2012年10月05日

ねつ造の日テレ、今度は「放送倫理違反」




もう驚きも呆れもない

なぜ 日テレが相手だと 放送免許の取り上げ など国は行政処分をしないのか


日本テレビは『芸能★BANG ザ・ゴールデン』(2012年5月4日19時放送)で、週刊誌などで話題になっている女性タレントと占い師の同居騒動を取り上げ、新聞の番組欄での告知や番組内のスーパー、ナレーション等で女性タレントと同居していた占い師が出演するかのように表示

実際に出演したのはこの占い師と一緒に住んでいたことのある別の占い師であり、結局最後まで“渦中の占い師”は登場しなかった



(以下引用)



放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会は4日、日本テレビが5月に放送したバラエティー「芸能★BANG ザ・ゴールデン」が、「ナレーションなどで不適正な言葉を多用し、過剰な演出によって視聴者をあざむくなど、放送倫理に反した」とする意見書を公表した。BPOのホームページでみられる。

 番組では、当時話題の人物が生出演するかのようなテロップを表示し、実際には別の人物を登場させていた。番組はすでに終了している。

(朝日新聞)







posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 18:26| 東京 ☀| Comment(0) | マスコミ・報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]