2014年06月14日

〈美食レストラン〉15 MAY 2014 ANAフランクフルト羽田線ファーストクラス機内食



image.jpegimage.jpeg

ふたたび シャンパン KRUG の登場に華やいだ雰囲気に

ファーストクラスの可動式テーブルがフレンチのディナーテーブルに早変わり


image.jpeg

アペタイザー

キャビアにガーニシュを添えて

image.jpeg
透明なトマトジュース ベジターレ 通常のトマトジュースとの飲み比べ

透明なコーラと同じくらいの驚き でもほんのり甘くてトマト臭さはない ただそれだけ

ジョニがビンを開けさせたために ほかのF客もみな この透明トマトジュースを付き合わされるハメに



image.jpeg

サラダ

image.jpeg



スモーク・サーモンとアスパラ トリュフ風味のソース添え



image.jpeg

子牛のローストの薄切りで パルメザン・チーズムースをロールした巻き物 ガスパチョのゼリー載せ


image.jpeg

メインディッシュ

鱸スズキ のソテー キャベツのクリーム煮添え 香草風味のソース添え

image.jpeg

メインディッシュ

牛フィレ肉のステーキ モリーユ・ソース


image.jpeg

ドイツ産牛肉ではまともな方かな〜 筋スジは多いが 珍しくきちんとmedium rare に焼けている

ギャレーの電気オーブンで調理するのはかなり気を遣うはず CAさんご苦労様でした


image.jpeg

羽田着陸2時間前の和食

カレイの煮つけ 納豆 レンコン 香の物 アサリの佃煮(ビン入り)

味噌汁は辞退  刻みネギいりうどんが 麺の量を6割に減量していただいた

米飯 米と水は日本からのもの 半分残し



食材のほとんどをドイツ内で調達し、調理法のみ 日本から指導にでかけたようだ

まったく違和感なくいただけた

場末の『吉兆』支店よりも 美味しい



image.jpeg

2種類のマスタード ディジョンマスタード フランスのマイユ社

酸味に鮮烈な辛味が交錯  これにホースラディッシュ を添えるのが好き



image.jpeg

デザート

image.jpeg

image.jpeg








posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 18:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ・フード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック