2014年03月05日

清原和博はステロイド精神病なのか?緊急入院との報道も




2014年3月6日発売予定の週刊文春によれば

[記者の前に現われた清原氏は、淀んだ目つきで宙を見上げ、口元は終始半開きのままという状態。記者が質問を投げかけると、非常にゆっくり答えたが、ろれつが回らず、ときおり意味不明の言葉も発した。]

と衝撃の報道



まさしく、この医学的に素人の文春記者の描写が正確ならば

『注意障害、記憶障害、不安や幻覚などさまざまな精神障害』と捉えることも可能な症状

とジョニーは考える


これはまさに 清原氏の長年にわたる、筋肉増強剤の大量投与によるステロイド精神病ではないのか



ステロイド精神病とは

筋肉増強剤などステロイドの大量の服薬により生じた『注意障害、記憶障害、不安や幻覚などさまざまな精神障害』などの病状の総称のことをいう

うつ や 認知症もまれではないよう



ステロイドの服薬をやめれば後遺症なく回復する と教科書的には書いてあるが実際のところはどうなのか

彼の動静に警察も重大な関心を寄せる と文春記事は結ぶが 覚せい剤や麻薬の後遺症と断ずるのはちょっと違うと考える



(以下引用)



球界を代表するスター選手だった清原和博氏(46)が2月27日、東京都内の大学病院に緊急入院したことが週刊文春編集部の取材で明らかになった。

清原氏に近い関係者によると、「現在、清原は薬物使用の影響による副作用に苦しんでいる。昨年も都内の精神病院に1週間ほど入院した」という。



2014年3月6日発売予定の週刊文春によれば

[記者の前に現われた清原氏は、淀んだ目つきで宙を見上げ、口元は終始半開きのままという状態。記者が質問を投げかけると、非常にゆっくり答えたが、ろれつが回らず、ときおり意味不明の言葉も発した。]

と衝撃の報道



まさしく、この医学的に素人の文春記者のの描写が正確ならば

『注意障害、記憶障害、不安や幻覚などさまざまな精神障害』と捉えることも可能な症状

とジョニーは考える


これはまさに 清原氏の長年にわたる、筋肉増強剤の大量投与によるステロイド精神病ではないのか



ステロイド精神病とは

筋肉増強剤などステロイドの大量の服薬により生じた『注意障害、記憶障害、不安や幻覚などさまざまな精神障害』などの病状の総称のことをいう

うつ や 認知症もまれではないよう



ステロイドの服薬をやめれば後遺症なく回復する と教科書的には書いてあるが実際のところはどうなのか

彼の動静に警察も重大な関心を寄せる と文春記事は結ぶが 覚せい剤や麻薬の後遺症と断ずるのはちょっと違うと考える



(以下引用)



球界を代表するスター選手だった清原和博氏(46)が2月27日、東京都内の大学病院に緊急入院したことが週刊文春編集部の取材で明らかになった。

清原氏に近い関係者によると、「現在、清原は薬物使用の影響による副作用に苦しんでいる。昨年も都内の精神病院に1週間ほど入院した」という。

http://shukan.bunshun.jp/articles/-/3735























posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 22:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 医学・生理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック