2013年06月21日

一日で254人が登頂したエベレスト ネコも杓子も日本の爺さんも





エベレストの観光登山化が酷いようだ

装備の近代化、山岳天気予報の精密化、山頂付近の固定されたロープなどで だれでもアタック可能になった

1983年にはいちばん登頂者が多かった日で8人、1993年のある最多の一日で40人 2012年になると、一日に最多で254人が頂上に立った

ナスジオNational Geographicによれば 1990年に18%だった、登頂をめざした者に対する、登頂者の割合は2012年には56%と格段に増加した

todaypic 20130622 everest.jpg
Mountaineers wait their turn at the Hillary Step

晴天の絶好のコンディションの時には 頂上付近には100m以上の長い、登頂待ちの行列ができ、エベレスト というよりは まるでマックの店の前の様相と皮肉られる始末

山頂付近の遺棄された担架や排泄物でエベレストは汚染され、未熟な技術の素人登山が後を絶たない

欧州などには エベレストの登山を制限する諸案が提出されているが シェルパたちの村は、登山者の落とす金が減るので大反対らしい


一方、下記には記載されていないが、ほかの文献で調べたところ遭難した遺体は概算で頂上付近だけで200体以上にのぼるという

遺体一体を捜索し麓まで引き下ろすのに200万円かかり、7体まとまると100万円近くにディスカウントする会社もあるという


富士山の入山料もいろいろ論議を呼んでいるがエベレストもかなり俗化しているようだ

ま ジョニーには 登山家ジョージ・マロリーの「そこに山があるから(Because it is there. )」は一生、理解できないだろう


いい女がいたら口説くのは当然なんだろうけど


ヨットの堀江爺さんも 登山の日本ぢぢい もなんとかのひとつ覚え みたいだね





(以下引用)中学生レベルの英文なのでぜひ辞書なしで一気に最後まで読んでみて!





Six decades after it was conquered, mountaineers complain that the summit of Mount Everest has become virtually gridlocked with climbers. How did the world's highest mountain become so congested?

In May 1953 Edmund Hillary and Tenzing Norgay stood alone together at the very top of the world.

Nowadays, the same spot is rather less desolate.

Thanks to advances in mountaineering equipment and the indefatigable efforts of Sherpa guides, more climbers than ever are reaching the peak of Mount Everest - a landmark that was once believed to be impossible to surmount.

According to National Geographic, in 1990 18% of summit attempts were successful. By 2012 that figure stood at 56%.

But this has come at a cost. Critics say the summit has become as congested as a five-lane motorway during bank holiday weekend.

On a single day in 2012, no fewer than 234 climbers reached the peak. By contrast, as recently as 1983 the most successful ascents in a single day was eight, and a decade later that figure stood at 40.

This year some complained of waiting two-and-a-half hours in queues at bottlenecks on their way to the summit.

A striking photograph by German mountaineer Ralf Dujmovits - which showed a queue hundreds-long snaking its way up during 2012 - ignited a debate about whether the procession was ruining enjoyment of the ascent.

Westerners can pay anything from $10,000 (£6,600) to $100,000 (£66,000) for permits to climb the mountain and guides to accompany them, and a sizeable tourist industry has sprung up around the base - bringing with it complaints about litter and poor sanitation for miles around.

"There were just people everywhere," says Ayisha Jessa, 31, a keen climber from London who recently visited Everest's base camp. At the nearby village of Namachi, she says, "it's completely commercialised - everything is intended for the Western traveller".

For many serious climbers, all this has served to devalue Everest.

"It isn't a wilderness experience - it's a McDonald's experience," says Graham Hoyland, an experienced mountaineer and author of The Last Hours on Everest, an account of the ill-fated 1924 ascent by George Mallory and Andrew Irvine.

Advances in weather forecasting mean climbers time their attempts to the same few days each year, worsening the bottlenecks. A better understanding of altitude sickness has also helped more mountaineers ascend 8,848m (29,029ft) to the summit.

For their financial outlay, Westerners are given a plentiful supply of oxygen and, very often, a Nepalese mountain guide assigned specifically to ensure they get to the top.

The tour parties also ascend using fixed ropes, which help less accomplished climbers but are believed by many elite mountaineers to detract from the sport.

Thanks to all this assistance, more than 3,000 individuals have scaled the mountain since 1953.

They include Californian Jordan Romero, who in 2010 became the youngest person to climb Everest aged 13, and 80-year old Yuichiro Miura from Japan, who set the most recent record for the oldest summiteer. An 81-year-old, Nepalese Min Bahadur Sherchan, is attempting to snatch Miura's title.

"Normally, as long as they are not too ill or too weak, nearly everyone - if they have enough money and patience - can get up Everest," says Eberhard Jurgalski, who has attempted to chronicle every Everest ascent since 1953.

"Also, if the weather hasn't been good for a few weeks it becomes much more crowded on the days you can climb."

Some worry that the influx of inexperienced climbers on to such potentially hazardous terrain could have tragic consequences.

"You have people going up there who don't know how to operate the ropes or use the crampons," says Hoyland. "There's a huge disaster waiting to happen."

In 1996, eight people died within 36 hours near the summit. In 2012, some 10 lives were lost on the mountain, three of them Sherpas.

So it's not surprising that tensions have built up.

According to Hoyland, experienced climbers have grown frustrated that long queues of amateurs using fixed ropes are slowing them down.

Tempers on the mountain boiled over in April when a scuffle broke out at 7,470m (24,500ft) between two well-known European climbers, Ueli Steck and Simone Moro, and a group of Nepalese mountain guides.

While complaints are still made about litter and human waste on the mountain, a series of clean-up expeditions has improved the environmental situation, Hoyland says.

But as Nepalese authorities face calls to take further action, proposals to remedy Everest's congestion have sharply divided climbers.

One expedition company has suggested installing a ladder at the Hillary Step, a rocky outcrop just before the summit, where only one person can go up or down at any one time. But purists complain this would lessen the challenge of scaling the mountain.

Another proposed solution would be to limit the number of climbers. Until 1985, the Nepalese authorities allowed only one expedition on each route to the summit at any one time, and in theory this practice could be revived.

Others suggest, candidates for a permit could be required to undergo training or at least demonstrate mountaineering experience. "If everyone going up had at least a little bit of an idea about the culture of climbing, that would make a big difference," says Hoyland.

But the notion of imposing quotas sits uneasily with many in the free-spirited world of mountaineering.

Sir Chris Bonington, who reached the summit aged 50 in 1985, says he is grateful that he was there at a time when crowds were restricted.

However, while he believes there is much that can be done to improve Everest's management, he feels uneasy with the idea of denying to others the opportunity he enjoyed.

"If you say there are only 100 or 200 people coming each year, that's a lot of people who will never be able to share the incredible personal experience of getting to the top of the mountain," Sir Chris says.

Restricting the number of visitors would also have a major impact on those who rely on tourism for their income.

"It's a mountain that people live on, and the local community is completely supported by the climbers," says Jessa.

The debate will rumble on. And as long as the memory of Hillary and Norgay's achievement persists, the crowds will keep coming.

http://www.bbc.co.uk/news/magazine-22680192







posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 23:51| 東京 ☀| Comment(0) | ENGLISH | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日銀にのぞむこと バーナンキ議長の「QE3」見通し発言をふまえて






バーナンキ議長は

現在 850億ドル/monthものキャッシュを市場に流し込み アメリカ経済は緩やかなペースで景気回復に向かっている 

と語る


量的緩和をめざしていたが 景気の回復が順調なら2014年半ばには緩和終了の バーナンキ議長の発言

を本当に遂行するのかアメリカをはじめ各国の通貨担当者、デリバティブ 投資家が現在 見守っている


これにより新興国からアメリカに資金が引き上げられはじめている
 株価下落と景気後退がすでにタイやインド ロシアなどで観測されている


これまでもバーナンキ議長の発言の真意をめぐってアメリカをはじめ各国の証券市場やプライム・レートが乱高下 不穏な経済情勢を形成してきた

ここで彼が 従来ありえなかった手法で手の内をさらしたことで 世界経済はどのように収束していくのか


日銀も量的緩和の副作用 限界 これからの政策の見通し など黒田総裁みずから語り、

市場や企業、投資家をクール・ダウンさせ いつまでも量的緩和に依存はできないこと 自立のために自助努力をすること

などを促す必要があるだろう






(以下引用)





6月20日(ブルームバーグ):米連邦準備制度理事会(FRB)のバーナンキ議長は、FRBの100年の歴史で最も積極的な緩和策について、段階的な縮小を年内に開始する用意があると投資家に通告した。

バーナンキ議長は18、19日開催の連邦公開市場委員会(FOMC)終了後に記者会見し、月間850億ドル(約8兆2000億円)の債券購入の縮小を年内に開始し、14年半ばごろに購入を停止する可能性が高いことを明らかにした。

バークレイズの米国担当シニアエコノミスト、マイケル・ゲーペン氏は「景気回復を支えてきた高度に緩和的で前例がなく、非常に広範な金融政策スタンスが向きを変え始めた」と指摘。


「市場は今後数年の間、そのような支援が解除されていく状況に対応せざるを得ない」との見方を示した。
米国株と米国債は債券購入の縮小観測を受けて急落した。バーナンキ議長は景気に対するリスクの低下に言及する一方、債券購入を抑制するかどうかは雇用市場と成長の改善に左右されると語った。

(日経ほか)








posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 17:30| 東京 ☔| Comment(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フジテレビ新社長 亀山千広の“冷血人事” 週ポの予想どおり





とうとうフジテレビ 因縁のライバル亀山氏と大多氏の抗争は週刊ポストの予想どおり亀山氏の全面勝利となるようだ

ジョニー支持 慶大経済出身 若松誠・報道解説委員長にさらなる出世の目はあるのか



フジテレビの新社長に決まった亀山千広常務取締役(57)の“非情人事”に社内が震撼している

2012年6月、同時に常務に昇進した大多亮氏(54)を役員から外し、ヒラの編成局長に戻す異例の格下げ人事を6月27日付で発令するという

大多氏には一応“専務取り扱い”という肩書つきで、常務→取締役→局長と2階級も降格

フジは2012年、視聴率が年間3位に転落 編成局長として思う存分、番組のテコ入れを図って欲しいというのが表向きの理由といわれる

ただし1年以内に結果が出なければ編成局長を外すという内々の条件つき

1年後、大多氏が関連会社に追い出されるのは既定路線」とまで言われ、ロコツな非情人事は「OK最終戦争」と呼ばれている

因縁のライバル亀山氏と大多氏


「97年に『踊る大捜査線』をヒットさせた亀山さんは、映画化も成功させ、放送外収入の柱にしたフジの功労者

大多氏は90年代に『東京ラブストーリー』などのトレンディードラマを次々とヒットさせた看板プロデューサー

どちらも早大卒 同じタイミングで着々と出世を続けてきた 両雄並び立たずというわけか

マンガ原作のドラマばかり放送するより、 亀山氏VS.大多氏の「血みどろ人事戦争」を実況中継した方が、よほど視聴率を稼げるのではないか

 (日刊ゲンダイ2013年6月19日掲載から改変)




週刊ポスト2013年5月3・10日号


大多氏が常務になってからトップダウンの企画が多くなり、それがことごとくコケている。

しかも『dinner』は江口洋介、 2013年4月17日スタートの『家族ゲーム』では鈴木保奈美と、トレンディドラマ時代の自分の人脈ばかりを使おうとする。

昨秋の『ゴーイングマイホーム』の山口智子もそうですね。前政権の安倍首相の“お友達内閣”みたいなもので、スタッフは困惑している。


昔と同じことをやればいい”って思っていたのかもしれませんが、結果は出ていない」
 
大多氏はプロデューサー時代、『101回目のプロポーズ』『ひとつ屋根の下』などオリジナル脚本ものでヒットを飛ばしてきた人物。

だからこそ昨年の常務就任当初は「コミック原作もののドラマ企画は通さない」という方針だったとか。
 
「なのに、大多氏の肝いりで始めたバラエティ『アイアンシェフ』の大コケ以降、ブレにブレはじめた。


いつの間にかコミック原作も通るようになり、どんな企画が通るかみんな分からなくなってしまった」(前出・社員)
 
いまでは、すっかりリバイバルもの頼り。『抱きしめたい!』や『ショムニ』など過去のヒット作の続編が制作中という。
 

「秋からは離島での医療ものが始まる。ほとんど『Dr.コトー診療所』の焼き直しですよ。
すでに大多氏失脚の噂は出始めていて、スタッフたちも、いまは距離を置き始めている。6月の役員人事が見物ですよ」(別のフジ社員)
 
となると、社長の椅子は大多氏のライバルであり、唯一好調の映画部門を牽引する亀山千広・常務取締役なのか。

※週刊ポスト2013年5月3・10日号








posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 16:58| 東京 ☔| Comment(0) | テレビ・ラジオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする