2017年11月21日

サルジニア アルゲーロの名店 AL TUGURI




アルゲーロは人口約4万人 サルデーニャ島の北西に位置するメインリゾート地
アルゲーロの40パーセントの人がアルゲーロ訛りのカタルーニャ語を話す
もともとは12世紀にジェノヴァ人によって作られたが14世紀になり、スペインのアラゴン王国にに占領され 今でもスペインの雰囲気を多く残す旧市街がある

image2.jpeg

おなじサルジニアとは思えない、洗練された海岸通りの街並み



image1.jpeg

スリスの塔  スリス広場


アルゲーロの旧市街にあるサルデーニャ料理のレストランに入りたかった

アルゲーロはスペインの支配を受けていたので、カタルーニャ料理の要素が強い
ここの人たちはパエリアをよく食べるようだ

image16.jpegimage15.jpeg

きょうの宿泊ホテルPOSEIDON にメールして あらかじめ このレストラン AL TUGURI アル ツグリ の予約をとってもらった



お店は2階建てでアットホームな雰囲気 午後8時には満席になった
給仕の振舞いは丁寧で温かみがあり、お料理も美的感覚に優れ 味付けは薄味 量的にもちょうどよかった



image3.jpeg
1920 Tugli



支配人の爺に 『 きょうはロブスターないんだよ 明日おいで 入ってくるかも 』



いろいろな料理を楽しみたいけど 量的にたくさんはいただけないので 小さなサラダ 小さな前菜 パスタ メインの魚 というようにコースを1人分作ってもらえますか?



とお願いすると



わかりました 2種類のパスタ 特別に用意したパスタですよ

それと海鮮 肉料理は お客様のご要望どおり なしで供します との うれしい返答

image5.jpeg

image6.jpeg

海藻を練って作ったパン

よもぎパンみたいな 硬さと香り

前菜

image7.jpeg

皿のまん中 パプリカの香草焼き
ねっとりして 予想どおりの味

時計の針 11°方向 タコとトマト トマトの実にタコ足を挿入しスライスしたもの 

タコっぽくなく フツフツと歯切れよい



8°の方向 薄焼きのプリッツの上に スズキを乗せたもの
 やや塩辛い



6°方向 イワシの酢漬け っぽい味と歯ざわり

生臭さが全くない



4°方向 カラスミのトマト乗せ

食べてびっくり ここでカラスミに出会うとは サーモンと思ったので

味はどこでいただいてもおんなじ モチっとした歯ざわり ちょっと苦味があって

トマトとバジルとみじん切りのオニオンに付け合わせるという組合せが新鮮



1°方向 マイカの千切り

うっすら酸っぱい



12°方向 干した海藻の上にクリームチーズを乗せて

チーズの臭みに海藻の潮っぽい香りが混ざる
サルジニアのひとたちはこんなのが好きなのかな〜



image10.jpegimage8.jpeg


オセロ麺 表が海藻色 裏が乳白色のパスタ

とろりとして 白身魚の身とからまって さっぱりとした味わい


image9.jpeg


image11.jpeg

黄色のパスタのスモークド バラクーダ乗せ

image12.png

この爺がこの店の客の動線 全部を取り仕切っている 英語を操り お客の嗜好を聞き出し リーズナブルな値段でメニューを即座に決めてゆく

彼にロブスターはきょうは入らなかったから あしたおいで と言われる

image13.jpeg

太刀魚
正直言って この選択は失敗
味も焼き加減も悪ないのだが なにもわざわざサルジーニャまでやってきて味わうほどのものではない
沼津や割烹でいつでもオーダーできるのだから

マグロ
image14.jpeg
ミディアムレアに仕上げてある



アンバージャック

いちばん柔らかい


image18.jpeg

image19.jpeg
良心的お値段 53EURO 7000円弱  ヨーロッパで一人分のコースというのは けっこうオーダーしにくい ハーフボードのメニュー自体がないことが多い

image20.jpeg

ほかにも 客がたくさん入っているレストランが多かった


さあ あしたは アイスランドだ





posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 16:04| 東京 ☀| Comment(0) | グルメ・フード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。