2013年12月11日

【サッカー】 英紙がワールドカップに出場する32ヶ国を動物に例えたのが秀逸すぎ





南ア大会

日本はガゼル

「俊敏な動きを見せるが、軽すぎて他の動物を脅かすほどの力は無い」

ちょっとは進化したんか


もし中国を動物にたとえるなら・・・


イヌ  

人の目なんか気にしないで本能のまま生き抜く強い生命力
交差点の真ん中での交尾もオッケー




韓国は ヤドカリ

他人のヨロイを借用するのは当然の権利と信じてる

弱った魚を叩くのが大好きだが自分から大魚と争う気力は毛頭ない

死肉をさがす嗅覚だけは鋭い




(以下引用)




ブラジル:ライオン…誰もが認める百獣の王。縄張りの中心からすべての獲物を見据える

クロアチア:オオコウモリ…存在感はないが、棒立ちしていると襲われて大怪我を負う

メキシコ:ハイエナ…おこぼれにあやかるイメージがあるが、自らも積極的に狩りを行う勇猛さをもつ

カメルーン:バッファロー…ポテンシャルは素晴らしいが、しばしば全く違う方向へ走って行くことも

スペイン:カバ…長年恐るるに足らないと思われていたが、実は最も危険であることが分かった

オランダ:チーター…獲物を追い回す狩人のイメージがあるが、シマウマ以外を狩る姿は想像しにくい

チリ:チンパンジー…外見からは想像もつかない獰猛さと力を持つ

オーストラリア:ジャイアントパンダ…存在感はあるが強いのか弱いのかよくわからない。どう戦うのか想像がつかない

コロンビア:キングコブラ…その毒牙はどんな猛獣も死に追いやることができるが、口を掴まれるとなす術がない

コートジボワール:ゴリラ…腕力はあるが、猛獣と渡り合う勇気はない

ギリシャ:カメレオン…多くのものにとって取るに足らない存在だが、生き残る術を心得ている

日本:キリン…猛獣を追い返す力を持つが、一度倒れると起き上がれない


イタリア:ゾウ…ライオンも密かに警戒する裏の王様。だが何を考えているか分からず、
しばしば突拍子もない行動に出る

イングランド:マンドリル…強そうな風貌をしているが、誰も戦うところを見たことがない

ウルグアイ:サイ…大きなツノを持ち、簡単には倒せないが、ライオンを脅かすほどではない

コスタリカ:インパラ…猛獣に追いかけ回される姿しか見たことがない

フランス:ゾウアザラシ…見た目よりずっと強くプライドも高いが、百獣の王の称号を争う実力はない

スイス:オセロット…スマートな動きで中々捕まえられないが、尻尾を掴めば仕留めたも同然

エクアドル:コヨーテ…存在感はまずまず、実力もまずまず。良くも悪くも期待通りの動きしかしない

ホンジェラス:ハリネズミ…捕らえ方さえ心得ていれば、簡単に駆除できる

アルゼンチン:ホッキョククマ…見た目も美しく牙も爪もある。しかしすぐ自分の住処に帰りたがる

ボスニア:ダチョウ…どこに現れても違和感しかなくギョッとさせるが強いわけではない

ナイジェリア:ヒョウ…狩られる側ではないが、強いとも言えない。気づいたときには消えている

イラン:ディンゴ…似たような動物がたくさんいて、名前と姿が一致しない

ドイツ:シベリアトラ…ライオンと刺し違える力を持つ。ライオンより美しく強いと信じるものもいる

ポルトガル:ジャガー…チーターの紛い物だと思われているが、実はチーターより頑強な身体を持つ

ガーナ:グリズリー…どんな相手とも互角以上に戦うが、野心が感じられずサケを食べるだけで満足している

アメリカ:オオカミ…知名度があり、強いと思われているが、それはあくまで象徴的な強さである

ベルギー:スイギュウ…あまり見ることがない動物だが、戦ってみると怖い存在かもしれない

ロシア:オオアリクイ…掴みどころのないオーラを漂わせているが、つまるところアリを食べる動物である

韓国:ビーバー…獰猛で噛みつかれると大怪我をするが、誰も怖いと思っていない

アルジェリア:ハゲワシ…死体をつつくことしかできない動物。幸運なことに傷つくことなくブラジルまで飛んできた

英紙アニマル評価http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1782038.html















posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 18:23| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月08日

〈サッカーJリーグ〉情けないマリノス、何してんの中村俊輔





2013年12月7日

この日の川崎フロンターレ戦に1-0で敗れ、9年ぶりのJ1優勝を逃した横浜F・マリノス


フロンターレ戦 後半9分

俊輔の失策から失点へ

マリノスファンならずとも 「なにやってんの ナカムラ〜怒」

中村俊輔がマリノス在籍中に とうとう一度も優勝できず という記録を更新した



トルシエが決して中村俊輔を日本代表に招聘しなかった理由を垣間見た気がする


あの、勝負をかけた駆け引きでの押しの弱さは呆れるほかはない


得点王の広島 大久保の爪の垢でも舐めとけ

俊輔の失策で横浜マリノスは2.5億円もの、リーグ優勝賞金を広島にさらわれた








posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 12:28| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月06日

〈プロ野球〉田中将大のメジャー移籍可能性ほとんど皆無 新入札制度に楽天・立花社長が難色





日本アメリカどちらのプロ野球球団でも

20億円の移籍金を払い年棒5億円を払えば確実に20勝する投手がいれば どの球団も欲しいに違いない


あれだけ 貧乏くさいポイントに汲々とこだわる楽天銀行

移籍金を払う必要のない楽天が 田中投手を手放す可能性は皆無だろう


アメリカ球団の入札金が100億円から20億円に減額されて 楽天が田中を手放す理由はなくなった

もう1年 楽天で放らせてからメジャーに行っても 20億円の楽天への移籍金は値下げされないのだから





(以下引用)





楽天の田中将大投手(25)のメジャー挑戦が見送られる可能性が5日、浮上した。
この日、日本野球機構(NPB)と米大リーグ機構(MLB)側が、新ポスティングシステム
(入札制度)について基本合意。だが、立花陽三球団社長(42)が、入札額の上限が2000万ドル
(約20億円)に抑えられたことを疑問視し、「妥当だとならなければ、次のステップ(申請)に
進まない可能性もあります」と明かした。

マー君の価値はこんなもんじゃない―。

日米間のポスティング交渉が大筋で合意した。
だが、入札額の上限は2000万ドル(約20億円)。仙台市内で取材に応じた立花社長は
困惑を隠さなかった。

「彼(田中)が希望するシナリオは考えないといけないが、その価値がフェアかどうかというのを ステークホルダー(利害関係者)に説明する義務がある」

と言葉を選びながら「容認」に傾いていた メジャー挑戦について、再考することを明らかにした。楽天は3日の代表者会議でも12球団で唯一、 上限案に難色を見せている。

田中にとって今回の新制度は、複数球団との交渉もできるなどメリットが大きい。だが、球団経営の トップに立つ者としては、24勝無敗で日本一に導いた右腕を手放す金額として理解しがたい内容だった。


放置http://hochi.yomiuri.co.jp/baseball/npb/news/20131205-OHT1T00209.htm








posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 12:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする