2011年02月20日

第28回フェブラリーステークス(GI) トランセンドGI連勝

トランセンドを買うバカは最大の養分。どんどん人気吸ってくれ。

@距離が合わない。
Aコースも合わない。(関西向き)
B芝スタートで外目の枠、テンが遅いので、JCDのように上手くはいかない。
CJCDとフェブラリーでは全く違う能力を必要とするので、「JCDを勝ってるから」と言う理由で買うのはシロウト。
D1番人気なので配当的にも旨味がない。
EトランセンドにダートG1を連覇できるほどの器はない。
(出走前、ネットより)


冷静に考えたらダートG1でスタートは芝ってかなりふざけてるよな。

フリオーソは外人ジョッキーに魂を売ったから罰が当たったな

レース前、 トランセンドに前で挑んだら消えるにきまってんだろww
フリオーソ買うやつざまあww と思ってた俺がバカでした。 さすがデムーロ。


ヒロシ、井崎のド本命だったシルクメビウス買った奴は自業自得だと思う。


(以下引用)




 第28回フェブラリーS(20日、東京11R、GI、4歳上オープン、国際、定量、ダ1600メートル、出走16頭)藤田伸二騎手騎乗の1番人気トランセンド(牡5歳、栗東・安田隆行厩舎)が1分36秒4(良)で逃げ切り勝ち。昨年のJCダートに続いてGI連勝となった。
 
レースはトランセンドが予想通りハナに立ったが、マチカネニホンバレ(牡6歳、美浦・藤沢和雄厩舎)が絡み、厳しい展開となった。直線に入り、トランセンドは二の脚を使ってマチカネニホンバレを競り落とし、外から追い込んだフリオーソ(牡7歳、船橋・川島正行厩舎)の追撃を振り切ってGI連勝。昨秋のJCダート以来の競馬だったが、強い競馬を見せた。
 
2着はゴール前で外から豪快に追い込んだ3番人気のフリオーソ、
3着には池江泰郎厩舎最後のGI挑戦となった4番人気バーディバーディ(牡4歳)が入った。

根岸S(GIII)を制し2番人気に支持されたセイクリムズン(牡5歳、栗東・服部利之厩舎)は14着に終わった。
 トランセンドは、父ワイルドラッシュ、母シネマスコープ、母の父トニービンという血統で、通算15戦8勝。
重賞は09年レパードS(重賞)、10年みやこS(GIII)、10年JCダート(GI)に続いて4勝目。鞍上の藤田騎手、管理する安田隆調教師はともにフェブラリーS初制覇。この後はドバイ遠征が決定しており、3月26日に行われるゴドルフィンマイル(ドバイ・メイダン競馬場、GII、AW1600メートル)で世界に挑む。

藤田伸二騎手の話

「終始(後ろから)プレッシャーをかけられて苦しい競馬だったが、よく頑張ってくれた。すごく力をつけている。負けられない一戦だと思っていたので勝てて良かった」

安田隆行調教師の話

「競られていたのでハラハラドキドキ。勝利を確信したのは残り100メートルでした。以前とは比べものにならないくらい成長している。この後はドバイで世界に挑戦したい」
(サンスポ)
posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 23:53| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック