2012年12月02日

まるでエジプト詐欺 ツタンカーメン展







去る11月22日午後 上野の森美術館で開催されている、ツタンカーメン展を訪れた

陽の傾いた午後、銀杏の落ち葉を蹴散らして入口に辿り着けば
「ハーイ こんにちは! いまから2時間待ちです」

やっと入館してみれば まるでTDLの ホーンテド・マンション状態
30人単位で ドアで閉め切られた空間に誘導され まず イントルダクションのビデオを見せられるのだ

今回の目玉は ツタンカーメンの黄金のカノポスのみだ
todaypic 20121202 egypt

しかも 2日の全国紙朝刊の全面広告には カノポスが全長2メートルと錯覚するようなカラー画像を掲載

実物は高さ50cmにも満たない



カイロのエジプト考古学博物館に展示してあれば 走って通り過ぎるような物ばかりだ

展示品目の少なさといったら 閉店の決まったコンビニ並みだ

入館料2700円は詐欺に等しい


しかも 祝祭日の入館料はさらに300円アップしての 3000円也 には呆れて物も言えない

その証拠に 人だかりは はじめの展示室のみ

奥の展示室に移動するにつれ ガラスケースの前の人数は逓減


土産物コーナーで販売中の 5000円也の全ページ カラーの展示目録のほうがはるかにコスパは高い


こんな 金を取ったら逃げて帰るような貧弱な展示内容に よく入館者から苦情が来ないものだ


まぁ これから ツタンカーメン展に行こうと計画している方にアドバイス


カネと時間と体力のムダ使いですよ










posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 14:59| 東京 ☁| Comment(0) | 美術・絵画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]