2011年02月19日

「喪主は瑛太で 迷惑かけてごめん」俳優・瑛太の父・永山博文さんが自宅で首つり自殺

昨年、木村カエラとの間に子供も誕生したばかりの瑛太
現在仕事で、まだ地方にいるというが、「喪主は瑛太」と書き残されても どうしていいか途方にくれているのではないか

日本アカデミー賞の授賞式(18日)に出席した永山絢斗(映画ソフトボーイ)も、式典を約20分ほど残して途中で退席

主催者側によると「本人の希望」ということだった

人生85年の時代に55歳で自ら命を断つとは よほどのことがあったのだろうか
生きていればそのうちいいこともあると思うのだが・・


(以下引用)



俳優瑛太(28)と永山絢斗(21)兄弟の父で焼き肉店経営者の永山博文さん(55)が 16日に、東京都板橋区の自宅マンションで首をつり、死亡していたことが18日、警視庁高島平署などへの取材で分かった

16日午後7時すぎに、同居していた博文さんの姉が発見。 119番通報して、病院に運ばれたが、死亡が確認された。部屋には「喪主は瑛太 で迷惑かけてごめん」と書き置きが残されており、現場状況から、首つり自殺とみて 捜査が進められている。

博文さんは、自宅近くに息子2人の名前からつけた店名「瑛斗弥(えどや)」の焼き肉店を 経営していた。知人は「あまりクヨクヨするタイプじゃなく、どうにかなるさって言う人だった」 とコメント。

また、正月に会ったときは、景気悪化の話題に触れ「風がふいたり、雨が降ったり すると客が入らなくて、やめなきゃなんねぇかな」と悩んでいたことを明かした。

最近は、店の経営問題や、一昨年に手術した首のヘルニアの状態が思わしくなく、不眠が 続いていたという。(nikkansports.comほか)
posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 00:20| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アイドル・芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック