2014年05月25日

W杯日本代表のユニフォームが世界レベルで悪評



japan uniform.jpg

なんだか交通整理のガードマンのおっさんのウィンドブレーカーみたい

品のカケラもない

まぁ 勝ち進めばだれも文句なし なんだが・・




(以下引用)





英テレグラフ紙(電子版)が21日付で、W杯に出場する各国代表のユニホームを格付けした。
5段階評価の最低ランクとなったのが、日本代表のアウェーユニホームだった。代表史上初となる、全面蛍光色の黄色を採用。

W杯開催国ブラジルのカラーでもある黄色を取り入れ、ブラジル人にも応援されるような配色になったはずだがテレグラフ紙の評価は辛口だった。

ロッカールームに黄色いユニホームがハンガーにかけられている写真とともに、「日本は、スタジアムの建設が遅れているというブラジルの現地情報を真に受けて、工事で使う蛍光色を使ったようだ」とコメントした。

日刊スポーツ





posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 17:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック