2013年04月03日

村上春樹氏 新作45万部、発売前に重版





ノルウェーの森 を初めて読んだときの鮮烈な印象がいまだに残っている


彼の作風を景色に例えると

いまにも雨が降り出しそうな曇天 だが 意外に外は明るく湿度も高すぎずサラサラした感じ


彼の著作を理解できるのは インフラが発達した資本主義社会に特有の、裕福な市民層 = ブルジョワジーのみ

中国でも村上氏の著作へのツイートが盛んのようだから かの国でも共産党一党独裁のもと、確実にブルジョワは増殖しているとみてよい




話はかわるが・・

前作 IQ84 3部作 は 新潮社から上梓された

今回は文芸春秋社からの出版


氏の言によれば 最初は短編小説として筆をすすめていたのが いつのまにか長編になってしまった という


ノーベル文学賞を射程に捕えた作家が まさか とは思うが 芥川賞ねらいに来たのか



なーんてね




(以下引用)



2013年4月12日発売の村上春樹氏3年ぶりの長編小説

「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」

                が45万部でスタートすることが2日分かった。

文芸春秋が明らかにした。初版は30万部だが、書店の注文が殺到し発売前に15万部の重版を決めた。

1994年刊の「スローワルツの川」を上回り、単行本では同社最多のスタート部数になるという。

新潮社発行の前作「1Q84」の初版は「BOOK1」が20万部、「BOOK2」が18万部で、各5万部を発売前に増刷。「BOOK3」は初版50万部で発売前に10万部が増刷された。


(産経新聞など)








posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 14:40| 東京 ☔| Comment(0) | 文学・歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]