2021年06月05日

ワクチン筋注は 逆血の確認なし だってさ




テレビでのコロナワクチンの接種動画があちこちのニュースで散見される

医師 看護師の間でいま 話題になっているのが 筋注で シリンジを引いて逆血の確認をしなくていいのか ということ


上腕三角筋(以下 三角筋)内に刺入したあと シリンジを陰圧にして 血管内に針が刺さってないか 確認しない動画も数多く見られるので気になってしょうがない

ジョニが研修医のときの オーベン(指導医)は 筋注のときには かならず逆血してないか 確認しろ と指導した

静脈内に針が誤って刺入されると 薬剤の体内濃度が一気にあがり 危険で 筋注の効果が得られない というもの


厚労省によれば 



シリンジ陰圧確認を行わないことで、筋肉組織損傷による免疫獲得減弱を回避

神経損傷を避けるため、刺入時に異常の訴えが無いことを確認した後にワクチンを
三角筋に注入


とある


逆血を確認しないことにも 意義があるようだけど 薬剤の体内濃度が一気にあがり 危険なことは どう対処するのか


ジョニの同業者で 板橋区のワクチン接種の問診のバイトに駆り出された友人は 気にしていない


『とにかく mRNA メッセンジャーRNAが 体内に入ればいいぢゃん』  
  

ジョニに接種した 潜在ナース60歳代 は なんと三角筋をつまんで 逆血を確認 それから 手が痺れないか訊いてきた


ま どーでもいいんだが笑


posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 00:57| フランクフルト ☀| Comment(0) | 医学・生理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月04日

深田恭子 たんなるウツでしょ

深田恭子 たんなるウツでしょ


深田恭子が 適応障害なる病名で すべての芸能活動を一時休止している

豊胸手術をしてるので劣化した豊胸バッグの取り出しと 新しい豊胸バッグの挿入の手術はダウンタイムが5週間

だから 1か月くらいの休養で芸能活動に復帰したら 豊胸バッグの入れ替えの可能性大

豊胸バッグの寿命は10年

深田恭子の度重なる顔や豊胸手術による身体のほころびをまとめて更新してしているのではないか

ふたえまぶたもaging の経年変化で皮膚が伸びるので二重の幅も狭くなる

7年にいちど 埋没のやり直しをする

医師から診断されたという「適応障害」
適応障害とは、何らかのストレスが原因で心身や行動面に症状が表れ、日々の生活が困難になる状態
生理不順や不眠、頭痛、腹痛、めまい、倦怠感、気力減退、食欲不振などの身体的なもの、

不安や焦り、集中力低下、感情の高ぶり、緊張による多汗や震えなどの情緒的なもの、

無断欠勤、大幅な遅刻、過食や過飲、破壊、ギャンブル依存などの行動的なものという主に3種の症状があり、個人差があるようだ

精神科医の数だけ診断名が存在するとも

勉強している者と不勉強の者との較差が大きいのもプシコ 精神科の特徴

ストレスの原因がはっきりしているため、それを取り除くことで症状の改善が認めると教科書は教えるが それってうつ病そのものではないか?



iPhoneから送信
posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 19:15| フランクフルト | Comment(1) | 海外出張・ステイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月02日

ホットヨガのインストラクターに甲状腺異常が多い



本日 ジョニのカウンセリングに来院の 39歳女性

あきらかに 眼球突出を認めたため Basedow or Graves の 甲状腺機能亢進を疑った


前頚部の甲状腺の触診では 異常なし  HR 心拍数は 50〜60/min 掌は乾いていた 動悸もなし

ホットヨガのインストラクターを10年以上勤める

経営者から 強制的に汗をかかせる仕事をしている従業員に 甲状腺機能異常が多いから という理由で

甲状腺の機能検査を定期的に受けさせられていた


先日の甲状腺ホルモン検査で  F-T3 が低い 以外には異常は認められなかった F-T4 TSH rT3は正常範囲


ってことで 無事に 当院の美肌コースにお入りになった


ホットヨガ従事者 に 甲状腺機能異常が多い というのは 初耳だったので 症例報告させていただく


posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 12:40| フランクフルト | Comment(0) | 医学・生理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする