2014年05月27日

バブル再来か 名目経済成長率が長期金利を上回っている




早い話、銀行からの借金で商品を購入、半年後に売却すれば元本返済と利払いをしても利益がでる状態が続いている

そんな経済事情なら みんな借金して土地や絵画の購入に突っ走りそうだ

日本では2013年から ドイツとアメリカでは2011年からこの状態が続いている


通常は 長期金利(10年物長期国債の金利)は名目経済成長率を上回るが
日本で前回 逆転現象が生じたのは 1988年から2000年の、いわゆるバブル

バブル崩壊とともに深刻な不況に突入したのは記憶に新しい


ただこれは悪いことだけではない

財政赤字 とくに巨額の赤字国債の圧縮には絶好のチャンスともなる


経済の伸びを享受しながら いかに国家財政を破綻させずに経済のつじつまをあわせればよいのか
手探りの経済財政政策が当面続いてゆく











posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 15:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック