2019年08月06日

最高の青空





8月1日に海外から帰国

7月23日に日本を出るときには 梅雨だったからまるで熱帯にいるよう


エアコンのかけ過ぎで きょうからカゼに り患

でも 空を見上げれば 今年最高の青い空

どこまでも澄みきった、青というよりは ややコバルトっぽい明るい碧


この色を観ていたら 元気が出そうだ

やっぱり 夏がサイコーだ

困るのは

都内や都下のめぼしい街は どこもガキンチョで充満


クソ暑いのに 人の背中を見て足を踏まれて散々な目に合うのは明らか


だから


ジョニ 毎年 8月は週休1日以外は ずっと皆勤だ


家にいても 朝 新聞開いて メール確認 LINEチェックして 昼食を摂りに外食


それなら 会社のお金で冷房し 仕事の合間に新聞 メールに目を通したほうが

生活のリズムが守られるし


しかも ときには可愛い女の子の美容カウンセリングできるし 笑


1日 家にいるのとおんなじことをして、涼んで仕事して 結構な金額の日給をいただける



そして みんなが夏休みを取り終えて 疲れ切って職場や学校に戻る9月


また ジョニーは ファーストクラスで海外へ出かけるのだ







posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 12:09| フランクフルト | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月04日

午後の診察室 赤ちゃんが来た!




蒸し暑くなって うっかりすると居眠りしそうな2019年6月4日 火曜日の午後

あーん あーん の赤ちゃんの泣き声が待合室にこだまして 目が覚めた


平成3年生まれのお母さんが脱毛しにカートで来院


生後6か月の女の子 生まれたときに3700gの巨大児だったらしい

妊娠糖尿病も疑われたが 出産後に血糖値はすみやかに低下


ベビーは おなかが空いたのか  おむつが濡れているのか  母親がいなくなったのを察知したのか

もう20分は泣いている


生後6月を過ぎると 乳児は人見知りするようになるから



あと2人 こどもがほしい と母親は話していた


この子はきっと まわり中から祝福されての誕生だったのだろう


( ジョニは 歓迎されない赤ちゃんだったんだろうな )と ふと考えると 涙が出そうになる


生まれてきたことに感謝しろ 生きていることに感謝しろ とは言うけれど


わが母の、『私生児を産む』の決意にはただただ 父ならずとも驚き呆れるほかはなかっただろう



わたしの顔を見て ただにこにこしている彼女の、どこに秘められた強さがあるのだろうか


来週の休み、母に会いにゆこう












posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 18:19| フランクフルト 🌁| Comment(4) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月11日

きょうのことば 里帰りをさせてあげたい


 



岡山大学 臓器移植医療センター長 大藤剛宏氏は 知られた生体肺の移植専門医

彼の移植チームが軌道に乗り始めた頃に 40代女性の脳死肺移植があった


彼女は「落ち着いたら旅行に行きたい」


「どちらへ?」


「北海道へ」


「カニが美味しいですね」
と言うと

女性は微笑んだ


「里帰りをさせてあげたいのです」


肺のドナーは北海道の人だったのだ




DOCTOR'S MAGAZINE 2018 6月号より 引用




なかなか ここまで配慮できる患者は少ない


というよりも いかにも日本人的な発想


脳死した人は 肉体が完全に死滅したわけではない


移植された女性の体内で 生 を紡ぎ続けるのだ



自身の子が脳死

その臓器を提供されて 元気になったドナーの患者のもとを

死んだわが子に会いに行く感覚で 毎年 会いに行く親もいる


これとて レシピアント側 移植を受けた患者や その家族の感謝と理解がなければ 受け入れられないだろう























posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 12:30| フランクフルト | Comment(3) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする