2014年07月07日

ワルシャワ旧市街の散策





image.jpeg

知る人ぞ知る、ポーランド人天文学者コペルニクス ガリレオと並び、天動説を唱えながら その自説の著作の出版は遺言により、その死後となった

それゆえ コペルニクスは生前 迫害されることなく しかも天動説を主張した業績もちゃっかり舞い込む というセコい人生を送った

聖十時教会.jpg

ワルシャワの聖十字教会

ショパンの心臓がこの教会に埋葬されているらしい



image.jpeg

ワルシャワの聖十字教会

ショパンの心臓がこの墓標のもとに埋葬されている

ってことは パリで客死したショパンの遺体から心臓だけ摘出したのか?

それ以外はパリに埋葬されているし・・
なんか おぞましいね

image.jpeg

国立ワルシャワ大学 大學と聞いただけで アカデミックな雰囲気を感じるから不思議なものだ

image.jpeg

ポーランドの無名戦士の記念碑

毎時に衛兵の交替式が執り行われている


image.jpeg

旧市街の いわゆる、マルクト広場 中心なこのレンガ色の建物、旧王宮

image.jpeg

食事処 U FUKIERA に向かう途中 みつけました 日本アニメのコスプレ

なんか ワルシャワの旧市街で ちゃんちゃか ダンスしてます パ と撮像してその場を去ります

image.jpeg

こちらの人魚像は右手に剣 左手に盾を持っています なにげに右利き

image.jpeg

1200年代 東方見聞録マルコポーロの時代には建造されていたバルバカン ヨーロッパで現存するのは ここと やはり同じポーランドのクラクフだけ

image.jpeg

ポーランド兵士の像 悲しい顔してるかも


ワルシャワ蜂起記念碑 (Pomnik Powstania Warszawaskiego 1944 r.)



もうすぐ旧ソビエト連邦軍がワルシャワ入り の報を聞き、いっせいにワルシャワ人民がドイツ軍に反撃を開始

ところがそれを知ったソ連軍、人民軍が反ロシア と聞いてわざとワルシャワ市内までは侵攻せず

結果として 彼らは見殺し状態、ドイツ軍にズタズタにされた






posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 07:05| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外出張・ステイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック