2013年06月25日

ブラジルメディアがコンフェデ日本代表を酷評「現状ではW杯で上位には食い込めない」




簡潔で的を得た評価

なにもコメントを付け加える必要はない

香川は4年前から同様の指摘を受けている



(以下引用)



スポーツ紙「ランセ!」“残り58分で4失点は伝統国ではありえない”


国内最大のスポーツ紙「ランセ!」のロドリゴ・セルケイラ記者は、「組織力に優れ、戦術的にも良く 訓練されている日本を高く評価していただけに、結果とプレー内容の両方で失望した」と肩をすくめる。

「現在の日本の最大の問題点が3試合で9失点を喫した守備陣にあるのは明らか。

右SB内田はブラ ジル戦でネイマールのドリブル突破を封じるなどまずまずだったが、吉田、今野の両CBは高さ、強さ、 スピードが物足りず、ポジショニングも悪かった。

特に吉田の状況判断の拙さは目を覆うばかり

左SB長友は明らかにコンディションが悪く、攻守両面で本来のプレーを見せることができなかった。

攻撃面では、本田が持ち前のキープ力を発揮し、積極的にシュートを放つ姿勢を見せたが、彼もコン ディションに問題があり、試合の後半になると運動量が落ちてミスも増えていた。

香川も、彼本来の積極的にゴールへ向かうプレーが少なかったし、守備面では彼のサイドが相手の 狙い目となっていた

攻撃陣で最も良かったのが岡崎。傑出した技術があるわけではないが、次のプ レーを予測する能力とゴールへの嗅覚が優れており、それが2得点に結びついた」と論評。

「チームとしては、試合運びの拙さが顕著だった。ブラジル戦の前半3分にネイマールに美しいゴールを 決められてゲームプランを崩されたようだが、残り時間が87分もあったのだから全く言い訳にならない。

イタリア戦は、前半32分までに2点のリードを奪ったわけだから、きちんとリスクマネージメントをして いたら当然勝っていた試合。残り58分で4失点を奪われて逆転負けを喫する、というのは伝統国では ありえないこと

代表選手の多くが欧州でプレーしているにもかかわらずこのような脆さをさらけ出すのは理解に苦し む。強豪国とアウェーで対戦するなど、厳しい状況を頻繁に経験して国際経験を積み重ねる必要が あるだろう」と指摘する。


http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130625-00000001-footballc-socc









posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 11:26| 東京 🌁| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【AKB48】指原莉乃センター曲は「恋するフォーチュンクッキー」 80年代ディスコ調





『みんなで“歌って踊れる”80年代ディスコ調のダンスナンバー』って ユーロビートの音頭ぢゃないのか?

ナチュラル指原は、全身整形サイボーグばっかりの古株メンバーよりも よっぽど新鮮だよ




(以下引用)





AKB48の32ndシングルの選抜メンバーを決める『第5回選抜総選挙』で1位に輝いたHKT48指原莉乃の初センター曲タイトルが

「恋するフォーチュンクッキー」(8月21日発売)に決まったことが23日、わかった。


13日に福岡・博多のHKT48劇場で“凱旋”公演を行った指原は、秋元康総合プロデューサーから初センターの曲名が「びっくり音頭」 に決まったとメールで知らされたことを報告。

「せっかくならかわいい曲がいいなと思ってた」とショックを受けていたが、これは1位 になった指原が「調子に乗らないように」と秋元氏が仕掛けたサプライズだった。

音頭ではなく、みんなで“歌って踊れる”80年代ディスコ調のダンスナンバーでこの夏
を席捲する。

関係者によると、番組で公開されたミュージックビデオの撮影は、22日に福岡ヤフオク!ドームに隣接するHKT48劇場付近で行われた
もの。

午前8時〜11時まで3時間にわたって公道を封鎖し、AKB史上最多となる約3800人のエキストラが参加する大規模ロケを敢行。タレ
ントのパパイヤ鈴木が振付を担当したダンスを、総選挙上位16人の選抜メンバーとエキストラが一緒に踊った。

 
http://news.livedoor.com/article/detail/7793248/








posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 01:48| 東京 ☀| Comment(0) | アイドル・芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月24日

JAL乗員組合がスト通告 「贅沢が過ぎる」とFB大炎上



いまだに親方日の丸 の根性抜けきってないんだね

JALなんか乗らないでANAにすれば


まだ ANAはるかにマシだと思うよ 丁寧だし 細やかな気遣い

毎月 最低10回は搭乗するけど・・



tsurumaru.jpg
JAL の真っ赤な鶴丸 みると 血塗られた凄惨な日航機事故を連想する どっかの国旗といっしょでね

倒産して ちったあまともな会社になったかと思ってたら



バカは死んでも治らない




(以下引用)




ストの予定を発表したJALのフェイスブックのコメント欄には
「もう ストライキできる身分になったのでしょうか ?」

「ストライキは確かに労働者の権利ですが…JALさん、いや、乗員組合さん、少しワガママ・贅沢が過ぎませんか?」

といった声が殺到している。すでに870件以上のコメントが寄せられており、その大半がストに批判的な内容だ。

破たん前から平均年収2割ダウン

なお、JALの有価証券届出書や有価証券報告書によると、

経営破たん前の09年の3月31日時点では、パイロットの平均年齢 は43.7歳で平均年収は1843万4000円で、



破綻後の12年6月30日時点では平均年齢は42.4歳、平均年収は1440万3000円。21.9% ダウンしている。


他社のパイロットにも目を向けてみると、12年3月31日時点で、全日空(ANA)は平均年齢45.1歳、平均年収1989万円で、 スカイマークは平均年収48.9歳、平均年収は802万9000円












posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 15:00| 東京 ☁| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする