2012年11月17日

産経新聞へ なんでも民主党政権のせいにするな






産経新聞はネットですべての記事が無料で読め、重宝している
ジョニーもときどき目を通す


産経の主張する、『天皇主権 日本の再軍備化 集団的自衛権と安全保障体制』は とうていジョニーには受け入れられない

だけど

購読者数も少なく、台所事情も苦しいだろうに この産経のひたむきさ、ピュアさは読者にいろいろ考えさせられる

自社への利益誘導と身勝手な『押し紙』の読売が さも日本の保守の論壇をリードしているような錯覚に陥りがちだが・・ 

ぜひ産経には そのうち 読売に替わって保守のオピニオン・リーダーとなってほしい


それだけの資質と人材には 産経はことかかないと考える



さて 2012.11.17の産経1面の記事

$美容外科医ジョニー のブログ


だが・・


まるで日本の政治経済の諸悪の根源は民主党から みたいな書き方だ



原発依存のエネルギー行政や 赤字国債の山積などは過去数十年にわたる、自民党政権の負の遺産なのに 全部民主党政権の手で この国が悪くなったと筆者は考えている

脱原発がなぜいけないのか 

2008年9月のアメリカのリーマン・ショックによる世界同時恐慌
ギリシャ スペイン イタリア などの経済不振など

中国の一人っ子政策からの若年労働者不足と人件費の増加 65歳以上の老齢人口の増加 からの経済成長の鈍化など


これらを加味しないで 日本の不況がすべて民主党政権の財政政策などによる失策 と断じるのはいかがなものか


この筆者によれば 民主党は素人の政治家だから こんな惨状になった と結論づけるが
なら それまで戦後を支配した自民党の政治家はなにをしたというのか

ただ 団塊の世代と朝鮮戦争、高度成長の波に運よく便乗しただけ といわれても仕方あるまい

名医と言われる人も初めは研修医からスタートする


もし民主党がこのまま存続しているなら の仮定で申し上げると

この次 何年 何十年後に民主党が政権を再奪取したときには 今回の民主党政権とは違った、経験を積んだ政治家たちの政治経済の采配を期待してみたい













posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 17:59| 東京 ☁| Comment(0) | マスコミ・報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]