2014年07月07日

2014.7 クラクフ旧市街を散策





穏やかで愛想のよいブロンド美女がゴロゴロ

またクラクフに来たいな〜


17世紀初頭にワルシャワに遷都するまではクラクフがポーランド王国の首都

いまでもポーランドの工業、文化の主要な中心地

ヨーロッパでいちばん居心地のよい観光地とも言われている



image.jpeg

バルバカン(要塞) Barbakan


image.jpeg

image.jpeg
クラクフの駅から旧市街へのフロリアンスカ通り 聖マリア教会をのぞむ

image.jpeg

どこでも出没、宙に浮く女子 2012年のリスボン 2014年5月のミラノ にも居た

image.jpeg

田舎者のクラクフ市民には新鮮なアトラクションのようだ

写真.PNG

この芸人さんは可愛かった


image.jpeg

聖マリア教会 1222年の完成 13世紀に当地がモンゴルの侵略に遭った時に、この塔の頂上でラッパを吹いていた兵士が首を弓矢で射抜かれ戦死 それを弔うために現在も毎時にトランペットが吹奏されている

image.png

織物取引所と中央広場 14世紀に建設された

現在では小さなおみやげ屋がびっしりと軒を連ねたショッピングアーケードになっている


 中央広場ではいつもたくさんのパフォーマンスが繰り広げられている



image.jpeg

塔は旧市庁舎のもので、この時計塔のみが現存している あちこちでカップルがキスしてる

image.jpeg

旧市街地を南へ抜けるとポーランド王の居城だったヴァヴェル城に

夏季は夜11時まで入場できる 太っ腹

金色の屋根の鐘楼 この中の鐘を撞くと幸せになれるらしい

ジョニ じゅうぶん幸せなので鐘にはさわらず笑










posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 07:31| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外出張・ステイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック