2016年10月28日

大学時代 ドイツ語の授業

IMG_3188.JPG
大学1年の必修外国語のドイツ語
先生が 毎回 教材の独文和訳を名簿順に 同級生に当てるのだが

期末試験前は 他の生化学 生物学 数学 などの勉強に追われ ドイツ語の予習をしてない学生がほとんど

教師がドイツ語の文章を和訳するよう学生を名指し しても

みな ウツ病みたいに うつむいて 抑揚のない 低い声で
『やってません( 予習していません )』の連呼

女子学生もみな 予習してないのには 初めの頃は驚いた

ひとコマの授業で ジョニに二回巡って来たこともザラだった

きょう 新宿3丁目から2丁目を歩いてて この看板を目撃

ふと 学生の頃を思い出した
posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 00:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | きょうの画像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック