2018年04月14日

華村あすか ステルス豊胸手術 ワキAライン





#グラビア 界異例の新人 #華村あすか さんとモデルプレスがいじってるので

華村あすか の豊胸手術についてチェック

モデルプレスのインタヴューに応じた女性は 順次 豊胸チェックさせてもらいます

華村 あすか 1999年3月18日 生まれ
山形県出身
ボックスコーポレーション所属
HT 168
スリーサイズ 86 60 83
好きなこと 歌うこと、体を動かすこと バスケットボール
2017年 週刊プレイボーイの表紙で ジョニのAKB土饅頭を披露 大きな話題となった

image1.png

華村あすか まるで自然乳 ジョニのAKB Yラインも見えず カメラマンの頭脳プレー
マンマを圧迫しない、Tシャツを着せて撮像
 なるほどね 今後 こうゆー画像が増えてくるだろう

image9.png

華村あすか まるで自然乳 ジョニのAKB Vラインも見えず カメラマンの勝ち!


image10.jpeg

華村あすか まるで自然乳 ジョニのAKB Xラインも見えず 赤矢印のところは 修正して豊胸バッグによる、Xラインを消去したのか


でも マヌケもいて 華村あすか のワキ切開線を修正せずに放置 出版


image8.png

読者は 華村あすか の右ワキ 切開線Aラインが見えるかな??

image7.jpeg

A の 赤い破線- - - - の上の 幅1mm 長さ 35mm の色素沈着の瘢痕化した直線状の切開痕 


image5.jpeg

華村あすか ジョニのAKB Xライン


image6.jpeg

華村あすか ジョニのAKB Xライン


image4.jpeg

赤の  矢印 デコボコしたラインが残る 

image11.jpeg

華村あすか ジョニのAKB Yライン



image8.png

華村あすか ジョニのAKB 土饅頭


image12.png


週プレの表紙で 華村あすか ジョニのAKB 土饅頭




posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 13:07| フランクフルト | Comment(26) | 美容外科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月08日

27 FEB tonight's DINNER PALAZZO PRECA

マルタの首都 ヴァレッタの名店 PALAZZO PRECAを再訪

ホテルに到着後 フロントに予約してもらった

1820 2/27 PLAZZO PRECAに入店
店内の照明が落とされているので どんな料理も暗く 不味そうにみえるが
どの素材も 巧まざる技とセンスで 最良の味を引き出されている


IMG_7686.jpg

本日 バレッタにあがった鮮魚のなかから 魚料理の素材を選択する 



IMG_7693.jpg

まず サラダ

IMG_7691.JPGIMG_7689.jpgIMG_7692.JPG

お店から ライスボールを差し入れされる 先付けではない  サーブされない客もいた
ジョニが2回目の訪問 

マダムへ I came here 2 years ago with another girlfriend

と女性オーナーに挨拶したのが 心象よくしたかしらん

マダム あらっ と右手を彼女の口に当てて 苦笑


IMG_7694.jpgIMG_7695.jpg

シーフードのスープパスタ ま こんなもんでしょ の味わい 決して不味いわけではない

ちょっとだけ べしょべしょ


IMG_7696.jpg
IMG_7700.jpg
牛フィレ 200g これは定番 安心していただく 香ばしい 中とろとろ の MEDIUM RARE

IMG_7698.jpg

つけあわせの 温野菜



IMG_7697.jpgIMG_7699.jpg

地中海の地魚のグリル うっすら塩味 



IMG_7702.jpg

81.75オイロのお会計 チップを5E


IMG_7703.jpgIMG_7707.jpg

世界遺産Grand Harbor の夜景を観ながら 


IMG_7705.jpg

徒歩でホテルへ



posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 17:15| フランクフルト | Comment(0) | グルメ・フード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月07日

ジョニ 同じ夢にずっと悩まされる

これで何回目だろうか

きょう4月7日の朝
また同じ夢をみた

10年以上にわたって ひょっとすると50回ちかく 同じ夢をみているかも

夢の内容は だいたい同じもの

ジョニの大学時代 日常の雑事にかまけて 学校に行かず 授業に出席せず 

ふと学校のこと 単位のこと 授業の出席点のことが気になり大学へ


そこで級友に会い ノートをコピーさせてもらい

あまりの講義内容の進み具合に 驚き

このままでは 試験にとても合格しない
進級できない 

うわ〜〜〜 どーしよう・・・


で だいたい 目が覚める

そもそも 出席が足りないと ペーパー試験の受験資格がない ということには 夢のなかでは わたしはいつも 気がついていないのだ

夢をみながら これは夢だろ  って気づいている場合もあるし 最後まで 冷や汗かいて ドキドキしながら 気づかないことも多い

これは現実のことだったが

医師国家試験のときにも 毎日 麻酔が終わらない 公衆衛生が見終わらない

など 1日 26時間くらい勉強した

つまり 自分のたてた予定がおわるまで寝なかったので

同じファミレスに  早朝 夕方 深夜 と1日3回通ったこともしょっちゅうだった

翌日の早朝 また おなじ店に顔を出し 前日のウェイトレスがいたら気まずいなぁ とどきどきしたのを覚えている

自分の記憶力の限界を毎日 試される6年間だった


そのトラウマが いまだに癒えてないのだ と自分では解釈している

一生のうち これほどまで勉強したのは この6年間が 最初で最後だろう

今年2018年も3月19日に医師国家試験の合格者が発表になり 多くの研修医が病院に勤務する季節を迎えたが


合格者 ひとりひとりに それぞれ ドラマとともにトラウマがあるのではないか



posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 17:26| フランクフルト | Comment(1) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする