2016年06月03日

北海道の不明男児見つかる 陸自演習場内で雨宿り 



不明男児発見 の第一報に いちばん ほっ としたのは父親だろう

捜索には道警と消防、陸上自衛隊など6日間に延べ900人以上が投入されたが発見できず

警察犬複数が男児を置き去りにした場所に座ったまま動かず

などから 『現場』に大和クンは最初から居なかったのでわないか?とまで言われ

 ネットではひそかに 父親が他所で殺めて埋めたのでわ という憶測まで飛び交っていた

ジョニの友人で肉屋の娘は 学童のころ 泣き止まないと巨大な冷凍庫のなかに閉じ込められ 父親がそのことを忘れて凍死しそうになったことがある と語る

親のしつけも度が過ぎるのはどうなのかな



(以下引用)



2016.6月3日午前7時50分ごろ、渡島管内鹿部町本別、陸上自衛隊駒ケ岳演習場内で、5月28日に同管内七飯町東大沼の山林で行方不明となった北斗市立浜分小2年田野岡大和(やまと)君(7)=北斗市追分4=を発見、保護したと、演習中の陸上自衛隊員から110番があった
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160603-00010003-doshin-soci


田野岡君が行方不明になったと、父親(44)から函館中央署に通報があったのは2016.5月28日午後5時50分ごろ。この日、家族でドライブに行った公園で田野岡君が人や車に向けて石を投げたために、同日午後5時ごろ、両親が「しつけ」として車から降ろし、車で500メートル進んで5分後に戻った時には、田野岡君の姿はなかったという。

捜索には道警と消防、陸上自衛隊など6日間に延べ900人以上が投入されたが発見できず、2日に合同捜索本部を解散し、態勢は縮小されていた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160603-00010003-doshin-soci

ツイッターでは父親が大和君の投石などをとがめ、林道に置き去りにした行動について、有名人の間でも議論が沸騰している。

 尾木ママこと教育評論家の尾木直樹さん(69)は「悪いしつけの見本です。虐待とは『子供のためといいながら、親の気持ちを満足させるため』子供が納得していないのに、恐怖や痛みを与え、従わせるのは悪いしつけ。

良いしつけとは、なぜいけないのか、どうしてあいさつが大切なのか…。意味や理由を分からせながら教えていくことです」と定義した上で、父親の行動を「悪いしつけ」として批判した。

http://www.iza.ne.jp/kiji/events/news/160602/evt16060210590014-n1.html



posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 15:16| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
無事で良かったです。連日の報道にSNS等で呟かれた事柄私も瞬間頭をかすめました。
話題変わりますが
下世話な考えなのですが、今般の様なことや登山遭難があると費用の請求はあるのか?と,,,,,救急車は請求は無いために心ない利用者をなしなめる広告や話題になったので分かるのですが。
御存知で機会がありましたら、触れて頂きたい話題でして,,,,,宜しくお願いします。
Posted by at 2016年06月06日 06:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック