2018年05月02日

小2のとき 入院したのを思い出した "déjà-vu"





きょう5月2日 水曜日 高校1年の女子のふたえまぶた のカウンセリング
「 平日なのに 学校はどうしたの? 自主休校したの? 」 と訊いたら

気胸になり入院 通常なら 管を入れて空気を抜くだけだが 彼女の場合 検査の結果 2週間 入院して肺の薄い部分を切除  7日の月曜日から 学校に行くようだ

「 たぶん 初日の登校の日 クラス中のみんなが きみの周りに集まってきて声をかけてくるよ その日だけね きみのことが珍しいから 」



彼女の話を聞いているうちに
ジョニ 小学校2年生のときに 3週間 入院していたことを思い出した

遠い過去のことで いつの季節のことかも思い出せない 


運動会の予行演習で 50メートルの徒競走


となりのコースの同級生 中西クンと接触 もつれて転倒 左側頭部を地面に強打

地面に叩きつけられたとき その衝撃よりも 生まれて初めての "déjà-vu"
を体験したことが強烈な記憶になっている


結局 脳震盪で 小学校のとなりの病院に そのまま即入

 
入院した病院には小児科の病棟がないため おとなの患者と同じ病室に入れられた

痛くて眩暈めまい が止まらず ずっと号泣


緑色のりんごを1つ となりのベッドの患者のおじさんからいただいたのを覚えている


3週間後退院 母に付き添われての 登校



そのとき 同級生全員がジョニを囲んで いろいろ 声を掛けてくれた

昼休みには 女子のお誘いにのって ハンカチ落とし など 楽しい時間を過ごした

突然 自分がクラスでいちばんの人気者になれた気がした


だが 
早くも翌日には それが幻想だったことを思い知らされた

次の日 クラスメートはジョニに無関心 だれもわたしに声を掛けてくれなかった
もちろん 昼休みにも ジョニのことは 放置プレー



あの 幼少のほろ苦い記憶が 彼女の話を聞いて よみがえってきた



posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 12:10| フランクフルト | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月07日

ジョニ 同じ夢にずっと悩まされる

これで何回目だろうか

きょう4月7日の朝
また同じ夢をみた

10年以上にわたって ひょっとすると50回ちかく 同じ夢をみているかも

夢の内容は だいたい同じもの

ジョニの大学時代 日常の雑事にかまけて 学校に行かず 授業に出席せず 

ふと学校のこと 単位のこと 授業の出席点のことが気になり大学へ


そこで級友に会い ノートをコピーさせてもらい

あまりの講義内容の進み具合に 驚き

このままでは 試験にとても合格しない
進級できない 

うわ〜〜〜 どーしよう・・・


で だいたい 目が覚める

そもそも 出席が足りないと ペーパー試験の受験資格がない ということには 夢のなかでは わたしはいつも 気がついていないのだ

夢をみながら これは夢だろ  って気づいている場合もあるし 最後まで 冷や汗かいて ドキドキしながら 気づかないことも多い

これは現実のことだったが

医師国家試験のときにも 毎日 麻酔が終わらない 公衆衛生が見終わらない

など 1日 26時間くらい勉強した

つまり 自分のたてた予定がおわるまで寝なかったので

同じファミレスに  早朝 夕方 深夜 と1日3回通ったこともしょっちゅうだった

翌日の早朝 また おなじ店に顔を出し 前日のウェイトレスがいたら気まずいなぁ とどきどきしたのを覚えている

自分の記憶力の限界を毎日 試される6年間だった


そのトラウマが いまだに癒えてないのだ と自分では解釈している

一生のうち これほどまで勉強したのは この6年間が 最初で最後だろう

今年2018年も3月19日に医師国家試験の合格者が発表になり 多くの研修医が病院に勤務する季節を迎えたが


合格者 ひとりひとりに それぞれ ドラマとともにトラウマがあるのではないか



posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 17:26| フランクフルト | Comment(1) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月06日

きょうは東京都の公立小学校入学式




今朝 新宿駅に向かう途中、若い夫婦に伴われた、ランドセルを背負った学童を2,3人見かけた

桜はもう葉桜になったが きょうの出来事はほとんどの新入学の学童は終生 忘れえぬ思い出となるだろう

ジョニの小学校の入学式は 鉛色の雲の下 いわゆる花曇りで肌寒かった

校庭に 木の椅子が並べられていた

そこに座りっぱなしで ずいぶんいろんな人の挨拶やら 祝辞を延々と聞かされていた気がする

おしっこを我慢しながら 寒くて半ズボンで震える膝を抱えながら 「まだ終わらないのかなあ」と ぼんやり思っていた

それから クラスで集まり 校長先生 担任のイガラシ先生を真ん中にして 桜の木を背景に記念写真を撮った

その画像を見ると 見事に桜が満開

わたしは 坊っちゃん刈りで 途方に暮れたような 疲れきった表情をカメラに向けている

このころから 集団行動が苦手だった

やがて 教室へ 上級生に誘導されて入り 自分の机と椅子をあてがわれる

右隣りの同級生は 女の子、トリイケイコ

八重歯がのぞき目が大きくて 髪が天然パーマでくるくるした愛らしい顔立ち 背も高かった

彼女からのちに わたしのことが好きと 告られたが その後の詳細はまったく覚えていない


そんな入学式の前日 今年 2018年4月5日 に わたしの尊敬する知人の愛娘が急死

10か月まえから 歩いていて急に転ぶことが多くなって 大学病院で確定診断が出た
中枢神経系統の進行性の疾患

夜中に容態が急変し そのまま息を引き取ってしまったようだ

急遽 プロテスタントの礼拝 前夜式が通夜のかわりにきょうの夕方から執り行われるとメールが回ってきた

わたしは代診を捜して礼拝に参加したかったが 美容外科医の代診が見つからない

きのうのきょう の出来事だから 捜す時間がまったく足りない というのもあるし

美容外科医の業界で
医師の子息の小中学校のきょうの入学式に列席したくて 代診の医師を捜している医師が多くて 4月6,7日の医師の非常勤の求人が殺到

とても 午後からの代診なんてみつからないだろうという予想

だが さきほど 電話が人事担当からあり 午後4時からの かわりの医師がみつかったらしい

かわりの医師は2年前まで同僚だったI先生

ああ よかった


ただ 喪服は用意していないし スニーカー

黒ネクタイは百均で購入  白シャツは白衣タイプを流用 パンツはデニム

なんか悲惨な出で立ちになりそう


でも 最期の御見送り お別れができるなら それでいいや

ご両親にあったら なんて言う? かける言葉もないのだ

泣いてしまうかも





posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 12:45| フランクフルト | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする