2017年11月26日

読売新聞 記者宗村元(むねむらげん)をタイーホ 強制猥褻容疑で


しょせん ゴミウリの記者なぞ そんなレベルなんだろ 警察やお役所の御用新聞だから 慢心してたんでしょ

マスコミを目指す大学生の人気第1位は 朝日新聞 次が毎日 そして 日経と続く
読売は番外

ジョニは ゴミウリのことを日刊テレビガイドとも呼んでいる
ゴミウリを購読している人の いちばんよく見る紙面はテレビ欄だから

2011年3月の東京電力の人災である放射能汚染
東北地方の公立小学校の学校給食が 放射能汚染を避けて 遠隔地の食材で調理していることを 読売新聞は誌上で糾弾

ゴミウリは 児童たち全員に 放射能汚染の野菜などを食べることを強要した過去があることを私たちは決して忘れてはならない

(以下引用)


 路上で女性にわいせつな行為をしたとして、警視庁葛飾署は、強制わいせつの疑いで、読売新聞北海道支社編集部記者、宗村元(むねむらげん)容疑者(30)=札幌市豊平区=を逮捕した。捜査関係者によると、「やったことは間違いない」と容疑を認めているという。

 逮捕容疑は、6月3日午前4時ごろ、東京都葛飾区の路上で、20代の女性の胸や下半身を触ったとしている。当時、宗村容疑者は東京本社運動部に勤務。女性とは面識がなく、同署が防犯カメラの解析などで宗村容疑者を特定した。

 読売新聞グループ本社広報部の話「本紙記者が逮捕されたことを重く受け止めます。事実関係を確認し、厳正に処分します」

産経ニュース
posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 14:23| 東京 ☀| Comment(1) | ねつ造の日テレ・押し紙の読売 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

21 SEP 17  美食レストラン ISLENSKI BARINN




image11.jpegimage12.jpeg

さて きょう2017年 9月21日の夕食は このレストラン ISLENSKI BARINN


image13.jpegimage14.jpeg

メニュー見ながら ウェイターのイケメンお兄さんから料理の説明を聞いて オーダー

前菜

image2.jpegimage19.jpeg

スモークサーモンのタルタル



スープ

image3.jpegimage17.jpeg

魚介のスープ まあまあの味かな  生臭さはないけど 具材がはっきりしない これ一皿で1850円

image21.jpeg

スープのなかのバターが溶けていく


主菜

image4.jpegimage18.jpeg

鯨のヒレ(fin)のステーキ WHALE'S FIN grill もっと磯臭くて固い肉を想像していたが 案外 食べやすい



image1.jpegimage5.jpegimage6.jpeg


料理を食べ終わるころには 店内は満席になった

image10.jpeg

会計はカードで チップ込みで 日本円で9000円くらい

今回のアイスランド旅行 とうとう一度もアイスランドの通貨ASK アイスランドクローネには両替しなかった







posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 00:31| 東京 ☀| Comment(0) | グルメ・フード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

21 SEP 17 レイキャビク市内めぐり



IMG_4602.PNG
レイキャビク市内のGUESTHOUSE AURORAのレセプションは地下1階

image4.png

GUESTHOUSE AURORA でチェックインをしてくれた地元の20代女性に 地元アイスアンド料理のレストランを紹介してもらった

そのうちのひとつ ISLENSKI BARINN を電話で予約

その夜のオーロラツアー NORTHEN LIGHTS TOUR の 出発時間までに食べ終わるように 午後7時の予約を電話でとった


image6.jpeg

妖精トロール 妖怪に近い アイスランドで最も有名なトロールはクリスマスの際に街に降りてくると言われる13の妖精トーロル

アイスランドではクリスマスの13日前から1人ずつ街に降りてきて、13人揃ったところでクリスマスを祝うという古い言い伝えがある
「焦げた鍋の底をさらうトロル」、「窓から覗き見をするトロル」、「肉を盗むトロル」などかなり個性的なトロールなど この画像のトロールの名前がちょっとわからない

クリスマスになるといい子にはプレゼントを、悪い子は連れ去って食べてしまうらしい

image9.jpeg

街なかでみかけた モノトーンの装飾の壁を持つ商店

image10.jpeg

アイスランドの数もののおみやげはリコリス入りのチョコボールがオススメ
「カモメの卵」風のホワイトチョコでリコリスというお菓子を包んだもの

リコリスはスペインカンゾウ(リコリス、甘草の一種)の根およびアニスオイルで味付けされた菓子北欧共通の子ども菓子だが、味の強烈さでは白い「Djupur」よりスーパーで各種たくさん売っている黒い「lakkris」(リコリス)の方が面白いようだ

連れが食べたが まるでクルマのタイヤをかじっているよーな味と食感らしい

ジョニは購入しなかったが ツレは学校の友人へのばら撒き用に買っていた




image7.jpegimage8.jpegimage9.jpeg

宿に戻る途中で 夜のハットルグリムス教会を撮像
レイキャビクのランドマークで 2キロ離れた場所からも 容易に認識できた

ハットルグリムス教会

1945年に建設が開始されてから1986年に完成するまで、41年を要しランドマークとなる塔は教会全体が完成するだいぶ前に完成していた

聖歌隊席の下にしつらえられた地下聖堂は1948年に、尖塔と両翼は1974年に、身廊は1986年に完成
内部は1676平方メートル2008年には主塔の大規模な改修が行われた

今回のゲストハウスは この教会から徒歩3分なので 迷子にならずに助かった

それと レイキャビクの街なかは WiFiが飛んでいてGoogle Map の世話になった



posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 00:28| 東京 ☁| Comment(0) | 海外出張・ステイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする