2011年02月28日

AKB48ドラマ『桜の木になろう』で衝撃セリフ連発

2011年2月26日から9夜連続で放送される「卒業」をテーマにした学園ものドラマで、
AKBのメンバーが本人名役で出演している

大島優子、柏木由紀ら主要メンバーを主役にしたエピソードが毎回少しずつ放送されていくという形式なのだが、 27日放送の第2回が話題になっているようだ

この日は3つのエピソードが放送され、1つめが「イケテル板野」
“合コン大好きで男性経験豊富”な板野友美が、 友達役の河西智美や高城亜樹らに男性との付き合い方を教えるという話

オリジナルの板野の顔、がすごい顔だからプライドなくてイイ男みるとかたっぱし自分から声掛けてそう
最近は板野から誘って断る男はいないだろうから、板野は整形した恩恵を身に染みて感じているのではないか

すごい現実味があるドラマだ


「陽菜、ママになる!?」の話
保険きかないから高いじゃん。13万もかかった はウソっぽい
妊娠12週までなら 術後の痛み止めのペンタジンの注射費用込みで 6〜7万円 というところか

もっと脚本家は勉強することだ

ネットでは2ちゃんねるを中心に話題沸騰。板野の話には「アイドルにこんなこと言わせるなんて…」
「板野ビッチワロタ」「親と観てて気まずい」との投稿も



(以下引用)



冒頭から「男って寝てみないとわからないじゃん」「上手いって自慢する男に本当に上手いやつっていないんだよね」 「感度が大事」などと際どいセリフを板野さんが連発。彼氏と上手くいかなった仲川遥香さんを指導するため、 板野さんが仲川さんの胸を鷲づかみにするシーンもあった。

2つめが「陽菜、ママになる!?」というエピソードで、こちらも強烈だ。

小嶋陽菜さんが彼氏の子どもを妊娠してしまい、中絶手術を受けようとする話。
実際にはまだ中学生の奥真奈美さんが、中絶経験者として 「保険きかないから高いじゃん。13万もかかったよ。子供堕ろすにも、生むにもお金かかるの、この国は」

と小嶋さんにアドバイスしたり、お金がない小嶋さんのためにクラスメートが中絶費用をカンパするシーンもあった。

アイドルを中心にしたドラマで、まさかの下ネタ連発に驚いた人が多かったようだ。
posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 23:51| 東京 ☁| Comment(2) | アイドル・芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
■無題
すみません…ウチが以前勤務していたクリニックでは、流産の場合は12週までで5万円で保険がきき、人工妊娠中絶は約13万円で自費扱いでした。
Posted by にゃんこ先生 at 2011年03月01日 14:26
■無題
S●Xシーンを友ちんor遥ごんにさせる
可能性も十分に考えられる。

秋元先生の考えは読めんからなぁ…
Posted by 10位納得いかん at 2011年03月01日 14:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]