2013年08月31日

「原爆投下も国際法違反か」ロイター記者が国務省へ質問





シリアでアサド大統領が市民へサリンなど化学兵器を使用している とアメリカ・オバマ大統領やキャメロン・英国首相が シリアを非難している最中だが・・


では アメリカの日本への原爆投下は人道への犯罪行為で とてもシリアを非難する資格などない

と日本人は考えているのだが・・・

そんな思いを代弁するような質問をした、アメリカ・ロイター通信の記者が



2013年8月28日のアメリカ・国務省の定例記者会見でロイター通信の記者の質問


Arshad Mohammed

QUESTION: Was the U.S. use of nuclear weapons resulting in the mass and indiscriminate killing of civilians in both Hiroshima and Nagasaki a violation of the same international law that you are referring to?

MS. HARF: I’m not even going to entertain that question, Arshad.


アーシャド モハメド記者

アメリカ軍の核兵器による、ヒロシマ ナガサキへの無差別殺戮は国務省の言及する、国際法違反ではないのか?

ハーフ女史 アーシャド、その質問には答えないわ






(以下引用)






「原爆投下も国際法違反か」シリア化学兵器使用で米国務省に質問飛ぶ
2013.8.29 12:24 [米国]
 原爆投下も化学兵器使用と同じ国際法違反か−。米国務省の定例記者会見で28日、ロイター通信の記者がシリアの化学兵器使用疑惑をめぐり、米国による広島、長崎への原爆投下の例を挙げて軍事介入の正当性について追及した。
 
米政府はアサド政権による化学兵器使用を断定。この日の会見でハーフ副報道官は国連安全保障理事会による武力行使容認決議なしに軍事介入することを念頭に、多数の市民を無差別に殺害したことが一般的に国際法違反に当たると強調した。
 
これに対してロイターの記者は「米国が核兵器を使用し、広島、長崎で大量の市民を無差別に殺害したことは、あなたの言う同じ国際法への違反だったのか」と質問。ハーフ氏はコメントを避けた。
(共同通信)








posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 14:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 国際政治/世界経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック