2016年02月17日

京極純一さん 逝く




京極先生に初めてお目にかかったのは ジョニが高校1年生の夏

東大病院の北病棟の談話室
教授の回診待ちで 彼と たまたま隣りあわせのベンチに

先生のほうから声をかけていただいた

いろいろ話したあとで
『東大文一志望です』 と話すと

『東大の入試は政治経済よりも 世界史 日本史のほうが 確実に点数稼げるよ』 が彼のアドバイス

医学部志望に変更しちゃったジョニ、結局 天皇の名前を覚えたくなくて
本番では政経と地理を選択したんだが・・

ジョニの主治医から
京極先生はエライ先生で東大教授もやった人

と聞かされていて わたしはちょっと緊張していた

そのときから 彼の ロイドメガネはトレードマークだった

最近まで彼の名前はしばしばマスコミで見かけた

ジョニは 京極先生から直接 受験勉強のアドバイスを受けた、ただ一人の高校生だったかも笑

ご冥福をお祈りします


(以下引用)


京極純一 きょうごく-じゅんいち

1924−2016 昭和後期-平成時代の政治学者
大正13年1月26日生まれ。昭和40年母校東大の教授となり,59年千葉大教授,63年東京女子大学長。平成9年学士院会員。13年文化功労者。政治行動,政治意識の研究に数量化と統計的分析の手法を導入した。京都出身。著作に「政治意識の分析」「日本の政治」「日本人と政治」など

 kotobank.jp/word/京極純一








posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 14:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック