2013年07月24日

みずほ証券の株誤発注めぐり、二審・東京高裁も東証に107億円の賠償命じる






2005年12月に起きたジェイコム(現ジェイコムホールディングス)株の誤発注

ジェイコム株について、みずほ証券の担当者が「61万円で1株」とすべき売り注文を、誤って「1円で61万株」と入力

直後の取り消し注文が東証のシステム不備で受け付けられず400億円を超える損失が出た事件



キャンセルできない東証が悪いが 誤入力のみずほ も悪い という判決内容だろう

みずほ証券側 もきっちり裁判でケリつけないと 自分が株主代表訴訟おこされるから


とにかく証券会社の無限空売りに驚いた事件だった

存在しない株を売り浴びせて、値下げしようとしたら、とんでもない資金力のBNF に 全部買われて損したということ

しかも 誤発注の男性社員の年収が700万円に満たず、ボーナスを支給した直後で 本人から弁済金を徴収できなかったようだ

さらに個人でも購入した人がいた ということが判明、お金はあるとこにはあるものだ と感心したことを覚えている




(以下引用)



みずほ証券が東京証券取引所に約415億円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が24日、東京高裁であった。


加藤新太郎裁判長は、東証に約107億円の支払いを命じる一方、みずほ証券にも過失があると認定した一審東京地裁判決を支持し、みずほ証券の控訴を棄却した。
 

一審判決は09年12月、「発行済み株式数を大幅に超える取引が成立する異常な状況だったのに、売買停止権限の行使を怠ったことは著しく不合理」などとして、東証の重過失を認めた。
 
一方で、みずほ証券も発注管理などに問題があったと指摘し、東証とみずほ証券との過失割合を7対3と認定した。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130724-00000012-jij-soci










posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 14:06| 東京 🌁| Comment(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

“海自護衛艦「ひゅうが」が中国空母を撃沈” というプラモの箱絵に中国激怒




たぶん 本気で中国は怒っているだろう

ナショナリズムの高揚にかけては 幼稚園児 以下の民度の国だから

ジョニは あんまり こんな話題には首を突っ込みたくない

だけど あんまり 可笑しかったので


86867164-s.jpg


それにしても アオシマ も たちがわるい

左後ろに見えるのは 尖閣  右後方で炎上するのは 紛れもなくロシアの退役空母ワリャークに見える


ishiba.jpg

それにも増して ジョニがビックリしたのは その箱絵を手に取り 思わず ニンマリ の
東電の男妾 にして 自民党幹事長の 石破氏 防衛族としても有力者




こんなにうれしそうにしてたら 中国の政治家とたちまち 同じ倫理レベルまで墜ちてしまうことをお忘れなく

石破氏は心のなかでは 中国に足を向けて寝れないのではないか

民主党の凋落は あの 尖閣での日本の巡視艇への中国漁船の 突進と衝突、その後始末の不手際から始まったのだから

仙谷由人官房長官の不可解な政治判断 と それに続く中国の強硬姿勢に弱腰な民主党政権は国民から見放され 日本の民意の右傾化と 自民党回帰につながっていったのだ




(以下引用)




海自の護衛艦「ひゅうが」が中国空母を撃沈!?どこまでも中国海軍を馬鹿にする日本人―中国メディア

日本人は過去の交戦の歴史から、中国海軍を馬鹿にした態度を取り続けている。海上自衛隊の護衛艦「ひゅうが」のプラモデルが最近発売されたが、その外箱には「ひゅうが」がF−15と協力して中国の空母「遼寧」を撃沈するイラストが採用された。

日本メディアの報道を引用し、22日付で華声在線が伝えた。

「日中が開戦したら、中国は必ず負ける」というのが日本人の一般的な認識だ。当然、そこには彼ら自身の願望も含まれている。日本人はなぜそこまで中国海軍を馬鹿にするのか?

「我々の海軍は中国に負けたことがない」というのがその理由のようだ。

確かに100年以上前の甲午戦争(日本名:日清戦争)で、中国の北洋艦隊は全滅 している。
日本の侵略戦争時にも日本の空母が長江を封鎖して艦載機が上海や南京など大都市を猛襲した。
それに対して、民国政府はわずか数隻の小軍艦しかなく、日本と一戦交えることすらできなかった。

中国にとって屈辱のこうした歴史が、日本人がいまだに中国海軍を馬鹿にする材料となっているのだ。

中国人は空母を持てたと喜びの声を上げているが、それは単なる訓練用で実践に 投入できる
ものではない、と日本人は鼻で笑っているようだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130723-00000000-xinhua-cn













posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 00:28| 東京 ☀| Comment(0) | 国際政治/世界経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月23日

キャサリン妃(31)が巨大児の男児を出産





英王室のキャサリン妃(31)が2013年7月22日午後4時24分、男児を出産

現地の朝刊では、「IT’S A BOY(男の子だ)」と、各紙、紙面の3分の1以上でロイヤルベビー誕生について報じるなど、祝福ムードとなっているようだ
 
新生児の体重3800gはけっこうデカい
あと200g体重があれば巨大児に分類された

キャサリン后は糖尿病だったのかな

今回の出産にあたり イギリス政府は ベイビーの性別にかかわらず、王位継承順位は 3位とすることを 法改正をして待機していた

どこぞの王室で 性格最悪の、官舎育ちの女が意地で男児を産み落とし、王位の跡継ぎぢゃ〜 と大騒ぎしているのを見ていると彼女のお里が知れるね 


王位継承も男女平等が望ましい


(以下引用)


英王室は22日、王位継承順位2位のウィリアム王子(31)の妻、キャサリン妃(31)が第1子となる男児を出産したと発表した。継承順位はチャールズ皇太子、ウィリアム王子に続き3位となる。

男児は現地時間の同日午後4時24分、ロンドンのパディントンにあるセント・メアリー病院で生まれた。体重は約3800グラムで母子ともに健康だという。

ウィリアム王子は祖母のエリザベス女王、父のチャールズ皇太子、弟のヘンリー王子に電話などで報告。出産後に声明を発表し、「この上なく幸せ」と喜びを語った。男児が生まれたことが発表されると、病院前に集まった市民やメディアからは大きな歓声が上がった。



出産を受け、キャメロン首相は記者団に対し、「英国の重要な節目となるが、何より新たな命を授かったお2人にとっては素晴らしい瞬間だと思う」とコメントした。

オバマ米大統領も男児誕生を歓迎し、「お2人に全ての幸せと祝福をお祈りする」と述べた。

産経新聞ほか








posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 17:16| 東京 🌁| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする