2017年12月22日

美食レストラン 29 NOV 17 ANAファーストクラス洋食 羽田フランクフルト線NH223


和食に続いて・・・

メニューの画像を撮ることも目的なので ハーフボードの分量に加減、盛り合わせをお願いした

洋食

アペタイザー

image6.jpeg

ずわい蟹と菊芋のガトー仕立て


キャビアを添えて  とはいってるが・・・


岩手県産ドライトマトのヴィネグレット
エリンギの、ボーっと突っ立っている感が面白い ぜんぜん蟹と合ってない ってことだ笑


image7.jpeg

わざわざジョニのために フランス産!キャビアをまるごとひと缶 確保してくれた
ほかの ファースト客2人には なんて言い訳したんだろ笑


image4.jpeg

マコモ茸にのせた鮑あわび と ソフトスモーク帆立貝 ピスタチオ風味のヴィネグレット
これはずるい 鮑と帆立貝 両巨頭を揃えて不味いわきゃないでしょ


image11.jpeg




image5.jpeg

京鴨の生ハムと柿のコンポジッション ハーブソース
なんのことはない 生ハムのメロンがけとおんなじ 鴨にはオレンジソースが好きだな


メインディッシュ

image8.jpeg

和牛フィレ肉のグリル 岩手県産 安芸クィーンのレーズン コニャック風味を添えて

ハワイのステーキハウス ハイズ でときどきいただくの牛フィレステーキを思い出した


image10.jpeg

電気オーブンを少し温めておいてから いちばんの強火で7分焼きました と 肉奉行の近藤チーパー
結果 みごとな MEDIUM RARE

肉は炭火であらかじめ半ナマの状態で機内に持ち込まれるんだそう





デザート

平泉黄金バウム バニラアイスクリーム添え
外側のコーティングが斬新で口溶けも良いあ
image12.jpeg
モンブラン
甘くないモンブラン ちょっと淋しいけど後口がさっぱりしていて食べやすい



image1.jpeg

ビジネスクラスから特別参加のデザート

ビジネスクラスで供される、フローズンケーキにジョニは目がない

が今回は美味しくない↓

image2.jpeg
ピエールエルメの 三種のムース 下からパッションフルーツ マロンと抹茶のムース
重ねりゃいい ってもんぢゃないけど 甘くないだけ マシかな

カフェラテ

ミルクの量を抑えて苦味を強調したラテ デザートのあとでは ちょうどよい

0822 11/29 食べ終わり

image3.jpeg



image16.jpegimage15.jpeg

0834 11/29 歯磨きして2Aで就寝
1146 11/29 トイレ

posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 16:24| 東京 ☀| Comment(0) | グルメ・フード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。