2014年06月07日

朝日の底力を垣間見る





写真.PNG
2014年6月7日の朝日新聞朝刊の10面国際面

約10万人の犠牲者をしのび、平和の尊さを刻む場が、現在の緊張の緩和を探る舞台となった。ノルマンディー上陸作戦70年を記念する式典で、ロシアのプーチン大統領が、関係が冷え切っていたオバマ米大統領、ウクライナ次期大統領のポロシェンコ氏と相次いで対話した


朝日の文面はちょっと文学の香りがする


日経のそれは 干からびた刺し身 ありのままを報道するが 味も素っ気もない


日刊テレビガイド 世論誘導に必死すぎて 時に文面の主語が不明 

筆者はなにを言いたかったのかジョニが理解に苦しむことも多い 

ライターも報道したい内容を消化、理解できていないのではないか と思うときもある



きょうの朝日朝刊のこの文章だけを見ても 大学や高校の国語の入試問題に朝日新聞の記事からの引用が多いのは容易に理解できる


美しい日本語 簡潔で意味明瞭な日本語

朝日新聞 国際面の見出しに こんな素敵な文章をささっと描き下ろせる朝日の記者の筆力には唸るしかない

こんな才覚のある社員が意図せずさりげなく記事を書いているのは ちょっと凄い




posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 15:45| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | マスコミ・報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック