2013年07月12日

インプラントの手術を受けました





きのう 2013年7月11日に 歯学部付属病院インプラント科で右下7番のインプラント手術を受けた

この奥歯 2012年の元日 午前8時に 近くのデニーズでトーストをほおばっているとき ひとくち目の咬み合わせ のとき パキッ と 根元から折れたもの


ジョニの友人の歯科医が折れた歯の根元を処置、業界屈指の名医を名指しした紹介状をしたためてもらった

これまでに2回 主治医のもとを受診


本当は手術日まえにもう一度 受診し術前の感染症検査を受け 

術前のインプラントの手技について主治医から説明を受け、あらかじめ手術承諾書に署名しなければならないのだが・・

主治医もジョニーも多忙 ということで

感染症の検査はジョニーのクリニックでやり 検査結果を報告することで代えさせてもらった

手術承諾書も手術の当日にに署名することにした




朝10:00にカンフェレンス室で 主治医から手術の詳細について説明をうけた


わたしの下顎骨のCT と ortho-pan-tomograghy 画像を診ながら

右下7番の真下の下顎神経管の近くに 境界不鮮明な炎症後の骨吸収みたいな像があり 「できれば その領域までインプラントを打ち込みたくないね」 という話があった

また インプラントにより神経管の損傷があると 三叉神経第三枝の障害で口唇の知覚が麻痺するとのこと

で 直径4mmのインプラントを 10mmの深さまで入れていく ということになった




手術の手順



手術室でリクライニングの姿勢でドレッシング、ドレープで口腔周辺を両面テープで固定


患部周辺のドレープを針糸で縫合して術野を固定してしまうジョニーたちの方法よりもていねい

術前処置はなにもしない ソセゴン アタラックスPの点注もなし


なんか 寝心地良くて、飛行機のファーストクラス並み

この先生の前回のオペ患、脳外科医の男性は手術中に爆睡だったらしい


まず 口腔内の洗浄から  局所麻酔
1.8cc 2% の xylocaine E入りを2A使用 ほとんど痛みを感じない

で ささっと歯肉を切開、下顎骨を露出


まず 予定の穴を下顎骨に開けるため直径1mmのガイド穴をあけ

次に 直径2mmの穴を同様に掘っていく

つぎに 直径3.2mmに穴の直径を拡げ・・・


最後に直径4mmのインプラントを打ち込んでいく

インプラントを打ち込む際の手ごたえ で 下顎骨の状態を判断するようだ
骨が硬すぎても 柔らかすぎても うまくいかないという


「お 完璧ぢゃん」の主治医と助手の声が漏れ聞こえてくる
ジョニの骨は骨密度もあり 適度の硬さがあって良好の状態 との診断



最後の4−0ナイロン糸 歯肉の3針縫合まで トータルで30分もかからず手術は無事終了

「1週間後に 縫合糸を自分で抜糸してね」 と言われる



「術後の感染症予防にセフェム系抗生剤をなにか内服しといて」 と言われた

「アジスロマイシンでよいか」 と伺ったら 「パーフェクト」 とのこと


「きょうと 翌日は激痛あるから なにか鎮痛剤用意して」 とも言われる

で おなかに優しい セレコックス200 があるのを思い出したので枕元に置いておく

術後の皮下出血は必発で 最悪 顔面の耳下から肩のあたりまで紫色に内出血するから と言われたが・・


あら不思議 ジョニーの顔 ほとんど腫れず 皮下の出血がまったくない

覚悟していた、術後の疼痛もまったくないのだ



きょう 職場の同僚に「痛みなかった」と自慢したら

「それって 手術した歯科の先生の技量がそれくらい 凄く上手だった ってことでしょ」

とあっさり指摘された

そのとおりだ


どの業界にも 熟練者っているんだね


きのうは術後 まっすぐ帰宅し 緊張が解けたのか9時間爆睡した

そのうち 1年前受けた、ジョニー自身の腋臭症手術のこともレポートします







posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 17:27| 東京 ☀| Comment(2) | 医学・生理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

〈まるでワタミ〉いじめ受けてた生徒「自殺する」→担任「やってみろ」→生徒マンションから飛び降り



todaypic 20130712 ijime.PNG
追い込まれた人間に「飛び降りてみろ」は自殺教唆になってしまう 

ワタミの女性社員が ワタミのワタナベに追い込まれ 飛び降りを奨励されて 同様に飛び降り自殺をしている



(以下引用)




名古屋市の中学2年の男子生徒がマンションから転落して死亡しました。いじめが原因の自殺と見られています。同級生は、教諭が生徒を追い詰める言葉を発していたと話しています。
(中略)
生徒の同級生は、こう証言しました。

「A君が(男子生徒に)死ね死ねって言っていた。Bちゃんも乗っかって死ね死ね言っていた。(男子生徒が)『自殺する』と言ったら、D先生があおった。『そんなのやれる勇気ないのに、やってみろ』と」(同級生)

「止められたのに、2回チャンスがあった」(同級生)
「明るくて、人に心配をかけないように自分で背負い込むような性格だった」(同級生)

担任の教諭が男子生徒を突き放すような会話をしたのは、男子生徒が飛び降りたその日
ったということです。 (抜粋)
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5380503.html







posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 12:56| 東京 ☀| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする