2014年06月20日

ファーストクラスに座ってビジネスクラス客を見おろす楽しみ




国際線でエコノミー席に座るときに、大抵 ビジネスクラスの通路を延々歩いて自席に至る

このときのC クラスの客の、エコノミー客に投げつける冷ややかな目線に微妙なモヤモヤ感を覚えた者は多いのではないか

たかがビジネス席座ったくらいで天下取った気でいるなよ と言ってやりたくもなる

で ANAフランクフルトからの羽田行き 午後8時発はB777と大型

この便は
前方搭乗口から F ファーストクラスとC ビジネスクラスの乗客がいっしょに機内に乗り込む珍しい便

通常は前方搭乗口はファースト客のみ

後方搭乗口はY エコノミークラス用

つまりビジネス客は ファーストクラスの通路を経て自席に向かう

で このときファースト客は優先搭乗して着座、所在なげに 目の前を通るビジネスクラスの客を見るのだが

C客はみな目線を伏せて 若干の屈辱感と違和感を抱く風情


それは例えば大浴場の脱衣所
みな全裸なのに ただ一人だけパンツ一丁でウロチョロして 衆目を集めている状況に似る

ひひ

ビジネスクラスとエコノミークラスのみの構成の便ならビジネス客は王様だったのに

ファースト客は このときとばかり
(おまえはファーストクラスでないのに なにしにここを通るんだ?) みたいな不審な目線をビジネスクラスに投げつける

ジョニもチラチラ見る

けっこう 痛快

ふだんはエコノミーを見下ろすはずのビジネスクラスが 逆にファーストに見下ろされているのだから


ジョニ そんなの お前の勘違いした優越感の産物だよ

と読者は思うだろうが


あなたもファーストクラスに搭乗したら ビジネス客を冷ややかに見下ろしたくなりますって

なんせヨーロッパ羽田線 ファーストクラスは往復287万円
ビジネスは往復57 万円

会社役員や政府要人、Cクラスの五倍の正規運賃を支払ってFクラスに搭乗する乗客も多いのだから

たかだか 57万円支払ってデカい顔されてはたまりませんて








posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 12:51| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外出張・ステイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック