2014年06月29日

ジョニ、可愛いメイドさんの訪問を受ける





じつはジョニ、今回の訪バンクーバー

3泊5日の滞在で 5千円したカナダドルに両替しなかった

キオスクでさえクレジット・カードで買い物可能だからだ


あとは手持ちのアメリカドル 3万円のみ(280ドル)


image.jpeg

で WESTIN GRAND HOTEL での枕ゼニ のことを忘れていた


2日目の外出時は カナダドル 1ドル紙幣(93円)をベッドサイドに置いた



きょう3日目はシャチ・ウォッチング

カナダドルの小銭の持ち合わせ がまったくない

やむを得ず 米ドル2ドルを枕元に置いた

ルームの清掃担当のメイドにちょっとした手書きのメッセージを添えた


image.png

毎日 部屋のお掃除 ありがと

カナダドルの持ち合わせがないので アメリカドルをチップにしました

面倒かけて本当にごめんなさい



夕方 部屋に戻ってみると 部屋のなかは整理されてスッキリ

image.jpeg


食べかけのパンやドリンクには皿やラップでカバーされていた

食器も食洗機にいれてあり ピカピカになっていた



で メイドさんからの直筆メッセージが置いてあった

image.jpeg

ジョニさま こんにちは!
お気持ち とてもうれしいですぅ〜


ウェスティンでくつろいでいただけたらうれしいです

部屋の担当 Delia より




しかも翌日 帰国の日の朝 彼女が部屋まできてくれた


ノックノック とドアを敲く音

出てみると小柄でパッチリ目 ブラウンの虹彩の巻き毛クルンクルンの20代前半のskinnyな女性が微笑んでいた



 ハイ ジョニー まいにちチップありがとう

 なにか気になることがあったら言ってね


 君のおかげで楽しいバンクーバーでした


 あ それはよかったわ 気をつけて帰国してください


 ありがと!



image.jpeg

空港に向かう途中 CANADA PLACE で 2010年バンクーバー冬期五輪の聖火台を観る












posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 23:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外出張・ステイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック