2014年01月27日

垢まみれの桶と椅子、秋田温泉さとみ にがっかり





image.jpegimage.jpegimage.jpegimage.jpegimage.jpegimage.jpeg
いま秋田市内で清潔で快適な温泉と食事を望む宿泊客には ジョニーは迷わずドーミーイン秋田をお勧めする

ドーミーの大浴場に足を一歩踏み入れただけで眠りを誘うような心地良い湿度、檜の香りと適度に狭い空間

手桶や椅子はキュッキュッと音がするほど、磨き上げ 丁寧な垢落としが常にされている

しかもビュッフェ形式朝食の種類もそのレベルもドーミーインの圧勝だろう

さとみ温泉も神経は細やかなところもある

部屋にはお夜食の焼きおにぎりがラップして置かれている

その気配りをなぜ 風呂場の小道具にべっとり付着した垢取りに生かせないのか

そうでなくともさとみ の浴場は昭和のレトロの香りがプンプン

錆びた鏡、割れて劣化した鏡を放置

これでは青年層は二度と宿泊しないだろう

内装や客への気配りなし それでいて 客を無視した高額の価格設定は
業種は違うが 銀座のフラ飯屋 マキシム・ド・パリみたいだ

とにかく こんなにサンドペーパー並みの、ザラザラの垢の付着を手桶と椅子に認めるのは鹿児島のレインボー温泉を来訪して以来だ

レインボーは入浴料350円の銭湯 さとみ は食事込みで 1泊 お1人さま 最低16000円から







posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 23:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外出張・ステイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック