2014年10月18日

靖国に3閣僚が参拝 A級戦犯がやったこと





敗戦濃厚の真実を知らされずに 読売などマスコミの 戦況有利 の ねつ造報道を信じていた若者たち

あるいは 

うすうす敗戦が近いことを知りながら特攻作戦への参加を拒めなかった、心優しき青年たち


国の将来のためと信じ、命を捧げた者を弔うのは当然のこと

だが 自分の息子の将来のライバルの皆殺しを狙い、一家の将来の安寧を求めた者もいた、この無謀な戦争の(廣田弘毅を除く)首謀者は絶対に許さない

あのまま、全体主義国家日本が欧米連合国に勝っていたら、言論の自由も基本的人権も何もなかった


そうでなくとも今 また戦前への回帰を狙う阿部政権が我が世の春を謳歌し ふたたび治安維持法もどき の法案が可決されている

そんな人権無視の国家の存続のために命を捧げた若者こそ 手厚く葬られるべき

遺族の中にもA級戦犯との合祀に反対の声もあった

朝日新聞の影響を受けて、反靖国に傾いた、中国などはどうでも良い

むざむざ恣意的に殺された、青年たち

民主主義の勢力の先兵たち アメリカ軍を憎むという感情はなかったという

彼らが恨んだのは自分たちの生まれた時代だったに違いない

彼らを殺した戦犯を決して許してはならない

国の将来まで"殺した" 戦犯をまつる神社にお参り

など通常な神経では到底 考えもつかぬこと

歴史音痴の武市女史はそんなに選挙に勝ちたいのか
安倍に気に入られたいのか



posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 23:27| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アイドル・芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック