2011年05月24日

(画像)巨乳アイドル篠崎愛の豊胸手術は児童虐待ではないのか

いまや学童への耳ピアスの穴あけでも、本人の承諾がないと児童虐待となりそうだ

まして もし篠崎愛が 廻りの大人たちから強要されて豊胸手術を受けていた としたら間違いなく児童虐待防止法に違反している
$美容外科医ジョニー のブログ
篠崎愛 15歳
くわしくは (画像)肉弾ロリ巨乳アイドル篠崎愛は豊胸手術してる

日本では、1947年(昭和22年)児童福祉法の制定に伴い、旧児童虐待防止法を廃止
2000年、「児童虐待の防止等に関する法律(児童虐待防止法)」を制定した後、2004年には同法を改正

児童虐待の定義
同法第2条において、18歳に満たないものを児童とし、保護者が行う以下の行為を「児童虐待」と定義している
1.身体への暴行
2.児童へのわいせつ行為と、わいせつ行為をさせること
3・心身の正常な発達を妨げる減食・長時間の放置
4・保護者以外の同居人による前記の行為と、その行為を保護者が放置すること
5.著しい暴言・拒絶的対応・著しい心理的外傷を与える言動を行うこと

篠崎愛がハナブサスタジオ(現・マーブル)所属の中学生 あるいは高校生のときに篠崎に豊胸手術を強要していた場合は 同法第2条1項、同3項 に該当する可能性がある
$美容外科医ジョニー のブログ
篠崎愛 16歳 すでにFカップ87 豊胸バッグがのぞいている

500mlにもおよぶ巨大な風船を最低左右2個、あるいはそれ以上埋め込まれたら、15歳〜18歳の肉体の正常な発育は保たれないだろうから
$美容外科医ジョニー のブログ
篠崎愛 17歳
まぁ ファンがだれも警察に児童虐待防止法違反で篠崎の両親などを警察に告発していないから問題ないんだろうが・・

というより まさか篠崎愛が豊胸手術を受けて 巨大なプロテーゼ(インプラント)を体内に埋め込まれているとは誰も気づかなかったのだろう

篠崎の豊胸手術の執刀医はテクニックは名医だが 触法かもしれない とは思わなかったのか 
$美容外科医ジョニー のブログ
篠崎愛 18歳 女の子から女性に変身してきた
篠崎の豊胸の主治医は児童虐待防止法違反の共犯になるとは考えなかったのか 

篠崎本人に 巨大プロテーゼを挿入することで将来おこりうる、乳腺の成長阻害、scoliosis など身体の異常についてきちんとムンテラ(説明)して承諾書にサインさせていたのか疑問は残る

$美容外科医ジョニー のブログ
scoliosis



posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 13:09| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 医学・生理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック