2011年12月31日

2011年は充実した、よい年だった


2011年 今年も残りわずかとなった

大晦日の さきほどまで休まず働いていた

今年は だいぶ国税庁に貢献したのではないか



2011年は誰にとっても決して忘れることのない、記憶に刻まれた年になるだろう

もし この世で1つだけ願いが叶うなら、ジョニーは 3・11 の大震災を なかったことにしてほしい

都心で電車が動かなくなっているときに、東北地方で 2万人弱の人が津波で命を落とした という重い現実

新宿の住宅地の門松は2010年よりだいぶ小ぶり
まだ震災後の経済活動の自粛のなごりなのか


読者にとって 2011年はどんな年だっただろう

新たな異性との出会いと別れ 転職、就職、定年、卒業 入学 肉親との別れや近しい人の逝去 など

ジョニーの患者20代の女性の話を聞いてると、『2011年は充実した良い年でした』 という答がかなり多く 内心驚いた


被災者には申し訳ないが、ジョニーも 今年は 去年より充実してとても楽しい 1年だった

こんなタイミングでモテ期がふたたび巡って来るなんて と とまどいすら感じた


それにしてもジョニーにとって今年はずいぶん長く感じる年だった


毎月4、5日しか仕事を休まないのに 今年の3月は 東京電力の人災のために 避難行を余儀なくされ、23日も仕事を休んだ

だから 3月が 普通の月の5ヶ月分くらいに感じられたのだ


まぁ 下呂温泉や香港、澳門マカオ にゆっくり滞在できたのも 東電のおかげだが

あまりに忙しくて書きたいことの 5分の1 くらいしかブログ記事にできなかった

2012年のアメブロの目標はデイリー総合順位を一度でも 2桁にすること

今年の最高のデイリー総合順位は321位だったので


2012年が皆様にとって平穏で健やか 充実した年になるように祈念している

よいお年を !






posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 23:57| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日経平均、年末終値はバブル崩壊後最安 8455円

東京株式市場は、30日が「大納会」

東日本大震災や歴史的円高などに悩まされた1年だった

震災後も、ヨーロッパの債務問題や円高の定着、さらに2011年10月からのタイ大洪水での工業団地の冠水で、日本国内の年末商戦の商品がない という不測の事態は深刻な影響を日本経済に及ぼした


良いこともあった

歴史的な円高の結果、割安で海外企業を買収できるようになり、国内市場が縮小するなか、新興国など海外に活路を求める動きが活発化したこと


2011年最大の案件は、武田薬品工業が1兆1086億円を投じたスイスの製薬大手ナイコメッドの買収

ほかにもキリンホールディングスがブラジルの飲料大手を1988億円での買収など


円高は資源権益獲得の追い風にもなった

金額で上位10社のうち半分の5社を資源関連が占めた

伊藤忠商事が米資源大手のサムソン・インベストメントを5400億円で買収
三菱商事もチリの銅鉱山運営会社を4200億円で買収 など



(以下引用)


30日の東京株式市場は、日経平均株価の終値が前日より56円46銭(0.67%)高い8455円35銭だった。

1年最後の取引日の終値としては、バブル崩壊後で最も安い。前日のニューヨーク市場が上昇した流れを引き継いだが、円高で輸出企業の業績が悪くなるという警戒感もあり、大きくは伸びなかった。

東京証券取引所第1部全体の値動きを示すTOPIX(東証株価指数)は同6.49ポイント(0.90%)高い728.61。東証1部の売買代金は4831億円、出来高は8億3千万株と、取引はこの日も低調だった。http://www.asahi.com/business/update/1230/TKY201112300136.html
posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 02:13| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月30日

<書評をコメント> 「MORE」結婚特集に苦笑、『料理・掃除・貯蓄の「妻の即戦力」が必要』?

$美容外科医ジョニー のブログ

2012年2月号MORE

おどろきは平成のシーラカンス 鈴木えみ の登場でしょうか まだ業界のすみっこで生息してたんですね

$美容外科医ジョニー のブログ
$美容外科医ジョニー のブログ
整形前の鈴木えみ のボコボコ顔を見よ!
この顔で「未知との遭遇」なんて抜かしているところを連想するだけで、吹き出しそうになります 脳みそにもポリープが生えてるんでしょうか



整形といえば MOREモデルスの新参者 全身整形サイボーグの矢野未希子にもチューモク!!

口さえ開かなければカワイイ、矢野未希子

今回もロンブー淳との宮古島旅行の話で全開,はじけてます笑
(画像いっぱい)ロンブー淳、豊胸手術・全身整形サイボーグの矢野未希子 と熱愛

$美容外科医ジョニー のブログ
矢野の中学生時代の画像
$美容外科医ジョニー のブログ
目頭切開と 二重まぶた全切開法+眼瞼下垂手術を受けている 瞼裂(上まぶたと下まぶたの間のスペース)幅が中学生当時より1.5倍以上大きくなっている 鼻尖は整容しているかどうか微妙だ


矢野の豊胸手術画像 AKB48大島優子の豊胸手術にそっくりのコブ状人工乳 同じ執刀医かもしれない
バレバレのコブ豊胸なので 早めにプロテーゼを抜いて修正したらいかがか

$美容外科医ジョニー のブログ
矢野未希子の豊胸プロテーゼ 胸の谷間のxラインと ○○の形のコブ状の豊胸プロテーゼが目立っている 


矢野未希子 

着るものはスタイリストの言いなり 

食べるものはMORE編集者の言いなり

SEXハメ撮り はロンブー淳の言いなり

さらにさらに

国立社会保障・人口問題研究所という厚生労働省外郭の機関から発表されたビックリの実態

<異性の交際相手がいない18〜34歳の未婚者は男性で61.4%、女性では49.5%、性体験がないと答えた男性が36.2%、女性は38.7%となった> (平成22年6月全国無作為抽出840地区で調査実施。18歳以上35歳未満の未婚男女有効票7073人分)

これぢゃ男を落とすために胃袋つかんだら次は玉袋なんてムリだって・・

世界同時不況で自分の生活を守ることだけで、みんな精一杯なんでしょ



(以下引用)


2011年最後の「MORE」。「史上最強『モアモデルズ12』からHAPPY NEW YEAR」は、12名の専属モデルたちが一堂に会する何とも年末らしい企画。

抜群の親しみやすさと若干のイモさ、そして適度な抜け目なさを併せ持つ、まさに史上最強に「フツー」っぽい布陣であることを再確認致しました。

等身大のOLさんの心と体に寄り添うことを命題にした「MORE」においては、ちょっとの"浮き"が命取りなんですね。それぞれの方が2012年の誓いを書き初めしたり、お正月Q&Aに答えているのですが、これがなかなか興味深いです。

「継続は力なり」(篠田麻里子)、「何でも笑顔で乗り切る」(矢野未希子)など、ポジティブ&ハッピーを推奨する同誌らしい一言をしたためているモデルが多い中、

鈴木えみは消え入りそうな文字で「未知との遭遇」と書いていて二度見しました。インタビューでも「2012年は宇宙人が来るらしいよ!知ってた?」「(カウントダウンの過ごし方は?という質問に)テキーラ!」など、素面と思えない回答を。

えみちゃんの年越しテキーラが灰皿には入っていないことを祈りつつ、年内最後の誌面チェックに参りましょう。


<トピックス>
◎「買った冬服」イメチェンBefore→After
◎MOREコスメ大賞デラックス
◎ママになってわかった「妊娠&出産」のリアル


■スイーツ(笑)コラムニスト
 
先月号からモアモデルズに仲間入りした矢野未希子。前述の企画で、「2011年、ハッピーだったことは?」という質問に

「プライベートで行った宮古島。な〜んにもない場所で、心が洗われた」と、報道にも出たウワサの彼との「一泊12万の高級ヴィラ旅行」をシレ〜っと答えちゃうあたり、"大人スイートが似合う新星"というキャッチが見事にハマってます。

そんな彼女が恒例の着回し企画に初登場です。題して「辛口シンプル派美保&大人スイーツ派みっこ 主役はアウター3着!お仕事着回し20days」。
 
今回みっここと矢野未希子が扮するのは「趣味で書いていた食べ歩きブログが話題になりOLからスイーツコラムニストへ転身」という仰天キャラ。

同級生設定である相方の田中美保に「何でも話せるお姉ちゃん的存在」と勝手に年上キャラを押し付けてしまうあたりも、妄想企画とは言え、噛みしめた奥歯がキシキシします。矢野未希子に「大人スイーツ」を命名した「MORE」のセンスにあらためて脱帽です......。


■策士、策に溺れちゃう婚活ページ
 
料理研究家のケンタロウが「ケンタロウ・ザ・ベストめし!!」と銘打ち牛丼カレーとか豚のしょうが焼きとかナポリタンとか、いかにも"胃袋つかまえる"系のレシピを紹介しています。

「男子ってぇ〜舌がお子ちゃまだからぁ〜こういうゴハン好きだよね」......みっこに触発されて筆者の心のスイーツが騒ぎだします。
 
胃袋つかんだら次は玉袋......とばかりに、さらに「ママになってわかった『妊娠&出産』のリアル」ページへ。


「出会い場別攻略法」「彼のタイプ別『成婚力』を身につける!」

「"縁呼び魂"を味方にする」と「出会い場別攻略法」では、さまざまな出会いの場(同窓会、社会人サークル、街コン、結婚相談所、お見合い)ごとに、その特徴、集う男子のタイプ、メリット&デメリットを詳しく分析。
 
気になったのは「朝婚活」なるもの。読んで字のごとく朝の時間を活用した婚活イベントなのですが、その内容が「RUN婚、朝ペット、エコん活(公共スペースのゴミ拾い)」......早朝の公園に行けばそこいらのジジババがフツーにやっていそうな......。
 
また「成婚力」とは「知る力」「待つ力」「押す力」の3つに分類されると話すのは某結婚相談所の主宰者。「『待っていれば、そのうち......』と受身になるのではなく、最低限、彼に選ばれるための力を磨くべきです。


男心をくすぐる料理

そのためには、料理・掃除・貯蓄といった基本的な"妻としての即戦力"を磨いておくこと。いかに『この子と結婚したら幸せだろうな〜』と思ってもらうかが重要です」って、

ちょっと衝撃〜!! 結婚相談所に行ったら、したり顔のババアにそんな説教垂れられちゃうわけ? 金払ってんのに? ありえないっす!
 
この人の提唱する3つの力というのもまた微妙で、

「知る力」→「偶然を装って結婚を連想させるスポットに連れていくと効果的」、
「待つ力」→「料理の腕を磨き、月に1〜2回程度、食材にこだわった和食のフルコースなどを作ってあげる」、
「押す力」→「まずは『今度、ウチの親に会ってみない?』など、提案型のプッシュをかけてみること」など、

「策士、策に溺れる」の典型的バージョンばかり。読んでいて胸が苦しくなりました。
 

男性に「選んでもらう」ために金と時間と労力をかけ、がんばったらがんばったで「重いんだよね」などと言われてしまう。

そう考えると、結婚とは当たりくじのない福引きですね。5,000円買物してやっと1回引けたのに、除菌ティッシュかよ!
 スイーツコラムニスト、男心をくすぐる料理、そして幸せな結婚。今月号の「MORE」は、三十路女のオカズ要素が強すぎて、鼻血が出ました。
(西澤千央)http://www.cyzowoman.com/2011/12/post_4915.html
posted by 美容外科医ジョニー Plastic Surgeon Johnny at 18:07| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 雑誌・書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする