで歩いていた

さぞや彼女の幼子は喜ぶだろうなぁ


ジョニ 三輪車を買ってもらったことをいまでも覚えている

親戚の母娘二人連れと わたしと母の4人でバスを乗り継いで どこぞへ遠出


途中の乗り換え地点で 大きなおもちゃ屋の店舗へ

そこで母が 三輪車の売り場でいろいろ見繕っている

ジョニ まさか自分用とは思わず 

『はい ジョニちゃんのよ!』

と言われたときの 軽い、眩暈に似た驚きをいまでも覚えている

近所の幼馴染みの子の三輪車をいつも遠慮がちに駆っているのを母は見ていたのか


夢ではないか と思う日々

大鏡に記す 冷泉帝の幼少のころ 一日中蹴鞠をして過ごしたように
それからしばらくは 毎日 朝から夕刻まで愛車に乗っていた

わたしと母がお出かけのときに近所の女の子が勝手にジョニの三輪車に乗り お漏らしをしてサドルの部分を汚した と母がプリプリ怒っていたことを思い出す

薄紅色のサドルに点状のシミが一面についていたのを映像とともにジョニもまざまざと思い出した


きょうはカウンセリングとマイナーな手術がけっこう入っている週末
しかもピーカン☀☀☀

忙しくなりそう



posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 12:31| 東京 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする